楽ゆる式◎セルフケア整体

こころとカラダが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●No55. 姿勢をムリに直そうとする=逆効果



「姿勢、よくしてるんですけどねぇ・・・」


・・・と、体調ボロボロの
会社員(男性・30代)がいらっしゃいました。


実は、
これも大きな誤解で。


いい姿勢って、本当は、
「意識して頑張ってとろう」とすると、
逆効果になったりするんです。悲しいことに。


これもぜひ、知っておいて下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■No.55 「健康のツボ17: 姿勢をムリに直そうとする=逆効果」
 〜流行ものでない、ホンモノの健康を考えて、手に入れる〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※このメディアでは、
  『実際に永井や患者さんが試して、プラスの成果がハッキリ出たもの』に
   限定した情報のプレゼントを行っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のポイント:
 『姿勢って、防御反応です』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

お久しぶりです、
トータルリチューニングの永井です!


新しい治療法の習得や、
時間変更によって忙しさがドバっと増えて、
更新が遅くなってました(^^;)


今日はまた、
「と〜〜〜ってもよくある、怖い誤解(健康のジャマ)」
をひとつ、ほどいていきましょう。


あなたも、
「カラダのために、良い姿勢をとらなきゃ!」
って誤解、してませんか?



● そもそも、なんで姿勢って崩れるの?
--------------------------------------------------

姿勢。

そもそも、姿勢って、何でしょう?
(とうとつですが(笑))


これ、
カンタンにいえば、「カラダの防御反応」なんです。
あなたの仕事、生活スタイルに対応しようとした結果なんです。

「この形でいたほうが、疲労は少ないでしょ?」
って、あなたの脳やカラダが、
判断してくれてるんです。

たとえば、
デスクワークが長いヒトは、腰やおしりが
カタくなってきますよね?

いわば、コレ、
「ずっと座ってるんだったら、硬くして安定させよう」
という反応と言えるわけです。


他にも、
骨盤などがすでにズレてしまっているので、
『ズレたままでも安定できる形(=歪んでる)』を
とろうとする、というケースも多々あります。


わかりますか?



つまり・・・


悪い姿勢というのは、「意志」の問題じゃないんです。

つい、そういった
歪んだ姿勢をとりたくなるような、
『仕事スタイル』、『生活スタイル』、『カラダの歪み』に
対する、カラダの反応なんです。


だから、極論すれば、
「いい姿勢を自分でとろう!」
とするのは、ムリがあるんです(^^;)


下手をすると、余計に負担が増えたりします。



● だったら、姿勢悪い→体調悪化 をどう止めるのか?
--------------------------------------------------

って、疑問が
トーゼン、出てきますよね?


これは逆にシンプルなんです。
『原因』をケアしましょう。


あ、この言い方、わかりやすいですね。
『姿勢』というのは、実は『結果』で、『原因』じゃないんですね。

原因をほうっておいて、結果を変えようとするのは、
ムリがありますよね?
たとえちょっとうまく行っても、長くはもちません。


腐った魚を放置したまま、ファブリーズ
しまくるようなもんですね(笑)
(魚=原因 を処理しないと、いつまでもクサイまま)



つまり、さっきの説明に出てきた・・・

 ●『仕事スタイル』

 ●『生活スタイル』

 ●『カラダの歪み』


こういったものをケアすることが、より大事かつ、
根本解決なんです。


逆にそうじゃないと、
姿勢をいくらよくしようとしても、
根本の歪みが残っていますから、健康の悪化は止まりません。


● たとえば、どんなケアをしたらいいのか?(対策)
--------------------------------------------------

1)仕事スタイル
2)生活スタイル

この2つについては、
抜本的に変えてしまうのが難しい・・・ですよね。

だから、
「プラスの刺激を足してあげる」
というのが、有効だと思います。


要は、
『今のスタイルが、今の悪い姿勢を作っている』のだから、
今のスタイルを、ちょっとだけ変えてやったらいいんです。


たとえば・・・


 ●いつも座りっぱなしのあなた
  →1時間に一回でもいいから、のびとか、足の屈伸とかをする
 
 ●いつも前傾姿勢でいるあなた(パソコンとか)
  →1時間に一回でもいいから、胸をはったり、背中をそる
   ようなストレッチ、リラックスをする

 ●いつも頭ばっかり使って仕事をしてるあなた
  →お風呂の中だけでもいいので、カラダの感覚に注目する時間をつくる
   (気持ちいいと感じる場所を、自分でマッサージするだけでも
    いいんです)


こういったことですね。




3)カラダの歪み

については、
ひどくないものでしたら、今、1)2)に関して
紹介した対策でも、ある程度効果があるでしょう。


ただ、自分で歪みを感じたり、
左右の動きに違いが出ている、周りからも歪みを指摘されることがある
(肩があがってるね、首が傾いてるね、など)

・・・というレベルになってくると、
信頼できる専門家のケアを受けることが必要になります。

なぜかというと、
この歪みにも、やはり、原因があるからですね。
歪みが大きければ、原因も大きいからです。


うちに来ている患者さんは
体感として理解できると思いますが・・・


(例):

 ●猫背:
  →胸の高さの背骨の硬直や、肩胛骨の位置の歪み、
   その周辺の筋肉のアンバランスを解消すると改善

 ●怒り肩や肩の高さのアンバンラス:
  →首肩まわりの筋のバランス、肩胛骨の上方変位、
   (場合によっては)胃・肝臓の調整、骨盤まわりの
   バランス調整で改善

 ●下腹のたるみ:
  →骨盤、腹部まわりの筋・骨格バランスのケア、
   下腹の内臓のケアで改善

 ●ストレートネック、ストレート腰:
  →それぞれの箇所の、メインとなっている筋の
   筋力バランスの回復により改善


・・・といったことを、
カラダの仕組みや、筋肉の役割をちゃんとふまえて
やってあげる。


それだけで、姿勢はかなり変わります。
しかも、自然と。


「いい姿勢でいるほうが自然」
になっていくんです。
(また、壊してしまわない限り(笑))





今回の話も、
「よかれと思っていることがカラダのマイナスになってる代表例」
なので、ぜひ、頭に入れておいて下さい。(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ まとめ と 提案
 〜 あなたの実力・魅力アップのための、具体策 〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ●姿勢を意志の力で良くしておこうとするのは、ムリがある

 ●姿勢は『結果』であって、『原因』ではない。
  直すべきは、悪い姿勢というより、その原因になっている
  『仕事スタイル』、『生活スタイル』、『カラダの歪み』など。

 ※良い姿勢というのも、実はその人ごとにそれぞれだったりします。
  カタク考え過ぎないようにしましょうね。


_____▼ 今日のフルパワー発揮ポイント▼_____

│●良い姿勢はムリして作るものでなく、『自然と表れるもの』。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

───────────────────────────────
編集後記:
 ■ しょうゆって、本当にいいものですね
───────────────────────────────

今日、
しょうゆが届きました。


小さいころからずっとお世話になっている、
『上田醤油店』の、逸品。

(@地元である、富山県下新川郡朝日町 のお店です(笑)
  ホームページとか、ありません(笑))

これが、うまいんですよねぇ・・・。
いやらしくない甘さと、いい香りで。


これがアタリマエだと思っていたので、
はじめて横浜で一人暮らしを始めたとき、
びっくりしました。

「なんだこの市販のしょうゆ、
 しょっぱいだけやんけ(T-T)!!!!」 って(笑)


それぐらい、違うんですよね。


しかし醤油って、

 ●味つけ

 ●香り・風味付け

 ●色づけ

 ●隠し味(深みづけ)

 ●まろみ付け(発酵パワーによる)

 ●やわらかくする効果(発酵パワーによる)


など、ものすごい優秀な調味料ですよね。


日本の調味料って、
そもそも、むちゃくちゃ優秀です。


味だけじゃなくて、健康面も。

発酵ものが多いですしね。

味噌も、
その代表格。


このあたりは、
カラダによくて美味しいものを
ぜひ使っていきたいですね〜。