楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

しくみ・分解・仮説

世界の彩りを取りもどす方法

施術後の「あるある」なんです。 「視界が明るくなりました」 「色が今までよりきれいな感じになります」 「目がなんか、ハッキリしました」って。 それ、下手すると、世界の美しさが変わるよね。

ぼくは常に「一網打尽」を狙う

「根こそぎ良くなる」って、気持ちよくないですか? 今回、新しい本の企画に関するリクエストをいただいて、 ぼくの基本コンセプトを改めて強化してもらった思いでいます。 とても面白かったので、結果報告をします!

効果が2倍以上!整体やマッサージ、受け方のコツ

「学びの量を増やそうとするよりも、 受け取り上手になる方がずっと近道だよ」 (人材教育のプロ)

魅力の「ど真ん中」を引き出す方法 ~大阪、海遊館にて~

海遊館の「水中体験」に、シビれました……

「すぐに言い返せない」悩みの解決策

「ほんの小さなスキマでいい。窓を開けなさい。 心が息苦しくなる前に」 (心理学者)

あなたの中の「天然エアコン」を強にする方法

「風は地球の息吹そのものだ」 (とある写真家)

新しさは、希望そのもの

今までにない結果は、 「新しい方法」か「新しい使い方」で生まれます。 それを選ぶには「新しい考え方」が必要。

なぜ、夏に胃腸を壊す人が多いのか

「夏なのに、むくみがひどい!」 「そんなに食べてないのに、ぽっこりお腹が悪夢!」 「もう夏バテで、とにかくだるい……」 そんな悩み、出てきてませんか? 実は今、夏風邪も大流行しています。 こんなに暑いのに、どうしてでしょうか? 一体、どないせえっち…

悪夢から救われるツボ ~夢見や不眠の悩みに~

夢見が良くないことって、ないですか? ぼくは昔、悪夢が怖くて眠れない子でした。

高い壁をこえたいときの鉄則 ~大事なのは量じゃねえ~

大切なのは、量ではありません。 「セット数」です。 たとえばね、 「私は毎日マッサージを40分もしているのに、 どうして肩こりがなくならないんですか?」 とよく聞かるんです。 答えは簡単。やりすぎていて「消化できてない」から。 なぜやり過ぎは有害に…

1mmでも動いたなら、それはもう「動く岩」だよ

「気づいたら、去年の夏よりずっと楽になってました!」 ……そう話してくれたのは、パニック障害がひどく、 1人では外出が一切できなかった30代の女性です。 ご主人の付き添いでいらっしゃって…… 1人でうちに来られるようになるのに、2ヶ月かかりました。 …

9割の「安静にしなさい」はウソ!

「膝を治したかったら、散歩をやめましょう。 自転車? もちろん、いけません!」 そうお医者さんに通告された 変形性の「膝関節症」のアヤカさん(40代)。 その日から、急に老け込んでいきました…… まず食欲がへり、 お通じが悪くなり、 だるくなり、 スッ…

緊張や恐れがやわらぐツボ 【兪府(ゆふ)】 ~本番前や、疲れが抜けないときに~

「リラックスが苦手なんです……」 「友達といるだけなのに、気持ちが落ち着きません」 「本番に弱いんです(涙)」 そんな人にオススメしたい魔法のツボです。

新しい「不幸の原因」

ランチが1種類しかない定食屋は、ちょっとさみしい。 でも25種類あったら、 「オススメは?」って聞きたくなりませんか? 選ぶの、大変ですからね。 「少なすぎて選べない」は不幸だけど、 「多すぎて選べない」も、実は、同じぐらい不幸です。この「新し…

「飽きてからが、本当の勝負」だと、松本人志が言った

「ただ、できる範囲で続けてただけなんです」 奇跡と思える回復をとげた人が、 よくいうセリフが、これです。 愚直。 このスタイルは、今こそ、価値がある。 選択肢が多すぎて絞れない人たちの中で、 1つに絞ることの強さがピカリと際立つときです。 どうし…

知らないとヤバい!熱中症「3つの盲点」と対策 ~本気で原因から予防する方法~

なんと14人が、熱中症で亡くなりました。 7月14日から7月16日の3連休だけで、です。 搬送される人にいたっては、5,000人を超えています。 なぜ、熱中症は防げないのでしょうか? ――それは、普通では気づかない「盲点」があるからです。 普通の注意では防げ…

「悲しみ」がやわらぐツボ【尺沢】(ストレス、パニック、過呼吸にも)

「息がちゃんとできない……」 悲しみに沈むとき、呼吸は消え入るように小さくなります。 涙が出そうなとき、息が小さくなる感覚がわかる人も、 きっと多いでしょう。 長く泣いたあと、 「……エグッ……エグッ!……」とえづくのは、 体がバランスをとって深呼吸し…

あなたは今、上り調子? ……それとも、下り調子?

あなたの1日が、プラスで終わったか。 それとも、マイナスで終わったか。 プラスで終わった日を重ねたら、 必ず体調は、よくなっていきます。 その【分かれ目ライン】は、 何でチェックしたら、わかるのでしょうか?

時間を敵にまわす人、味方につける人

時間を敵にまわしている人。 時間を味方につけている人。 最近、たくさんの 「時間を敵にまわしてしまった人」にお会いました。 「何をしてもすぐ疲れます」「ぜんぜん痩せないし、すぐ太る(涙)」「何をやってもうまくいかない感じがする」といった声に ふ…

この世で1番大切な能力

カエルの鳴き声がやかましい夜。 7才だったぼくは、じいちゃんと、星を見ていました。 近所の高校のグラウンド。デコボコの土の上。 ボーッとしていたら、 1つ、星が、スルーッと落ちていきました。 「じいちゃん、星が落ちたよ!」 というぼくに、じいち…

「なんだか何も楽しくない……」ときのツボ「少海」 ~喜びに鈍感なのは心臓の疲れ~

「なんだか何も楽しくない……」 「前みたいに、新しいことに興味を持てない」 「やっていることに意味があるのか、考えてしまう」 実は、誰にでもある、自然なことなんです。 ぼくにも、あります。 そんなとき、 「心臓のケア」で、ふわりと心が軽くなること…

手強い問題を突破する1つ目の鉄則

「これが世界の壁なのか!!」 サッカーを見ていると聞こえてくる、この言葉。 大事な戦いで勝ちきれなかった理由として、 出て来ます……が! 「そんな言葉で片付けていたら、いつまでも勝てない」 って、ぼくは思います。 なぜなら、 問題を解決するための【…

それは理由によるよ

ふいに、突き飛ばされた。 壁に ”ドンッ!” とぶつかるぐらいの勢いで。 何が起きたかわからない驚きと、痛みと、怒りで、 「何すんだ!!」と相手をニラむ。そしたら……

知らないと怖い! 緑茶のせいで、熱中症になるよ?

緑茶、お好きですか? 今年もやっぱり、 「水分補給がほとんど緑茶」なせいで熱中症になっとる!! というケースが何人もいます。 どうして? 緑茶って水分じゃないの? しかも、カラダにいいんじゃないの?

「一流」の条件

一流の条件って、何でしょう? ● 場を与えられたら活躍できる人。 ● 活躍できる場自体を、自分でつくれる人。 後者が、一流です。

「サッカーの神様」の1番忘れられない格言

「サッカーは、ミスのスポーツだ。 ただし、ミスにも質がある。 何をやりたかったかがわかるミスならOKなんだ」 14才のぼくは、雷に打たれました。 サッカーの神様が、「意思の力」を100%肯定してくれたと感じたからです。 「何かを試したミスなら、そこから…

サッカー日本代表と、健康な体の共通点

サッカー日本代表が、見違えるように強くなりました。 コロンビアには2:1で勝利。 セネガルとは2:2で引き分け。 しかも「後から追いついて」です。 なぜ急に、ここまで? その理由は、 「健康になっていく体」に起きる変化と、 とても似ているところに…

たった20秒でストレス解消!イライラや怒りがスーッと静まるツボ「章門」

「なんかすぐイラッと来ちゃうんです」 「昔は許せてたことが、最近許せない……」 「お酒が残るようになっちゃいました」 そんな人のための魔法のツボ・シリーズ。 今回は「イライラや怒りが静まるツボ」です。

たった4文字で!「やわらかい知性」を与えてくれる "魔法の言葉"

「先生、私、アゴを噛みしめてたことに気づきました。 先生に言われてから、1年かかりましたけど(笑)」 といって、久しぶりに来てくれた女性は、 アゴはもちろん、頭も首も肩も、すごくやわらかくなってた。 以前とまるで、別人のよう。 こうやって「目覚…

不安がやわらぐツボ「耳門」(魔法のツボシリーズ)

「なんとなく、ずっと不安感があるんです」 「一度気になり出すと、ずっと気になる……」 「考え過ぎて、眠れなくなるときがあるんです」 そんな人のための、魔法のツボ・シリーズ。 今回は「不安がやわらぐツボ」です。