読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●No56. 筋トレに隠されたかなり怖いリスクとは?


「トラがなぜ強いかわかるか?
     ・・・もともと強いからよ!!」

                   −傾きもの


今日は、
ものすげえ名言の紹介から(笑)

これは、
アタリマエのようで、実はすごく忘れがちで
大切な視点です。


今日のテーマは、筋トレ。
そして、そのリスク。


なぜ、リスクがあるのか、想像つきますか?

それは、
「あなたも、本当はもともと強いからよ!」
ということなんです(笑)


詳しくは、本文にて。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■No.56 「健康のツボ: 筋トレに隠されたかなり怖いリスクとは?」
  〜流行ものでない、ホンモノの健康を考えて、手に入れる〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※このメディアでは、
  『実際に永井や患者さんが試して、プラスの成果がハッキリ出たもの』に
   限定した情報のプレゼントを行っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のポイント:
 『筋トレには、リスクがあります』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こんにちは、
トータルリチューニングの永井です(^-^)


今日も、
『早い内にといておきたい、誤解シリーズ』です。


うちに来られる患者さんでも、
やっぱりたくさんいらっしゃるんです。


 ●「腰痛がひどいから、腹筋やってます」

 ●「どうも体調が悪いので、ジム通い、はじめたんです」

 ●「ダイエットがうまくいかないので、筋トレしてみてます」


『鍛えたら、改善するはず!』という気持ち。
もちろん、大切です。

そしてこれ、
うまくいっている方も、います。


ただ・・・

マイナスが多い方が、
半分ぐらいは、いらっしゃいます。



いったい、
何が、違うからでしょうか?

なんで、
鍛えてるのに、マイナスになりうるんでしょうか?



● 柱や土台が傾いた家、あなたなら、どうします?
--------------------------------------------------

欠陥住宅。

話題になりましたねぇ。

床にボールをおくと、
押したりしてないのに、「ス〜〜〜〜〜」っと動いていく。

または、柱がもうダメになっている。

こういう住宅、
かなりカラダに悪いです。

もちろん、地震その他のトラブルで、
すぐに深刻なダメージを受けてしまいます。


これ、あなたなら、
どうやって直しますか?


「引っ越す」?
・・・は、ナシで(笑) それは確かに一番早いですけども(笑)


恐らく、土台、柱から
立て直すことをすると思います。


わかりますよね?


たぶん、
「家のまわりにコンクリートを塗り重ねて
 ゴンゴンにしておけば、大丈夫でしょ」

とは、考えないと思います。


これ、人間のカラダも、同じコトなんです。

わかりますか?



● 土台と柱を直さずに、肉付けしても意味がない!!
--------------------------------------------------

人間を、家にたとえてみました。


要は・・・

 ●家でいう土台 = 人間でいう骨盤
  (これが傾くと、全部傾きます。まともに機能しなくなります)

 ●家でいう柱 = 人間でいう背骨
  (これが歪むと、どんなに他の作りが立派でも、壊れやすく不安定です)

 ●家でいう壁・コンクリ = 人間でいう筋肉
  (これはあくまでも、上記のメインの構造=骨格 を支えるものです)

ということですね。


ここまでの説明で、
理解できてしまいますよね?


体調が悪い=家の調子が悪い・壊れかけてる

というときに、
筋トレをしても解決しない(ことが非常に多い)理由。


こういうことなんです。



根本(骨盤・背骨など)がゆがんだまま、
筋トレをしても、カラダ全体は強くなってくれないんです。
(土台、柱に問題があるから)

逆に怖いのは・・・
家のたとえでイメージすると、わかると思います。


「土台や柱が傾いたままの家を、コンクリートで固めちゃう」
って、怖くないですか?(笑)

怖いですよね。
固定されてしまって、歪み(傾き)が戻せなくなってしまいます。
それどころか、強調してしまうんです。


これが、
健康じゃないのに筋トレすることの、リスクです。


特に怖いのは、
筋肉がどうしても衰える頃のことです。


若いうちはまだ、無理して
コンクリートで固めた家でも、しのいでいけることもあります。
(ただ、腰痛などが解消しないケース、別の問題が出るケースも多いです)


これが年をとると、
筋肉はどうしたって衰えます。
そのとき、傾いたまま無理をかさねてきた土台、柱(骨盤、背骨)は、
むき出しのようになり、ものすごい負担にさらされます・・・。


想像できますよね?(^^;)


これは、よほど気をつけているヒトでない限り、
40代後半ぐらいから始まります。


だから、
元スポーツ選手、それにわかりやすい例でいえば
元ボディービルダーの方などは、
相当、カラダを傷めているケースが多いんです。

(正確に言うと、傷めてしまっていたことに、
 壮年になってから気づく、ということですが)



健康のためにマラソンを始めた、
という患者さんも、増えましたが、同じコトですね。
(東京マラソンがはやってから、特に増えてます)

カラダの歪みをまず直してから、
トレーニングしたほうがいいんです。

走れば走るほど、
膝を痛めたり、腰を痛めたり・・・
というケースが多々あります。
(そうなってしまってから、院に来られるケースが多いです(笑))


ですから、気をつけて下さいね。

『鍛える前に、直すこと』。


考えたら、アタリマエですよね。
病気のヒトに、いきなりトレーニング、させませんもんね(笑)

カラダの歪みも、
目に見えないだけで、
病気・未病に近いもの(原因になるもの)ですから。



● 実は、『筋肉が足りないヒト』は、ほとんどいない?
--------------------------------------------------

最後に、面白い事実を1つ。


「あなたの筋肉、どうですか?」
ってもし聞かれたら。
(こんな不自然な質問、ないでしょうけど(笑))

「あるか、ないか」
「足りてるか、足りない」ってことで考えるのが
普通だと思うんです。


だから、姿勢が悪いとか、
調子が悪い、代謝が悪い、なんて思ったときに、
「鍛えなきゃ」って思っちゃうんです。


これは、
『筋肉が足りてない、という思い込み』
があるからです。


なぜ、『思い込み』と呼ぶか?
というと、実際、
『健康に最低限必要な筋肉さえ足りない患者さん』
というのが、ほとんどいないからなんです。

意外でしょ?

足りてるんです。
でも、調子が悪い。


・・・なぜか?

それは、
『筋肉に栄養(エネルギー源)が足りないために、OFFになってるから』
です。

これ、うちに来られている
患者さんは、よくわかると思います。

「なんで今の一瞬で、筋肉が強くなったの?」
っておもしろがってもらえる、アレのことです(笑)


だから逆に言えば、
OFFになっている筋をONに変えるだけで・・・
(それようの治療法があるんです)

 ●痛みや症状がなくなったり

 ●姿勢が治ったり

 ●代謝があがったり

 ●引き締まったり

 ●動かせなかったところまで動かせたり


するわけです。


繰り返しますが、
ほとんどの方は、健康に生活するために
必要な筋肉を、『すでに持っています』。


使いこなせてないだけなんです。
電源がOFFになってるだけなんです。
こんなにもったいないこと、ないですよね。


トラがもともと強いのと同じで、
人間も、もともとけっこう強いんです(笑)

せっかくもっている
才能は、ちゃんと使いましょう。
(筋肉に限らず)


そのサポートこそ、
私がやりたいことです。


だからこそ、余計に。
ムリに、いきなり鍛えたりしちゃう前に。

ちゃんと土台と柱を整えて。
それぞれの電源を入れてみましょう。

たいてい、
必要なものは、すでに持っていることに気づきますから。



※ちなみに、このメディアで紹介している、内蔵ケアを行うことでも、
 関連する筋肉がOFFからONになることは、よくあるケースです。
 (それもあるから、あんなに内臓大事にしろってうるさい
  わけですが(笑))


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ まとめ と 提案
 〜 あなたの実力・魅力アップのための、具体策 〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ●カラダに歪みがあるのにトレーニングを行うのは、
  土台と柱が傾いている家をコンクリで無理矢理かためるようなもの。
  プラスじゃないどころか、マイナスにさえなりうる。

 ●カラダの土台は、骨盤(と足)。柱は背骨。
  どれも、根本をささえる異常なほど大事なもの。
  (他のすべてに影響を及ぼすため)
 
 ●筋肉には実は、ONとOFFがある。不健康なヒトは、たくさん
  OFFになったままの筋肉を抱えて生きている。それはものすごく
  もったいないこと。鍛える前に、ONにしてみたらいい。



_____▼ 今日のフルパワー発揮ポイント▼_____

│●トラがもともと強いように、人間ももともと強い。
│  ただ、その才能を活かし切れてないだけ。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


───────────────────────────────
編集後記:
 ■ おしっこ、我慢しないで下さいね(笑)
───────────────────────────────

これ、
1つのテーマとしてとりあげてもいいぐらいなんですが、
おしっこ、我慢しないで下さいね(笑)

忙しいヒトは、
けっこうよくやるんですよ、コレ。
「一段落してから・・・」とかって。


予想以上に、カラダへの
マイナスはでっかいです。


カラダの元気の根本となる『腎臓・膀胱系』に
負担を与えてしまいます。

しかも、おしっこで出してしまう予定だった
毒素が体内をまた巡ってしまうことになるんです。


ささいなことで、
すごくもったいないので、
出したくなったら、出す!


ということで、
よろしくお願いいたします。

(なんだろう、この終わり方・・・(笑))