読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●No70. 回復力の正体と、ストレス。・・・根本改善へ。

雑学・雑談・日記


「最近、寝ても疲れがとれないんです・・・」

よく相談されます。

あなたは、大丈夫ですか?
寝たらスッキリしてますか?


というのも、
こういう患者さんは・・・

結論からいえば、
『回復力』が、かなり落ちています。


これは、
ほうっておくと病気に進む、怖い状態です。

だって、
『回復しない』わけですから。(^^;)
悪くなるいっぽうです(汗)
『下りのエスカレーター』に乗ってる状態です。


健康の根本。

『回復力』


今回はその正体と、
良い状態を作るコツに迫ります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■No.70 「心体の本質・秘密3: 回復力の正体と、ストレス。・・・根本改善へ。」
 〜カラダの本質を知り、一生使える健康法を身につける〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のポイント:
 『回復力さえあれば、大丈夫』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こんにちは、
トータルリチューニングの、永井です(^-^)

あなたは、
よく眠れたあとの体調、いかがですか?


睡眠なんて、生活の中で
一番カラダの回復がガッツリ起こるタイミングです。

だから逆に・・・

寝ても回復しない、となれば、
『そのままの生活・状態を続けると、どんどん悪くなる、病気に向かう』
ということです。

シンプル過ぎて、怖い結論ですね(^^;)。


でも、この事実は、
過労死、突然死、ストレス疾患のやたらに多い今・・・

『もんのすごく、重大』です。


疲れがちなあなただけでなく、
大事な家族や仲間の危機に早く気づける状態でいるためにも、
きちんと、知っておいてください。


●回復力って、そもそも何なのか?
--------------------------------------------------

あなたのカラダには、
『カラダをいい状態に常に戻して(保って)くれる便利システム』
というのがあります。

守ってくれてる、と言ってもいい。

これを、かっちょよく言うと、
『ホメオスタシス ≒ 回復力』というもの。


例えば、
どういうことをしてくれてるか、というと・・・

 ●ケガしたところに、治すのに必要な血液・リンパを運んでくれる

 ●疲労回復のために、睡眠状態にしてくれる

 ●カラダの中の悪いものとか要らんもん(放置すると害になる)を
  うまく解毒したり捨ててくれる

 ●食べた栄養などを材料に、カラダを維持・修理するのに必要な
  材料を揃えておいてくれる

 ●ウィルスとかがん細胞とか危ないもんを予防したり、
  入ってきたら戦ったりしてくれる


などなど。(かな〜り、カンタンな書き方をしてますが、ご容赦を(笑))


いやー、
こうして改めて見ると、
すごいもんですね(笑)。よくできてるなぁ、と。


これでわかる通り、
すべてのケガ、病気を治してくれてるのは、
『あなた自身の回復力』なんです。


薬は、それを補助する(たまにし過ぎる)だけ。

手術は、悪くなってしまったものを、
それ以上にしないために、切り取るだけ。

整体も、回復力自体の働きを最大化するだけ。


『そのあと、結局』、
カラダをものに戻して(回復して)くれるのは、
あなた自身の回復力なんです。



それぐらい、
便利でありがたい、生命維持に
最重要なのが、回復力なんです。



●回復力が落ちてるヒトが大多数・・・その原因は?
--------------------------------------------------

根っこは、自律神経です。

血液循環も、免疫(≒ 抵抗力)も、睡眠も。
内臓のあらゆる活動も・・・


自律神経という、例えて言えば、

『健康維持のためのマネージャーさん
 (全体を見て、管理や指示をしてくれる)』・・・

・・・これが元気じゃないと、
働きがえらく落ちちゃうんです。


つまり、
回復力が落ちてるような方は、
ほぼ例外なく、自律神経が疲労(失調)してます。


じゃあ何が、
自律神経の疲労や失調の原因か?


というと、
『ストレス』なんですね、これが。


代表的なものは、
四種類のストレスです。


●回復力を下げてしまう『四種類のストレス』とは?
--------------------------------------------------

これはぜひ、
覚えておいてください。

回復力を下げる
 =すべての病気の原因になる
 →これらを減らせば、すべての病気の予防ができる

ということですから。


では、順に確認しましょう。


1)身体的なストレス(要因):

 肉体疲労、内臓疲労、運動不足、睡眠不足、ケガ、
 治し切ってない古傷、栄養不足など


2)精神的なストレス(要因):

 不安、怒り、絶望、強制、義務感、抑圧、自己否定、
 自己欺瞞(自分への嘘)、逃避、嫉妬、不毛な退屈感、理解者の不在など


3)環境によるストレス(要因):

 気温・湿度(高すぎや低過ぎ)、騒音、異臭(強い香水などを含む)、
 満員電車、デスクや椅子、寝 具、風通しなど


4)有害物によるストレス(要因):

 アルコール、たばこ、農薬、電磁波、加工食品、
 薬・予防接種(副作用)など


これらです。
ものすごく、重要です。

おそらく、どの項目にも
『あなたの身近にあるもの』が、
含まれていますよね?


そうなんです。
意外なほど、身近に、ものすごくたくさんの
『ストレス要因』があるんです・・・


これらを放置しておくと・・・


バケツに水がたまっていき、
それがやがて、あふれ出すように・・・

この四種類のストレスの
『合計』が、たまった末に、
ある時点で、ガクッと調子が崩れます。


それが、最近よく話題になる
『自律神経失調症』です。

あふれ出す前、
「けっこうたまってきてるなぁ、まずいよ」
というのが、自律神経の疲労状態です。


まさに、『万病のもと』ですね。



●回復力が落ちたままだとどうなる?&逆に高ければ・・・?
--------------------------------------------------

これはもう単純で、
ストレス・疲労がどんどん溜まることで、
全身の昨日が低下していきます。

硬くなっちゃうんですね、
大事なものが。


たとえば・・・

 ■血管の硬化
(→動脈硬化→血流不足・血圧上昇→もろもろの内臓の機能障害
 →全身性の疲労・倦怠感・機能低下・心筋梗塞・脳梗塞のリスク増大)

 ■筋肉の硬化
(→疲労回復・代謝能力の低下、血流の悪化→筋肉組織・関節・骨格の硬直化
 →様々な慢性痛、体力低下、肥満、ケガの原因に)

 ■思考の硬化
(→可能性の限定癖→判断力の低下→問題解決能力の低下
 →自己否定癖→ストレスのさらなる増大)

 ■心・神経の硬化
(→過敏状態でストレス増加→防御姿勢の癖
 →感覚の鈍化・無感動・無関心化→無気力・ヤル気の低下)


といったように。

(身の回りのヒトも含め、心当たりはたくさんあると思います。)


こういったことが
積み重なっていくわけですから、
当たり前に、そりゃ病気にもなりますよね(^^;)


だから、
少しずつでも、ストレス、
減らしていきたいんです。

一日、一個だけでも、
違ってきますから。

そのためには・・・


●どうしたら、効果的に回復力を高くしておける?
--------------------------------------------------


まずは、
先ほど紹介した、四種類のストレス(要因)のリストを・・・

よ〜〜〜〜く、見てください(笑)

そして、
「これ、気をつけないとなぁ・・・
 これは少しでも減らせるはずだよなぁ」と、

ストレス要因を減らす工夫を、
意識して見てください。


たとえそれがわずかでも、
いいんです。

あらゆるものがそうですが、まずは、
『何がヤバいのかを知ること』。

それだけでも、
ものすごく違ってきます。

何を避けなきゃいけない!
っていう、危険お知らせアラームが、
あなたの中に宿りますから(笑)

ほんとに、
それが一番大事です。

森で死なない為には、
死ぬ危険性を、知ることなんです。
「トラはヤバいぞ、キノコもヤバいのあるぞ」って(笑)


逆にいえば、今までは、
知らん顔で、軽い毒キノコをかじったり、
トラのしっぽを踏んだりしてきてたのかもしれませんよね?(笑)

まずは、それを
できるだけ減らすことです。


わかりますね?

高いサプリや、健康グッズを買うよりも、
よほど優先です(笑)。

まず、リスクと仕組みを知ること。


また、

「ストレス要因で、あてはまるものが
多過ぎて心配・・・(汗)」

という方は、一度、
『健康度チェック(無料)』をやってみることを
オススメします。

http://blog-imgs-87.fc2.com/c/o/o/cookyourself111/blog_import_56ac579024f09.jpgcheck.html
(東西医学のデータ、実際の臨床データをもとに作成したものです)


日本人の死因の代表例である、
ガンや心臓・脳の病気にしても・・・

回復力が十分なひとは、
ほとんど無関係でいられます。


日々、元気で痛みやつらさがなく、
充実して暮らすためにも。

ぜひ、今回の
ストレスリスト、活用して下さいね。

一緒に、『上りのエスカレーター』に、
乗っていましょう。

ではでは、お大事に!!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ まとめ と 提案
 〜 あなたの実力・魅力アップのための、具体策 〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ●健康、病気予防の最大のカギになるのは、『回復力』。

 ●寝てもスッキリしないなら、回復力が低下してる危険性が高い。

 ●回復力の正体は、つきつめれば『自律神経』。

 ●回復力が落ちるのは、四種類のストレスがたまったとき。

 ●ガンだろうが心臓や脳の疾患だろうが、回復力さえ高ければ
 恐れることはない。

 ●万病の予防、充実した毎日のためにも、四種類のストレスをよく知り、
 少しずつでも減らしていきましょう。



_____▼ 今日のフルパワー発揮ポイント▼_____

│●回復力を高め、健康の『上りエスカレーター』に乗っていよう

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


───────────────────────────────
編集後記:
 ■ たまごかけごはん
───────────────────────────────

たまごかけごはん・・・

混ぜきらずに食べるとまた違った美味しさがある!

という驚愕の事実。


知ってました?(笑)


米どころ富山で育ったためか、

●米が異常に好き

→米が主役の食べ物が異常に好き

→たまごかけごはんも異常に好き


という経緯なんですが、
もったいないことに、
あんなに美味い食べ方があるとは、
全然知らんかったです・・・


『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』で、
三村さんがこの話をしていて、


「なんだとーーー!!??」
って、その日のうちに試しに食べて、

「今まで、なんてもったいない27年だったんだーーー!!(T ^ T)」


と感動した次第てす。
(大げさ?(笑))


いやー、貧乏くさいという
ツッコミもありそうですけども。


三村さんだけでなく、自分にとっても、
事件的な発見でした(笑)

グルメな美味しいものもいいんですけど、
庶民的なものをより美味しく!
っていうのは、もっと素敵だなぁ、と。


まだ試してないなら、
あなたも、ぜひ(笑)