読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●症例: 初孫が抱けない(涙)・・・とお悩みの女性の股関節痛

雑学・雑談・日記



「股関節が痛くて、せっかく生まれた初孫なのに・・・
  抱っこしてあげられないんです・・・」

こんな悩みの相談がありました。

自分、実は、
小学校のころに祖父を亡くしてからというもの、
どうも『祖父母・孫関係のこと』に、アホみたいに弱いのです・・・(涙)
(松方さんより弱い涙腺に・・・)


で、何が何でも何とかせねば!とつい個人的に燃えてしまったんですが、
けっこうあっさり、改善したんです(笑)


というのも・・・
この、『股関節』。

痛いままあきらめてる人、多いみたいなんですね。
(しかも、女性系の問題も併発したまま諦めているケースがかなり多いのです)

スポーツ、特に、ダンス系のものをやっている患者さんもよくいますね。

あきらめちゃいけませんよ〜〜、コレ。
もったいない。

膝も、首も、どこでもそうなんですけどね。


「え?改善できるの?・・・(施術後) おおっ、ほんとっすね!ラク!」


というケースが、ほんと〜〜〜〜に、よくあります。


なんで?

ということも含めて、知っておいて下さい。

(肩こりでも、腰痛でも、慢性の症状をもってる方には、特に役に立つ内容です)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■No.40 「症例: 初孫が抱けない(涙)・・・とお悩みの女性の股関節痛」
 〜痛みや苦しみの具体例と解決策から、健康の秘訣を知る〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のポイント:
 『股関節痛』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こんにちは!
永井@トータルリチューニングです。


肩こり・腰痛と違って・・・

股関節痛って
なぜか、改善できるとあまり思われてない傾向がありますね。

しかも、冒頭で書いたとおり、
『女性系の症状』がセットなことが多いんです。
(生理不順、過度の生理痛などなど)


これがしかも、改善できるケースがほとんどなんです。


今回の女性も、そうでした。



● 「せっかく孫が生まれたのに・・・」
--------------------------------------------------

今回の女性は、販売系の職業。

寒い場所でずっと仕事してる方です。


診ていくと、

 ■一番気になっている股関節(筋が硬直してます)の問題に加えて・・・

 ●膝の痛み(特に寒い日、疲れてきたとき)

 ●骨盤が右に前傾 (これはよくあるパターン)
 
 ●極端な下腹部の冷え

 ●強い生理痛や、不順

 ●消化不良、食欲不振、便通の問題

といったことが、目立っていました。



それで、あまりに痛むために、

初孫さんを抱き上げるのがもう痛くてしょうがないわけです。

(なんておいたわしい・・・)

でも、いきつけの病院では「改善は正直、難しい」と言われて、湿布だけもらってるんです。



ただコレ、整体的に考えていくと、

「股関節だけにアプローチしても、改善しにくくて当たり前」

なんです。(まして、湿布じゃいけません)



● 股関節が、なぜ痛む?
--------------------------------------------------

実際、

彼女がもっていた症状はすべて、『股関節にマイナスに作用するもの』です。


あまり知られていないんですが、

『内臓の問題の影響力』って、すごいんです。


彼女の場合は、症状からも予想はつくのですが、

 ●子宮・卵巣

 ●膀胱

 ●胃腸

に問題がありました。

(消化不良も、生理不順も、下腹の冷えも、これらの関連症状です)



そしたら、どうなるか?


いろんなことが起きるんですが、

 ●内臓のまわりの血行が悪くなる → 冷える

 ●まわりの筋が、栄養不足 + 酸素不足になる

 ●関節も筋肉で包まれてるので、硬くなり動かしにくくなる

 ●血行悪くて動かしくくて冷えて硬い = 痛みが出る!

 ●痛くて動かさないので、ますます血行が悪くなり・・・さらに痛くなっていく。


という悪循環が起こります。


コレだけ、状況が悪い内臓がそろってしまうと、

股関節に問題がでるのは、むしろ『当たり前』という状況でした。


しかも、筋肉は原因ではなく、結果なんです。

だから、筋肉をいくらほぐしても、内臓が悪いので、

すぐ痛みが戻ってしまうんです。


でも、逆にいえば、

内臓をケアすると、筋肉を直接触らなくたって、全体的に改善する。


こういうケース・・・

首だろうが、方だろうが、腰だろうが。

すごく多いんです。内臓が原因という。

(だから、内臓ケアをちゃんとやったことないうちは、絶対あきらめちゃいけません)


まして今回は、

直接関係してしまう『骨盤の傾き』までありましたらからね。




● どうしたら改善するのか?
--------------------------------------------------

彼女に行ったことのメインは・・・


 1)骨盤の調整

 2)内臓のケア (特に子宮・卵巣、膀胱、胃腸)

 3)自律神経のケア

 4)仕上げに、直接、筋肉・関節のケア


という順番です。


実際は、3)までの時点で、

痛みは半減し、動かせる範囲もかなり改善していました。

4)はバランスを整えた、というぐらいです。


彼女は、

「これで、心おきなく、孫と遊べます・・・」

と言って、とても喜んでくれました・・・。


ほんとうに、良かったですねぇ(涙)



ということで、

良い状態を保てるようにしていくために、

2週間後にまた調整することと、セルフケアを薦めました。



● 自分でできる、セルフケアとは?(あなたも、ぜひ)
--------------------------------------------------

これ・・・ごくシンプルですが、どれも、
あなたの内臓の健康キープにも、役に立ちます。

(ずっと続いてる症状、首・肩こり、腰痛などお持ちなら、特に)


 ●湯船に入るようにする → 暖めることで緊張をとり、機能を高める
  (できれば毎日。ぬるめのお湯で、15分ほど)

 ※湯船でリラックスすることで副交感神経(お休みスイッチ)がONになり、
  内蔵機能が高まる、という面もあります。

 ●仕事時の防寒の徹底 
  (腹巻き、靴下の強化などを薦めました)

 ※なんと、体温が1度さがるだけで、
  『免疫力』(病気を防ぐ抵抗力)が、30%も減る!! 恐ろしい。

 ●股関節、お尻まわりのストレッチ
 
 ※ポイントは、痛みが出ない範囲でやること。
  血行をよくすることと、回復を促すために。

 ●陽性の食べもの・飲み物をできる範囲でとること
  (特に白湯、しょうが湯)

 ※これは内側から身体を温めるためです。外からだけでは限界がありますから。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ まとめ と 提案
 〜 あなたの実力・魅力アップのための、具体策 〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ●↑のセルフケアは、ぜひ試してみて下さい。
  健康って、かなりの割合、自分で作れるんです。

  というより、それが本来なんです。
  私の患者さんには、そうなってもらいたいと思ってます。
  (だから、体調にあわせた提案を、施術後に必ず行います)

  毎週通わないといけないっていうのは、不自然なんですよね・・・。
  (しょうがない方もいらっしゃいますが)

 ●内臓が原因のケース、かなりたくさんあります。
  だから、例え病院や、内臓の本格ケアをやらない整体・接骨院などで
  改善がなかったとしても、あきらめないで下さい。

 ●改めて、冷えは本当に深刻なマイナスです。要注意です。
  (サプリなんかにお金使うより、防寒にお金と神経使ってください(笑))



_____▼ 今日のフルパワー発揮ポイント▼_____

│●本当の原因のケアをしない限り、いつまでたっても本当の改善はしない。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


───────────────────────────────
編集後記:
 ■ マイ・スタイルの作り方 +αのオマケ
───────────────────────────────


 ●前回の記事は・・・
 『マイ・スタイル』をもつことで、楽しくないようなことまで
 楽しんでしまう力をつけてしまおう!

 そしたらストレス減るし、効率も成果もあがるし、成長も大きいし、脳も喜ぶから。

 という内容でした。


 いくつかご質問や、面白い案をもらったので、これに補足です。

 私から提示したのは、

  ●仕事のやり方・手順のスタイル例

 でした。


 これ、別に、

  ●仕事で使う道具 
  (例): お気に入りの3色ペンを使う、好きな手帳を常に駆使する などなど

 でもいいわけです。

 または、

  ●仕事を行う環境 
  (例): 必ず机の上を片付けてからやる、アロマたきながらやる などなど

 でも、もちろん有効です。


 極端に言えば・・・
 

 脳が、「お、俺の好きなモードに入ったな」
 と感じさえすりゃあ、なんでもいいんです(笑)

 
 というわけで、補足として、参考にして下さい。


 ほんとこれ、一生、あなたの役に立ちますから。
 (もう、いいの持ってる方も多いと思いますが)