楽ゆる式◎セルフケア整体

こころとカラダが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●No71. 脳を味方につける目標達成方法とは?


 「変化は、たったの1ミリから始まるんだ。
  そしてその1ミリがなければ、決して何も始まらない」

       ‐とある生物学者


実は・・・

脳は、
『改革』を嫌います。
反射的に。


だからもしあなたが、

 「何かを変えたい」

 「自分を変えたい」

と思うことがあるなら。


『脳からの抵抗』に勝つ方法。

これを知っておくことが、
必ず役に立つでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■No.71 「脳を味方につける目標達成方法とは?」
 〜脳を知り、自分と人生のハンドルをつかむ〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※このメディアでは、
  『実際に永井や患者さんが試して、プラスの成果がハッキリ出たもの』に
   限定した情報のプレゼントを行っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のポイント:
 『脳は大きな変化を嫌う』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こんにちは、
トータルリチューニングの永井です(^-^)


今日はまた、
脳との上手な付き合い方を学びましょう。


いきなりですが、
大事な結論。


脳は、
『刺激』は求めますが、
『改革』をつい嫌います。

シンプルですが、これはぜひ、
覚えておいてください。


「何に関係あんの?」


というと、
『目標達成の能力』に、です。


今回の脳の性格を知っているといないとでは、
目標達成能力が、格段に変わってきます。


これは、どういうことでしょうか?


●目標達成に失敗する代表パターンとは?
--------------------------------------------------


『一気に変えようとし過ぎること』

これは、
多くの自己変革、目標追求に挫折する、
代表パターンです。

信長とかああいう大天才でさえ、
目えないところでの根回し・準備は周到だったといいます。


たとえば、ダイエット。

●「今日から、すべての食事を○○にしよう!」

●「今日からは毎日、○○する習慣にしよう!」

といっても、
なっ・・・かなか、続きません。

忘れたり、飽きたり、嫌になったり、
目移りしたり。

(だから、ダイエット商品が売れ続けるわけですね(笑))


たとえば、自己変革。

●「すっぱりこれを最後に禁煙しよう」

●「もっとヒトに優しくなろう」

●「計画性のあるオトコになろう。まずは一年間の計画を・・・」

などなど。

こういうのも、
続く例がものすごく少ないわけです。

忘れたり、飽きたり、流されたり、
他に目移りしたり。

(だから、ビジネス書が売れ続けるわけですね(笑))



要は・・・


「今日からズバッと!」
みたいな変更は、どうしても挫折しやすい。


なぜ?


・・・それは、

『脳が抵抗するから』です。


●脳はどうして、大きな変化を嫌うのか?
-------------------------------------------------

実はこれ、
脳が、日々の多すぎる情報による混乱から、
あなたを守るための反応なんです。

脳は、
基本的には、安定を求めます。

安定がないと、
身が危険になるからです。

せっかく脳に記憶してきた情報というのは、
『今の安定した状態』をもとに、
生き延びていく材料です。

つまり、
『大きな変化』って、
その『生き延びていくための安定』を
揺るがすかもしれないもの・・・

イコール『危険性のあるもの』、
『新しい安定を作るまでまた大変になるもの』
なんです。


だから、脳は、
大きな変化を基本、嫌いますし、
多くの人類の性格に、それが強い影響をあたえてるんですね。


だから、
あなたが何かを変えたいとか、
新しいものを始めたいというとき。

脳に、
『大きな変化だ』と思わせてしまうと、
ものすごく不利なんです。

なんとなく、どこかから、
やり切れなさが湧いてくるんです。


わかりますね?


じゃあこれ、
どうしたらうまく行くんでしょうか?


●うまく目標達成する脳との付き合い方とは?
--------------------------------------------------

ポイントは単純。

要は、脳に
『大きな変化じゃないよ』と思わせてたらいいんです。

つまり、
『小さな変化』から、始めるんです。


『変える』というより、
『少しいい位置にズラす』という感覚。

それを繰り返したら、ズラし続けたら、
『脳にバレないように、結果的に大きな変化を作れる』わけです。


わかりますか?


『変化を小分けにする』と
言ってもいいでしょう。


たとえば・・・


 ●部屋の模様替えを一気にやろうとすると、
  おっくうで先延ばししちゃう・・・のでなく。

 →部屋を8パーツぐらいにわけて、
  「今日はデスクの上だけ」
  「今日はテレビ周りだけ」

 ・・・と、8回分に小分けする。


 ●ダイエットだったら、いきなり全食事を変えてしまうのでなく。

 →金曜だけは小食の日。晩御飯だけ半分にしてみる。
 →水曜も同じことしてみる。
 →食べる内容を少しずつ改善してみる

 ・・・といったように、
 少〜しずつ、負担にならないペースで
 慣らしていく。


 ●目標達成だったら、時間がたっぷりとれたときに腰すえてやろう、
  というんでなく・・・

 →まずは、目標を紙に書いてみる
 →それに必要な条件を書いてみる
 →条件を満たすのに必要な行動を書いてみる
 →いっこだけ、試しに行動してみる
 →この『いっこだけ』を、ひたすら繰り返す。
 →週一か月一で、いい感じで進んでるかを確認する


 ・・・といったように、
 小さなステップを踏んでいく。
 (一日、10分でもいいので)


こういったことが、
結果的に、すごく大きな変化を作っていくわけです。


どんなスゲーことをやりのけるヒトも、
こういう段取りを、確実に
踏み続けてるだけなんです。
(大抵の天才も、同じですね)


キーワードは、
『少しずつ慣らしていく』。

これです。


ヘリコプターで、
いきなり高い山の頂上に連れていかれたら、
高山病で死んでしまいます。

同じことですね。

登山家がやるように、
少しずつ、高さに慣らしていくんです。


そしたら。

止まりさえしなければ、
誰でも相当、行きたいところに行けるんです。


自分ではどうしようもない、
急な変化があったときも、実は同じです。
(事故、いきなりの転勤など)


テーマをしぼって、
「今はまず、慣らして行けばいいんだ」って、
一つずつやればいいんです。



●『1ミリ』の・・・『1%』の、重み。
--------------------------------------------------

『あなたの目標に合わせて、あなたを慣らしていく』

『いっこずつでいい、一日10プンプンでもいい』


これは、
大切なキーワードだと思います。


これをやってると、
何が起こるのか?


 ●脳が、調子に乗ってくれる(笑)

 ●変化自体に、慣れてくる

ってことなんです。


そしたら、
『いっこずつ』が精一杯だったのに、
つい二個やれたりするんです。

(ちょっとだけと思って掃除をし始めたらハマっちゃって、
 けっこう徹底的にやっちゃう現象と同じです)


そして何より、
変化や嫌なことがあったときに、
脳がストレスを感じる度合いが減るんです。

この効能は、本当に価値が高い。


どんどん改革していくようなひとって、
動じない印象がありますよね?

慣れてるんです。
変化にも、ストレスにも、いい意味で。


ほとんどの場合、
最初からすごいわけじゃないんです。

いっこずつ、
すごいたくさんやったんです。

積み重ね、ってやつですね。




ちなみに・・・


あなたが日に一ミリだけ、1%だけ、
小さな変化をしたとして。

毎日それを重ねたら。

一年後に、どれぐらいすごいことになるか、
イメージできますか?


わかりやすいように、今日のあなたを、
100だとしましょう。

そしたら、明日のあなたは、
101です。(1%増量(笑)ですから)


じゃあ、あさっては?

102?

・・・ではないんです。
これが面白いところで。


101×1.01(1%増量)なので、

・・・102.01 って、ちょ〜〜〜っと増えるんです。


これが、
毎日、積み重なっていきます。


増え方自体が、増えていきます。
それこそ、『雪だるま式』です。いい意味で(笑)


1年後、どうなるか?


1ずつ増えるから、465、ではありません。
(しつこいですか?(笑))

なんと、
『3741』になります。


毎日の、たった1%が、
一年後、100を、3741にしてくれるんです。
(実際に計算すると、わかります)


「俺、そんなに頑張れねえよ」

「休みだって欲しいよ」

と思ったあなた!



・・・その気持ち、わかります(笑)



だったら、
半分ではどうでしょう?

すこ〜し頑張ってみる日と、休む日を交互に繰り返すと・・・


あなたの今の100は、
一年後、『606』になります。


それでも、6倍です。


すごいことですね、
積み重ねって。



だから。



すげーほんの少しだけ、今日、何かいじってみましょう(笑)
あなたのやりたいこと、達成したいことに、関係あること。

特に、
いつもなかなか手が出せないことに。


それをちょいちょいやってたら、
あなたの脳が、味方になってくれます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ まとめ と 提案
 〜 あなたの実力・魅力アップのための、具体策 〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ●脳は基本的に変化を嫌う

 ●目標達成をしたいときに、一気に大きな変化を起こそうとすると、
  『脳の抵抗』にあい、すごく挫折しやすい。

 ●いっこずつ、変化を小分けにすることが、
  脳のやる気を最大に保つポイント。

 ●それが、変化自体への慣れにつながるので、
  変化にもストレスにも強くなれる。

 ●毎日1%がんばるだけで、一年後には、100が3741にもなる。
  二日に一回サボっても、606に!

  積み重ねって、すごい。


_____▼ 今日のフルパワー発揮ポイント▼_____

│●『変化を小分けに』、『いっこずつ』、積み重ねる。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


───────────────────────────────
編集後記:
 ■ 僕らのアキラ(仮名)
───────────────────────────────

かっこつけないからこそ好かれる男。
それが、アキラ。

高校時代からの、仲間です。

そのリラックスして気取らない、気張らないムードに、
ホッとするんです、周りが。


でも、
「やるときは、やるんだろうなぁ」
という男気も漂ってる。

・・・三日に一回ぐらい(笑)


彼は、
変に自分を守ろうとしない。

それもあって、
僕らも、彼の前で自分を守る必要がない。
息が、しやすい。

だからか知らないけれど、
「アキラのことを守ってやるべえ」と
なぜか自然に思ってたりする。みんな。

(別にそんな必要はないんだろうけど(笑))


思うんです。

ひとは、自分を守ろうとしすぎるときほど、
酷いことしちゃう。悪いことも。


戦争も、犯罪も、つきつめたら、
そういう理由が多い。(と、思う)

『過剰防衛』なときほど、
ひとは残酷になる。必死だし、まわりが見えないから。

こっちが被害者なんだから、
絶対に正しい!・・・って、思いすぎちゃうし。



その逆に。

素直さ、自然な無防備さって、得難い魅力だなぁ、と。
自分を楽にしてくれるだけでなく、
まわりも。

鎧を着込んでも、戦いになりやすいだけで、
自分なんて守れないのかもしれない。


むしろ、山下清先生みたいに
心はタンクトップひとつでいるぐらいが、

「あ、このひとなら害がなさそうだなぁ、おにぎりあげようかな」

って、平和になるんじゃないか、と(笑)。


「だったら騙されたりするんじゃない?」
って疑問もあるけど、

よほどクリアな頭で、
おかしいことはおかしい、って、気づけたりして。


なかなか難しいけど。
気づいたときだけでも。


そういうことを、
僕らのアキラは教えてくれます。

いつもありがとう。


心のタンクトップ先生・アキラへ