読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

No.1: そもそも論(1)死の条件から健康を考えてみる


はんなりのブログ



みなさん、

  □ 最近、肩コリがひどい

  □ 腰がこってつらい、頭痛もある

  □ 寝ても疲れがとれないカンジがする

  □ 頭がボーっとして集中できないときがある

 なんて感じることはありませんか?


 それはものすごく、『もったいない』ことです。

 あなたの本来のパワー、能力の発揮が、ジャマされている状態です。


 人類の約60%が、腰痛に悩むとも言いますが・・・

 仮に↑のような悩みが全部なかったら・・・

 かなり嬉しいですよね、きっと。


 生活の気楽さも、仕事の効率も、

 きっと、ずっと今より良くなるでしょう。

 自分は、そのためのお手伝いを目指す、整体セラピストです。

 そのお手伝いのひとつとして、このブログを始めました。

 ということで、記念すべき第一発目は、

 「そもそも論(1)死の条件から健康を考えてみる」

 を、お届けします。心身の健康に、お役立てください。

------------------------------------------------------------
今日のトピック:
 ■ そもそも論(1)死の条件から健康を考えてみる
------------------------------------------------------------


1)健康、健康と、よく話題になりますが。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 健康って、いったい何でしょうか?


 自分の定義は、

 「カラダもココロも弾力があって循環がよく、能力を最大発揮している状態」

 です。これを目指してます。


 では、そのために必要なことは?


2)ということで、今回は逆に、「死」から考えてみました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 死は、カンタンに言えば、「停止」です。

 「弾力がなく、循環もない、停止」です。

 ↑で言う健康の、真逆ですね。


 これを考えると、「強く健康に生きるために必要な本質的なこと」

 が見えてるくるんじゃないかと、思うわけです。


3)そこで、死ぬときの条件を調べると?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 -------------------------------------
 1.心臓が停止する(血流停止): 約5分

 2.呼吸が停止する(換気不足): 約20分

 3.多量に血を失う(血不足): 約1時間弱
 
 4.飲まず食わずでいる(摂取停止): 一週間程度

 5.水だけしか摂取しない(栄養不足): 一ヶ月程度
 -------------------------------------
 

 個人差、環境による差などはあると思いますが、
 
 こんなカンジです(フランスの救急専門医M.Caraの報告を参照)


 おそらく、いろんな事故やら病気やらを通るにしても、

 「最終的には、これらのどれかに行き着く」と思います。


 つまり。

 「1から順に大事にすることが、健康にとってものすごく重要じゃないか理論」

 が考えられるわけです。


4)つまり健康(=死から遠くにいる)にとって大事なことは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ↑のランキングの条件を、裏返して考えると・・・

 1.血とその循環は、超大事。

 2.呼吸も超大事。

 3.水分も超大事。

 4.栄養補給も大事。

 となります。(かなり単純化してますが)。

 

 ここで気づくんですが、「健康」というときに、

 日常生活で注目されがちなのは、「4」がメインなんです。

 もちろん、特定の病気や症状を持ってるヒトは別ですが。

 (心臓が弱いから1に気をつけてる、など)


5)結論としては?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 つい見逃しがちな、1〜3を、大事にしましょう!

 ということです。

 整体セラピストとしても、これらに気をつけて、施術をしてます。


 あとは、個人的に、「能力の発揮」までを健康と考えてますから、

 「5.脳が元気であることも超大事」

 も、テーマにプラスします。

 

 みなさん、ぜひ、ご自分の生活をもっと元気にする

 材料にしてみてください。1〜5までを、一通り配慮できてますか?

 どれが欠けても、病のもとです。

 もったいないことに、あたなの才能のジャマをします。


 今日はテーマの設定を書いたところまでですが、

 このメルマガでは基本的に、この健康原則を材料に、

 「ココロとカラダにいいこと(ケア方法、知識、ツールなど)」

 をご紹介していきます。