○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●No68. 脳の性格9: 麻痺と暴走の恐怖


『私の人生の半分は、
   私自身の脳との騙し合いだった』

         (フランスの思想家)

今日のテーマは、
これです。

あなたは、あなたの脳の・・・
ご主人ですか?

それとも・・・



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■No.68 「脳の性格9: 麻痺と暴走の恐怖」
 〜脳を知り、自分と人生のハンドルをつかむ〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※このメディアでは、
  『実際に永井や患者さんが試して、プラスの成果がハッキリ出たもの』に
   限定した情報のプレゼントを行っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のポイント:
 『脳は、無限の欲しがりや』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

久しぶりの、
脳の性格シリーズです(^-^)

子育てや、自分のコントロールに
かなり深刻な影響力のあるポイントです。


● 脳は、刺激を欲しがる
--------------------------------------------------

脳って、けっこうな欲張りです。

何を欲しがるかって、
『刺激(的な情報)』を求めます。

これ自体は、
ヒトを挑戦に向かわせる原動力として、
大切なものです。


また同時に、
脳には強すぎる程の『適応能力』があります。

これがないと、
ストレスに対応していけないからですね。

どんな辛い環境でも、
ある程度、『慣れてしまう』わけです。

※実際、慣れによるストレス軽減効果は
 目を見張る物があります。(それはまた別の機会に。)


それぞれ、
ヒトが生きる上で、すごく大事な二つの機能。

ただこれらが、
悪く噛み合うと、大変なことになるんです。


● 刺激に麻痺し、加速する脳
--------------------------------------------------

脳は、
刺激にも慣れてしまいます。

そして困ったことに、
感覚をコントロールするのも脳なので、
もっと強い刺激を欲しがるようになります。


例えば、
『アホみたいに辛いのが好きなヒト』
っていますよね(笑) (失礼)


「カレーは、LEEの50倍がいいんだ」
みたいな(笑)

あの状態ですね。


あれは味覚的に、
美味しいわけではありません。

もっと強い刺激を、
もっと強い刺激を・・・

求めては慣れ、麻痺して
また求めては慣れ、麻痺が深まり・・・

と、続けた結果、
『過剰な刺激じゃないと満足できない』
舌(というか実は、脳)ができあがるわけです。


もちろん、
過剰な香辛料は、胃腸や肝臓に負担です。
(過刺激になるのと、解毒が大変なので)


そして怖いのは、これが、
食べ物以外について起ってしまうケースなんです。


● 日常が楽しめなくなる脳
--------------------------------------------------

面白いこと、きれいなもの。

私も好きです。


ただこれを、
常に欲しすぎると、歪んだ欲望になります。

辛いものに取り憑かれるのと一緒です。


つまり何が言いたいかというと、
本当に怖いのは、
自分の人生に、強い刺激を求めすぎることなんです。


「もっと大金持ちに・・・」
「もっと世界中をまたにかけて・・・」
「誰にも負けない能力を得たい・・・」
「他の人には絶対に真似出来ない偉業を・・・」
「絶世の美人を手に入れて・・・」


強い刺激を求め過ぎると、
こんなふうに、脳(の欲望)が、暴走します。

そうなってしまうと、
いまの自分自身や、いまの生活、仕事が
つまらないものと感じてしまうようになるんです。


たとえて言えば、『幸せアンテナ』が、
ぶっ壊れてしまうんです。

毎日は楽しくなくなり、
仕事にやりがいを感じなくなり、
自分どころか周りのヒトにも興味・関心はなくなり、
ふらふらと生命力の低い無気力状態に
陥ってしまうんです。

すべてが、
『くだらないこと』に見えてしまうから。


これは本当に、怖いですね。

そして、
わかるヒトにはわかると思いますが、
こういう子どもたち、
こういう若い世代が、確実に増えているんです。


● 目標ほど、定期点検が必要なものってない
--------------------------------------------------


もちろん、
大きな目標を持つことが悪いとは言いません。

ただ、
それにトリコになってしまって、
今の自分や時間をないがしろにしてしまうなら・・・

歪んだ未来しか、やって来ません。


【Q】:本当に、それを達成したら、幸せなの?

【Q】:それを達成するプロセスに、納得と充実はあるの?


この2点は、
月1回ぐらいのペースで問い続けるぐらいで
ちょうどいいと思います(笑)

(すぐズレますから)


要は、
暴走さえしなきゃいいんですけどね。


ということで・・・



● 脳を暴走させるものとは?
--------------------------------------------------

手近にある強すぎる刺激と、
それによる間違ったストレスの解消の繰り返し。

これが、
脳の暴走の原因になります。


お酒の悪い習慣なんかもそうですね。
どんどん量が増えていくケース。


ここですごく大事なポイントですが、
ストレスというのは、
もともとが強すぎる刺激への反応のひとつです。

「もうさすがにきついっす」という。

つまり、ストレス状態というのは、
『すでに刺激が過剰』なことがほとんどなんです。


・・・それなのに。


よくある脳の勘違いとして、
『別の種類の、ストレスを忘れさせてくれそうな、強い刺激』
を求めてしまうんです。

一時的には、
もともとのストレスのことは忘れられるかもしれません。

でも、
それは消えてはいかないし、
『別種のストレス』を増やすことになってしまうわけです。

(例):
 ●お酒で忘れよう
  →肝臓、消化器系への負担増、逃避した罪悪感

 ●食べてストレス解消しよう
  →消化器系への負担増、食欲の感覚の鈍化(食べ過ぎグセなど)

 ●刺激的なゲームでもして忘れよう
  →テクノストレス、目を背けた不安の蓄積、その他

こうして、
怖い悪循環の中に入ってしまいます。


これは、
『本当のストレス解消』ではなく『ごまかし』でしかないために、
同じパターンを繰り返し、より強い刺激を求めてしまうからです。

そして、どんどん、
状況も、症状も、ひどくなっていくんですね。


では、
本当はどうしたらいいんでしょうか?


● 体感的な満足をしっかり味わうこと
--------------------------------------------------

これです。

頭で面白いと思うようなことより、
体で感じる心地よいこと。

それは、
外からの刺激や情報でなく、
内側の感覚・五感を、自力や自然なもので刺激する、ということです。

刺激をむしろ減らし、頭ん中をダイエットし、
外より中をちゃんと見つめて味わう、
というイメージ。 

これは、
わかりやすいように、具体例をたくさん出しますね。


コツはありますが、
そのまま使えるものも、多いはずですから。


(例):

●ご飯を、集中して、よく噛み、ものすごく味わって食べてみる。
 (何かを見ながら、とかでなく)

●深呼吸をしつつ、ゆっくりと体が伸びる感覚を味わいながらストレッチをする。
 (テレビ、音楽などなしで)

●ぬる目のお湯に、体が温まっていく感じをじっくり味わいながらつかる。
 (雑誌などを持ち込まず)

●公園や森で、漂う自然の香りをたっぷり味わう。
 (何の匂いかわかりますか?)
 聴こえる音を聞き分けてみる。(何種類ありますか?)

●手に感じるひんやりとした清涼感を楽しみながら、
 丁寧に指先、指の間まで手を洗う。

●土いじりをする。

●好きな運動をして、体を動かす。ボールやじぶんの体の動き、
 などにいつもより注目してみる。

●プール、できれば海で泳ぐ。触れている水の
 感覚をこまかく味わってみる。

●紙とペンを出して、目指すことや悩み、やるべきことを、
 書き出しまくってみる。(パソコンでなく、手書き)


などなど。
他にもたくさん、見つけられるはずです。
(ポイントは、五感を使うことです)


こういったものって、
飽きないんです、あんまり。
本質的すぎて。


そして、淡い刺激の中に、
『とても優しい心地よさを』を、感じるはずです。
それは、深いところを癒す『安らぎ』です。

だから、
「もっともっと」、っていう、欲望の暴走にもつながらない。

かつ、
ストレスをごまかすわけでなく、
自然に浄化してくれる作用があります。

(そして、多くの場合、お金がかかりません(笑))


●幸せアンテナの強化こそ。
--------------------------------------------------


・・・だから。

面白いことをどんどん探せるよりも、
味わう能力・感性を高めるほうがいい。

よほど、幸せな実感も多く、
ストレスからも自由でいられる。

これが、
『幸せアンテナ』です。
味わい上手になったらいいんです。


結論は、
えらくシンプルになりましたね(笑)


ストレス状態のときに必要なのは、
刺激でなく、安らぎなんです。

足し算より、引き算です。


大人にも。

子どもにも。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ まとめ と 提案
 〜 あなたの実力・魅力アップのための、具体策 〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

●脳は強い刺激に慣れる傾向がある。

●より強い刺激を求めすぎると、欲望が暴走を起こし、
 感性がマヒを起こす。

●特にストレス解消に強い刺激を求めると、マヒと暴走の
 悪循環にハマる。

●五感をつかって内側の心地よさを味わう習慣は、
 自然な安らぎでストレスを浄化する。
 『幸せアンテナ』を強化してくれる。

●たくさんの面白いことよりも、
 普通のことの中に面白さを感じ取れる『味わい上手さ』が、
 よほど健康的かつ幸せに近い。


_____▼ 今日のフルパワー発揮ポイント▼_____

│●五感を使って、幸せ感度をあげよう。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


───────────────────────────────
編集後記:
 ■ うめぼし
───────────────────────────────

うめぼし。

けっこう好きです。


むかーーーしから、
よくすたりもせず、おにぎりに
入ってくれてますよね(笑)


疲れを緩和してくれたり、
おにぎりが悪くなるのを防いでくれたり。

だから、
携行食に向いてたんですよね。


いまさら・・・ではあるんですけど(笑)


昔からずっと続いてるもの、
人間のまわりに、あまり形を変えずに
あり続けているもの。


・・・に、
最近、すごく興味があります。


食べ物でも、
建物でも、習慣でも、生き物でも。


それで、
最近はっとしたんですけど、

木、火、土、金、水、風、

って、そういえば
すごい歴史の永い相棒だな、と
思ったり。

(「風ってのは太古からの化石なんだ」って言った
 写真家さんがいましたね。 ※星野道夫さん)


ちょっと新鮮に
身の回りの好きなものを見直してみてます。

整体こそ、
感じる力が命ですしね。