楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

上達のツボ

◎無料プレゼント:健康をもっとも左右する7つの習慣

「ねえ先生、健康法って、ホントに色々あるけど、 まず何からやったらいいの?」 今回はそんな、よくあるリクエストにお応えします。 まずはこれ。 「これから始めてくれないと、話にならんのじゃ!(涙)」 と数々の整体師が涙する、基礎中のキソ。 健康に…

ずっと日陰の「二軍」だったぼくが、大逆転できた理由

ぼくはずっと「二軍」だった。 サッカーのスポーツ少年団で。 肩身がせまくて、自分の居場所なんてない。 そう思い続けた10歳の頃は、苦しかった。 でも……そうじゃなかったら、 今の自分にはなれなかったと思うんです。

変われる人、変われない人。

何かを変えられる人は、 「それ」について、曇りなく知っている人だ。 つい先日、過敏性腸症候群が 「すっかりなくなりました!」という 40代女性と話をしていて、改めて感じたことです。 整体を通して診てきた7万人をふりかえっても、 研修事業を通して見…

あなたに合う「お手本」の見つけ方 ~素質心理学 入門2~

「お前さ、誰かから学ぶのはいいけど、 他人を目標にするのは、リスクもあるんだぞ」 (営業の達人)

あなたは何の花?  ~素質心理学 入門1~

ぼくは、売れない営業マンでした。 自分の素質を知るまでは。

細かく、広く。 ~視野を深めるコツ~

「先生、全体の調子はすごくいいんですが、 あと、このスジだけ、硬いんですよ」 スポーツ選手の彼は、そう言って、 肩と首をつなぐ1cmぐらいのスジを、指さしました。 ――こういう人は、ほんとうに回復が早い。 全体と詳細が、両方、見えているんです。 ど…

まだ見ぬ「可能性」の見つけ方

理解できないことって、 理解できることより、大事かも知れない。

「やさしさ」と「会話力」がハネ上がる考え方

「あいつはマジで、何もわかってない」 「あの人のああいうところ、全く理解できないよね」 「普通、ああはしないでしょ?」 こんなセリフ、よくありますね。 ストレスの中心は、人間関係です。 その中心には、理解への不満があります。 そこに1つ、「風穴…

ねこを描いてみて、教わったこと ~「本物の好き」の見つけ方~

ねこを、描いてみました。 ねこは、もともとかわいいんだけど、 自分の手で描いてみると、そのかわいさを 改めて「思い知る」らしく、さらにかわいい。 新しい「好き」が上塗りされる。 ……これって、すごいことだなぁと、思ったんです。

ただ、じぶんの底力に触れればいい ~安定した自信が身につく方法3~

「体ってこんなに簡単に変わるんですね!」 お客さんや読者さんに言われて、 こんなに「この人はもう、大丈夫だな」って うれしくなるセリフ、ないんです。 なぜなら、ここに「変わる力」の秘訣が、 ギュッと詰まっているからです。

「目標」が必要な人、そうでない人。

「目標を持ちなさい!」 「夢を持ちなさい!」 すごく正しいことのように言われているけど、 実は50%でしかないと思うんです。 そのやり方が合わない人が50%はいて、 ぼく自身もそっちに入るから。 でも、 「固定した目標を追うのが自分には合わない」…

自信を殺す話し方、生かす話し方 ~安定した自信が身につく方法2~

どうしたら、自然で強い自信が、得られるか。 具体的な方法、2つ目です。 自分が納得した事実だけを根拠にすること。 話すとき、決めるとき、動くときに。 「信用を、確実なものから借りる」 と言ってもいい。 これが今回のポイントです。

「一生ものの気持ち」の見つけ方

ぼくが見つけた「一生もの」たちは、 どれも最初は、「なんとなく」から始まった。 今日バスに乗っていて、ふとそのことに、気づきました。

1年半目で、急に頭痛が消えた。

「逆に、いつ良くなるか、わからない」 こういう形の希望も、あるんだと知りました。

「自信が持てない」悩みの、1つの突破口。

「どうやったら、自信って、つくんですか?」 スクールの生徒さんに、聞かれることがあります。 今回はその応えとして、 ぼくなりのコツを、まとめてみようと思います。 まず、一番大事な考え方から。

楽しみ方を、思い出せばいい。

一番すくすく伸びるのは、楽しそうな人。 マジメより、アツい人より。 「ドラゴンボール」の孫悟空みたいなもんかな。 「楽しむ」 本当は、やり方を思い出せば、 誰でもできることなんです。

ストレッチが効かない1番の理由 ~なぜ、開脚できるやわらかさになれないか~

「伸ばし過ぎやからや!」 これ以上の結論は、ありません。 圧倒的に1位です。 そこで、 ●どこまでやったら伸ばしすぎなのか? (3つのチェック方法) ●なぜ伸ばしすぎたらあかんのか。 ●じゃあ、どうしたらいいっての? ●一番効く強さはどうしたらわかる…

学びが3倍になる「理解の作法」

多くの人にとって、情報は、もう、足りています。 よく「足りないのは、実行だ!」と言われますが、 それも少し違うと、ぼくは思います。 闇雲に実行して、目移りして、結果が出ないことって、 たくさんあるから。 じゃあ、決定的に足りないのは、 情報でも…

「不信という呪い」から抜け出す、一歩目。

今回は、 「不信から抜け出ることが、回復の要になるんだぜ」 というお話です。

ほんとうの才能が目覚める「信じ方」

「この人は、きっと成功する」 「俺は必ず、うまくやれる」 ……これ、「信じる」だと思いますか? ぼくは、思わないんです。 ハラの底には弱気があるけど、信じたくてしょうがない人の、 「悲痛な言い聞かせ」に聞こえます。 なぜって、 本当に信じている人は…

面白い話の1番大切な条件

面白い話は、 しみじみとした「真実み」でできている。 語り手の「誠意」が伝わってくる。 面白くない話は、 そこかしこに「嘘くささ」が混ざっている。 語り手の「作為」が匂って鼻につく。

病気を溜める人、健康を貯める人

「朝からだるいんです」 「すぐ疲れちゃって……」 「集中力が続かなくなりました」 そんな疲れやすい人には1つ、 共通点があります。

M屋しか知らずに、カレーを語る男

「日本のカレー、ぜんぜん、おいしくナイヨ!」 なんてことを言われましてね。 おいおい、ちょっと待ってくれよ、と。 そりゃあ好みはあるだろうけど、 ほんとにおいしいやつ、知ってて言ってんのかい? 例えばどこで食べたんだい?って聞くと、 「マツヤだ…

36秒で「あなたのベスト」がわかる!健康法の極意

体調は、体の調べ。 つまり、リズムです。 あなたの最高のリズム、わかりますか? ほとんどの人は今日、初めて知るんじゃないかな。 これはぜひ、忘れないで欲しい。

自分を、敵じゃなく、味方にする魔法

「自分の最大の敵は自分だ」 という言葉がある。 たしかに、そうだ。 これがなかなか勝てない相手で、 つい先日もぼくは圧倒的に敗北して、 夜11時を過ぎていたのに、土鍋ご飯を食べてしまった…… (たいそうおいしかった) でも、はたと考える。 敵だとみて…

最高な先生の見つけ方

いい先生、いい本って、どんなだろう。 あなたの「考える」を増やすなら、いいやつだ。 あなたの「感じる」を増やすなら、特別なやつだ。 あなたの「やってみる」を増やすなら、最高なやつだ。 信じていい。 その逆はすべて、恐ろしいやつだ。 疑っていい。 …

新しい成功法則 -ねばり-

「ねばり」 これは、新しい成功法則かもしれない。

自信をつける方法……の前に、1番大切なこと

「理想通りの人なんて、一生見つからないよ。 いると思ったら幻想でしかない。だから幻滅してすぐダメになる。 幻想が消えるのが幻滅なんだから、問題は幻想のほうでしょう?」 (素質マスター。恋愛相談にて)

足りないのは「あなた度」だけ。

「お前はどうも、自分を殺すクセがあるな。 スキルで塗り固めるのを、いったんやめたらどうだ?」 (素質の達人)

どんな人に、奇跡が起きてる?

「準備してねえやつに奇跡は起きないけど、 あんまり期待しちゃっても、やって来ねえんだよなぁ。 キーワードは、淡々とだな、淡々と。」 (ほぼ魔法使いの整体師)