○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●No80. 回復力を高くする『コツ』 (高いヒトたちの共通点より)





『回復が早いひと』

『回復が遅いひと』


まったく同じケアをしても、ズバッ、とわかれます。

『すごい早い方』と、『すごい遅い方』を比べると、
4倍ぐらいの差があります。


あなたも、どちらかと聞かれたら・・・

 「早いほうが良い!」 

・・・ですよね?(笑)

それには、コツがあります。
脳的に。

普段の健康や、病気予防にも、
かなり関連が深いコツです。

ぜひ、覚えておきましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■No.80 「健康のツボ25: 回復力を高くする『コツ』
          (高いヒトたちの共通点より)」
 〜流行ものでない、ホンモノの健康を考えて、手に入れる〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※このメディアでは、
  『実際に永井や患者さんが試して、プラスの成果がハッキリ出たもの』に
   限定した情報のプレゼントを行っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のポイント:
 『回復が早いひとは、コミュニケーションの力が高い』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こんにちは、
トータルリチューニングの永井です(^-^)


今日の健康のツボは、
あなたの仕事や生活にもプラスです。

回復力と、コミュニケーションの関係。

ぜひ、活用して下さい。


●回復が早いひとの、最大の共通点とは?
--------------------------------------------------

回復が早い患者さん。

その最大の共通点・・・なんだと思います?


 背骨の弾力がよい、とか、骨盤の動きが良いとか、
 血流がよいとか、神経的に健康、とか・・・

実は、こういうのは、
『どっちみちウチの施術でそうなる』ことなので、
あんまり関係ないんです(笑)


じゃあ、ストレスに強いと、あ
生活環境のストレスが少ないひと?


いえいえ、
そういうひとたちの中でも、
回復の早い、遅いはわかれるんです。


実は、
『コミュニケーションの力が高いひと』は、
治りが早いんです。


これ、
意外な感じ、しません?(笑)

でも、脳をさぐると、
その根拠がわかってくるんです。


●なぜ、コミュニケーションの力と回復力に関係が?
--------------------------------------------------

これは、
『(脳の)前頭葉と回復力に、関係があるから』です。

この前頭葉というのは、脳の中でも、
『ヒトの表情を読む』など、コミュニケーションを司る場所なんです。

かつ、睡眠中に、
「カラダの疲れをとっといてね〜〜〜」という指令を
出してくれる場所でもある。

なおかつ、

『セロトニン』

という、カンタンに言うとすご〜〜〜〜〜い
『回復にとって大事な神経伝達物質』が、
この前頭葉との関係が深いわけです。

※うつの症状のあるひとは、うまくセロトニンが巡ってなかったり、
 不眠症にも関係したりするため、回復力に大きな影響が出るんです。


要は、

●『前頭葉が元気』=『心も元気、睡眠による回復度もあがる』

ということで、


●『コミュニケーションの意識が高い・思いやりが強い』

  →『前頭葉が活性化する(元気になる)』

  →『心身ともに回復力が高くなる』


ということになるんです。

これ、
ものすごく面白くないですか?(笑)


逆に、
『他人を思いやることができない = 前頭葉衰弱タイプ』は、
回復力が低いです。

・・・たぶん、
セラピスト関係の仕事をしている読者の方には、
すごくうなづける話だと思います(笑)

自分も、すんごく実感がありますからね。


●ヒトに優しくできるヒトほど、回復力が高い。だったら・・・
--------------------------------------------------

これ、本当に、
希望に満ちた真実だと思います。
素晴らしい・・・

『優しいヒトは、行動の結果がどうなるかどうか以前に、
 健康面でちゃんと報われるシステムになってた』

ということですからね。


改めて、
ヒトのココロとかカラダって、
うまいことできてますよね・・・。


だからこそ。

ひとつひとつの会話、
コミュニケーション・・・
大事にしたいですね。


『ココロは節約しようとすると、ますます活きが悪くなる性質がある』
という心理学の名言があります。

これ、本当にそうだと思います。

そしてそれは、
カラダにまで影響するんですね。
科学的根拠つきで。


キレイごととは別次元で、
『誠意ある思いやりは自分も相手も癒す』。
ありがたい話です。


僕は小さい頃から、

 ●スポーツも得意ではなく(すぐこけてしまう)

 ●ケンカは別に強くなく(すぐ泣いてしまう)

 ●勉強も大して得意でもないため(すぐ飽きてしまう)

       ↓

 ●「面白くて好かれるキャラにならないと、生き残れない!!」

  ・・・と考え、
  ひたすら、コミュニケーションの力を磨こうとしてきました。
  (小学校3年ぐらいのときに、ガキ大将を『引退』して以来(笑))


きっかけはそんなん(笑)でしたが、
大人になればなるほど、
『そんなん』で良かったなぁ、って思うんです。


むちゃくちゃカラダが弱くて自律神経失調とかしてた自分だったのに、
最近ものすごく、病気もなく、カラダ、すごく調子いいんです。

それも、
『ひとのことをどんだけ本気で考えられるか』、
『どんだけ誠意をもってコミュニケーションがとれるか』が勝負の、
今の仕事のおかげかもしれないなぁ、と。


ということで。

結論は、えらくシンプルになりますが・・・

『報われない優しさ』はない!という追い風のもと、
優しさを、ますます鍛えていきたいですね!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ まとめ と 提案
 〜 あなたの実力・魅力アップのための、具体策 〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ●『他人を思いやれるひと』は、すごく回復力が高い。
  回復力の高いヒトの共通点を調べると、面白いほど、そう。

 ●そのヒミツは、
  『前頭葉(脳の中のコミュニケーションを司り、睡眠にもかかわる部位)』と、
  それに関連が深い『セロトニン』。
  (うつや不眠症を改善するのに大きく影響する神経伝達物質)

 ●つまり、コミュニケーションを真剣にとったり、ひとを思いやると、
  前頭葉やセロトニンが活性化するために、回復力があがる。

 ●『誠意ある思いやりは自分も相手も癒す』。
  こんなに素敵な真実はなかなかない。


_____▼ 今日のフルパワー発揮ポイント▼_____

│● 他人を癒そうとする意志が、あなた自身を癒す底力になる

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

--------------------------------------------------
≫お知らせ & 厳選おすすめ健康UP情報
--------------------------------------------------

●トータルリチューニング、リニューアル・オープンです!

 ようやく、友人の手伝いの仕事の引き継ぎが落ち着きまして・・・
 一段落つきまして、本格的にリニューアルオープンです!
 
 →★診療時間がはるかに便利になりました。
  月・火・木・金・土・日: 10時〜22時
  (水曜日のみ 定休)  

 ⇒ http://blog-imgs-87.fc2.com/c/o/o/cookyourself111/blog_import_56ac57bb2da4e.jpg


───────────────────────────────
編集後記:
 ■ あの『サボさん』が、来てくれました
───────────────────────────────

『サボさん』、知ってますか?

名物テレビ、
『おかあさんといっしょ(NHK教育)』の中の、
『みいつけた』という人気コーナー・・・

その、司会役が『サボさん』です。
(サボテンキャラ)

ちびっこや、そのママさんたちに
とても人気な、軽快なノリの盛り上げやさんです。


その、
『正体(中身?(笑))』のお方が、
トータルリチューニングに来て下さいました。

このサボさん・・・


サボテンを脱いでも(という言い方でいいのか果たして(笑))、

ものすご〜〜〜〜〜く、礼儀正しく、素直で、優しさが
自然で・・・お人がらがナイスすぎて、感動しました。


「こういう方だから、子ども向け番組に
 ふさわしいんだろうなぁ・・・」 と。


そして、やはり、
『回復力が高い』んです。(今回の記事のとおり)


サボさんの他にも、
ご縁があって、NHK教育の関係者さんが
たくさん来て下さるんですけど、

みなさん、お人柄が、ものすごくいいんですよね・・・
学ぶことばっかし。

そして、明らかに、回復力が高い。

(働き過ぎがあまりにひどいという、
 例外ケースもありますが・・・(笑)お疲れ様です!!)


そこで、

「子ども向け番組を本気でつくるような方々だから、あんなに
 個性ありつつも、ベースが優しいひとが多いんですか?」

って、
ディレクターの立場の方に、聞いてみたんです。

そうだとしたら、

「楽園みたいな職場なんちゃうか!!」って、思いまして。


そしたら、

「いえ、ごく親しいメンバーがよい感じなだけで、
 ひどいの、いっぱいいますよ。むしろ、多いぐらい・・・」

とのこと!!!(笑)


んんんん〜〜〜〜〜〜〜、そんなに甘くはないか(笑)



■追伸:

サボさんがブログに、トータルリチューニングに来たときの
記事を書いてくれました。

本人のお顔が出ているので、『サボさん』しか
知らない方には、嬉しさに加えて、

「え・・・? み、見ていいの?」的な
ハラハラが同時にあると思いますが(笑)、

中身も、本当に素敵なお方ですから、大丈夫です(笑)。
興味のある方は、どうぞ。

★サボさんのブログ:
 ⇒ http://ameblo.jp/samoari/entry-10724926801.html