楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

●No87. 変化できるものが、生き残る









「最も強い者が生き残るのではなく

 最も賢い者が生き延びるわけでもない

 唯一生き残るのは変化できる者である」

           〜ダーウィン〜





■これにまつわる、ちょっと面白い事実:



 ●実はダーウィンは、生物学者というだけでなく地質学者でもあり、

  本人はそう名乗っていた。



 ●これは、マンガや神話でもよくあるパターンですね。主人公は最強でもなく、

  頭脳がすごいわけでもなく、『変化ができる(成長できる)者』。

  (最近では、漫画『GANTS』の主人公・クロノが象徴的ですね)



 ●強いものも賢いものも、『強さ』や『賢さ』にやがて依存するようになり、

  それらへの執着や囚われが、変化への対応を遅らせ、生き残る力をジャマします。

  (アウシュビッツ(ナチスの強制収容所)でも実際に、カラダが強いもの、賢いものは、

   かなり早い段階で亡くなったそうです)







■心体脳の健康にかんして言うと?:



 ●ココロは、「コロコロ変わる」からココロなんだという説があります(笑)

  逆みたいな話ですが、真実をついています。というより、こだわりを手放せる

  ココロは、しなやかで傷つきにくいという特徴があります。



 ●脳の力をとめる一番の的は、『思考停止』です。(=『バカの壁(@養老孟司さん)

  変化しつづけることができるのが、頭の良い人の脳の特徴です。

  

 ●カラダもやはり、強いかどうかよりも、『変化する力・反応する力』があるほうが

  よほど強い対応力、回復力を発揮します。





■ボソっとひとこと(たまにまとめ):



ただただ、好きな格言です。



生き物の自然の歴史や変化を見つめ続けてきた漢(おとこ)が

言っただけに、さすがにハラハラするほど的確ですね・・・。



■参考(笑) 『種の起源』

(光文社古典新訳文庫)

http://amzn.to/hLbabE





--------------------------------------------------

【心体脳の健康と能力をベスト化する方法】 No.87

 『変化できるものが、生き残る』

 〜脳のビタミン:名作・名言を味わう〜

--------------------------------------------------





--------------------------------------------------

≫お知らせ & 厳選おすすめ健康UP情報

--------------------------------------------------



●カラダ全体を癒せる整体技術をお伝えする、プチ・スクールを始めます。



 前号で予告していたプチ・スクールですが、

 お問い合わせ、ありがとうございます!

  

 少人数しかできないので、面談をしたうえ、お互いにちゃんと

 良いプラス関係になりそうな方に、生徒さんになってもらおうと

 思っています。

 

 カリキュラムの内容がわかる紹介ページを用意したので、

 お問い合わせ頂いた方、興味のある方はどうぞ!



 ⇒ http://www.ht-b.jp/bh/school.html





───────────────────────────────

編集後記:

 ■ 片岡鶴太郎と、出川哲朗。

───────────────────────────────



僕の嫁は、14つ年上なので、

いろいろと、面白すぎるギャップがあります。



カラオケにいったとき、

彼女が歌う曲がほとんど知らない曲で、ウケました(笑)



僕はぶっちゃけ、山口モモエさんとか、

あんまりよく知らない世代です・・・。



(歌詞の面白さも、歌も雰囲気も、すばらしく演出されててすごいな・・・と

 25歳ぐらいのときに初めてちゃんとみて、感動しました)





ドリカムとかビーズとかサザンとか、

なが〜〜〜〜く売れ続けている大御所は、二人とも

わかる希有な存在です。



あとは、童謡や、アニメソング(笑)





ということもあって・・・

僕はもともと『由来』を知るのが好きなので、

よく嫁に聞くんです。





「このひと(有名人)って、もともとは何で

 世に出てきたひとなの?」



って。





最近それでむちゃくちゃ驚いたのが、

片岡鶴太郎でした。





「あのひと、今の出川みたい感じで、よごれというか・・・

 よくテレビでケツとか出してたよ」



って。





えええぇぇえぇえぇえぇええええぇえぇえええ!!

げ、芸術家みたいなタイプだったんじゃないの?



・・・と。





富山の地元の朝日町に、

「ショッピングセンター アスカ」という名の

革命的商業施設が誕生して間もないころ、

片岡鶴太郎の書道展みたいなやつがあってなんだか

大物が来たなぁって誇らしい気持ちになった記憶があったのに、

もともとはケツとか出してたの!?



・・・と(笑)





すごいですねぇ。



もともと色んな才能があって芸能界に入ってるんでしょうけど、

ジミー(大西)ちゃんにしても、すごい転身を経てんですねぇ。







やっぱり歴史は面白い・・・