読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

健康レシピ(3) あなたは北風か、太陽か? (No.14)

雑学・雑談・日記


1)↓に当てはまる、アナタに向けて書いています(対応する問題)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 □ いろいろな健康法やダイエット法などを試すが、続かない

 □ 健康法をいろいろと試しているが、どうも成果の実感がない

 □ 自分のカラダが言うことを聞いてくれない、とよく感じる

 □ 「ずっと使える健康法」に興味がある

 □ 脳やカラダ、ココロの本質に興味・関心がある

 
 こんなあなたには、お役に立てる内容だと思います。


2)要点・ポイント:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あなたは、「北風と太陽」という童話を知っていますか?

おそらく、多くのヒトは知っていると思います。


※北風と太陽が勝負をする話です。どちらのほうが、
 
 旅人の服を脱がすことができるか?と勝負をはじめ、北風は冷たい風で服を

 吹き飛ばそうとしますが、旅人は寒さに警戒して服を逆に
 
 多く着込んでしまいます。次に太陽が暖かい光で照らすと、
 
 暖かくなった旅人は、服をあっさりと脱ぎ、太陽の勝ちとなります。

 http://hukumusume.com/douwa/pc/aesop/09/18.htm
  (詳しくはこちらにサンプルがありました)


■ポイントは・・・
--------------------

つまり何がポイントか、と言うと、

★「あなたが太陽であればあるほど、心身の健康に良い」ということです。

(ちなみに、脳に対しても同じことが言えます)



というのも、

ヒトのカラダもココロ(無意識)も、かなり嫌うことが、

「無理強い」なんです。

感情や好みにそぐわないことを、無理にやられることです。



これ、意外とやってしまってませんか?

実はかなり、これで体調を壊しているヒトは多いんです。

中には「誤解によるもの」も、たくさんあります。

たとえば・・・


■5つの代表例
--------------------

1.健康法・ダイエット法だからといって、「急な変化」をカラダに強いる
 (食事や睡眠、運動習慣その他を『一気に』変えてしまうことなど)

 →カラダが驚いて反動が起きる。余計悪くなったり、負担が出ます。

 →少しずつの変化で慣らしていくのが○。


2.マッサージやストレッチは強めがいいと思い込んでやる
 
 →カラダの防御本能が働き、「守ろうとして」余計に筋肉を硬くします。

 →「最適圧」というものがあります。心地よさ、がポイントです。
  (鈍くなっているヒトは、心地よさを感じ取る力が減っています)


3.「暖まってカラダの疲れを取るんだ!」といって、アツい湯船にばかりつかる
 
 →これは、カラダの「戦う用の神経:交感神経」を刺激するので、逆効果です。

 →38度前後のぬるめのお湯に、長めに入ると、「休む用の副交感神経」が
  はたらいて、カラダが回復に向かいます。睡眠も深くなります。


4.疲れたときこそ栄養補給だ!と思って、肉などをたくさん食べる

 →消化力の弱ったカラダに、もっと負担をかけて、カラダの回復が遅くなります。
  (実は現代人の病気は、むしろ「栄養過剰」によるもののほうが多いです)

 →「カラダによくて消化しやすいもの」を少な目に食べるほうがよほどプラスです。


5.カラダのために、といろいろなサプリメントに手を出す

 →栄養素には、「ちゃんと吸収される条件」があり、その中には、
  「栄養が生きていること」、「あるバランス・組み合わせで吸収されること」
  「おいしいと思って食べること」などなどがあり、
  サプリに含まれる栄養が「そのまま吸収されるケースは少ない」。

 ※本当に質の高いサプリメントは、市販のものの中に、半分もないかもしれません。

 →生きた旬の野菜、果物、発酵食品などを、おいしく適量、規則正しく食べるほうが
  よほどプラスだったりします。(昔から、「カラダが慣れてきたもの」です)


といったものたち・・・。

『プラスだと思ってやっているだけに』、余計怖いんです。


自分自身や家族、友達のため、と思ってやり続けたり、

薦めてしまったりしますから。



・・・というわけで、まとめます。


3)まとめ・プチ提案など
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

考え方のポイントは、改めて、

★『カラダのこと、カラダが本当に喜ぶことを知り』

★『北風(無理)でなく太陽(心地よく自然なもの)を与える』

ということです。



実行面でのコツは、↓です。

 □3週間試してみて、健康面でのプラスとマイナスを冷静に比べて、

  プラス面が大して大きくないものは疑う(見直す、やめる)

  ★こういう「実験感覚グセ」は、一生ものの宝になります。
 

 □「それって私(その人)にとってホントに自然なもの?」という

  チェック感覚を身に着ける。→★これも人生レベルで本当に大事です。


 □『納得できて心地よさとともに続けられるもの』を選ぶ。
  
  「努力」が必要なことはあると思いますが、「納得のない忍耐」や

  「正しいと思い込んで無理をする」のはマイナスです。

  (ココロの健康を害する危険性も減らせます)
  

 □1つの意見でなく、3つの意見ぐらいを調べて、本当にプラスか考える

  どの商品にも、「売り手とその関係者」や「一部のファン」がいます。

  そこから出ている情報は、「一部」です。そうでない情報もちゃんと
  
  チェックしましょう。(だまされてしまうリスクも減ります)



■ちなみに・・・
--------------------

今回のお話は、「カラダの健康面」の切り口でお伝えしましたが、

同じことは、ココロにも、脳にも当てはまります。

「無理」「強いられる」は、本当に嫌われます(笑)。


「無意識や脳が抵抗する」んですね。


★自分に対しても、やっちゃいけません。

★そして、子どもに対しても、もちろんやっちゃいけません。


もし無理なやり方が一時的に有効に見えても、

「ゆがみ」や「ひずみ」が出ます。

ココロにもカラダにも、ほぼ間違いなく出ます。



無理、強いる、の反対は、

「自然」、「心地よさ」、「納得」、「主体的」、「自由意志」などです。

こちらを選べるように、少しずつ、見直しや自分の

感覚づくりをしていきましょう。




_____▼4)今日の健康・健脳ポイント▼_______

│それって「北風」?それとも「太陽」?と常にチェックする

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄