読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

梅雨時の健康レシピ: 自律神経や内臓のケアを  (No.2)

イヤー、蒸し暑いですねぇ。
梅雨らしくなってきました。
私の治療院でも、

『自律神経系や、内臓が疲れたお客さん』が増えてきました。
具体的な症状としては・・・
 ●頭痛、不眠、めまい、汗のトラブル(多いor出ない)、呼吸困難、
   息切れ、息ぐるしい

 ●だるい、微熱がある、背中の痛み、肩こり  

 ●食欲不振、腹痛、腰痛、下痢、便秘

 ●動悸、不整脈、月経痛、月経不順、むくみ、手足の冷え、しびれ など

というものです。

一個も当てはまらない人はいなんじゃないかしら、と(笑)

急な気温の変化がある上に、エアコンの入り始めですから。

神経が疲れて血行も不良になりがちで、実はけっこうカラダに負担あるんですね。

風邪も少し増えてますね。

ということで、上記のケアになる、梅雨時期のツボを紹介します。

------------------------------------------------------------
■自律神経に効くツボ
------------------------------------------------------------

1)

2)

------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------
■健康3ポイント
------------------------------------------------------------

POINT 1

温度変化がエアコンのおかげで激しくなります。急に冷やされるので、体温の調整をしている自律神経は
相当参ります。自分で調節できるときは、26度以上。冷えた部屋に入るときは汗の処理を入念に!

POINT 2

首の疲れ、首を冷やす、硬くする、といったことは自律神経の大
敵。血行も悪くしますから、全身の体調にも
美容にも悪影響です。3首=首、手首、足首は、冷やさない・よく回す。シャワーで暖めるも◎。

POINT 3

小食はかなり自律神経を助けます。食べ過ぎによる内臓疲労は、自律神経の失調を促し、自律神経の
失調は内臓の機能不良につながり悪循環になります。休肝日、休胃日を、たまにとってあげましょう。

全部が全部・・・と思わなくてもいいので、自分の好みに合うもの、
一個だけでも気をつけられたらいいと思います。
「カラダをケアしている」という意識そのものが、
カラダにいいですからね。

では7月も、元気で行きましょう!