○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●No93. 人生は大変だけど、選びようは無限













「あなたには常に、環境的、制度的、経済的な制約・しばりが

 つきまとっている。それは十分理解している。

 ただそれでも、あなたには、あなたの態度・思考・発言・行動を

 選ぶ権利と能力だけは、十分に与えられている。それも、紛れもない事実だ。」



                    − とある紳士





・・・というわけで、

今日のテーマは、『カラダとココロによい選択』です。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■No.93 「●ココロのビタミン16: 人生は大変だけど、選びようは無限」

 〜病も健康も気から。ココロとの付き合い方を学ぶ〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 ※このメディアでは、

  『実際に永井や患者さんが試して、プラスの成果がハッキリ出たもの』に

   限定した情報のプレゼントを行っています。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 今日のポイント:

 『正解なんて存在しない、という安心』

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



こんにちは、トータルリチューニングの永井です!



すっかりあったかいですねぇ・・・

確か、横浜で大学受験(2次試験)をしたのが2/25とか

だったので、あれからはや10年!!



書いてみてびっくりしました(笑)



10年前は予想もしなかった人生になってるなぁ。

・・・説明したら(当時の自分も)納得はしてくれそうだけど(笑)





そうです。

今日のテーマは、『選択』です。



この選択の方法が上手じゃないと、

色んな場面でココロやカラダを犠牲にすることになります。





■ 正解なんてない、という大前提から。

--------------------------------------------------



これは以前、記事にしたことがありました。

(参考: 『正しさを手放してラクになる方法』

 ⇒ http://amba.to/gtZGrX





最初に、言い切ってしまいましょう。





『正しい選択』なんて、あり得ません。



だって、どんな選択の先にもそれぞれの道があり、

それぞれ「予想も付かない場所」につながっているわけですから。



(僕みたいな若造でもそうですが、先輩達の話を聞いていても、

 「計画通りの人生を生きてきた」という人はほとんどいませんね)





また、国の歴史とかとおんなじで、

後から振り返ったときに、『選択への評価』は変わります。





「あのときああすれば良かった・・・」

「・・・と思ってたけど、2年たって考えたら、あれで良かったんだ」



なんてことは、ザラにあります。



歴史人物や、国家的な決断についても、

どんどん評価が変わっていきますよね。



まぁそういうややこしい話はいいとして(笑)





要は、

『極端に言っちゃえば、別に何を選んでもいい』

ということなんです。



これ、乱暴に聞こえますか?(笑)







ただもちろん、ちゃんとした理由があります。







■ 何を選ぶかよりも、よほど大事なことって?

--------------------------------------------------





『何を選ぶか』よりも、よほど大事なことがあります。

(大事の意味は、『その後の成果などに与える影響が大きい』ということです)



それは・・・



 ●1)どういう動機で選ぶか

 ●2)どういう目的で選ぶか

 ●3)選んだあとにどれだけ思い切りその道を歩めるか



という3点です。



これらはすべて、

『その後の脳の働き』を左右し、

『ココロのしなやかさ(強さ)』に影響します。







まずは、●1)どういう動機で選ぶか、について。

--------------------



『動機』は、よく「火曜サスペンス劇場的なやつ」で(笑)、

犯人の候補をしぼるときに出てきますよね。



「いや、鈴木には、残念ながら佐藤を殺害する動機がないんだ・・・」的な。

(いきなり軽いノリになりますが)



あれを逆に考えると、

『動機がそのひとの行動を左右する』ということです。

だから、容疑者をしぼる有効な材料になるわけです。

ごく自然な話ですね。





ここでとりあげたいのは、

「火曜サスペンス劇場的なやつは意外に作りがよくできていて、

 何かの間違いで見始めると最後までつい見てしまうよね」

ということ。





・・・ではなく、



『自発的な動機からの選択ではない場合、後悔する確率や

 心体脳にムリがかかる可能性が高い』という事実です。





代表的な『自発的じゃない動機』とは、



 ●親・上司・友人などにそう言われたから

 ●世間的に人気だったり流行だったりするから

 ●それが正しいと本などで教わったから



といったものたちです。





こういった動機『だけ』で選択してしまうと、うまくありません。

脳にもハートにも、エンジンがかかりにくいだけでなく、

ココロの深いところに、「不安定感」が出てきます。



「自分の人生は、自分の意志から離れてしまったんじゃないか」

という不安が、根深いところで、不安定感を作ってしまうんです。



だから、動機は大事です。





最初はひとからのオススメだろうが、

世間的な評判だろうが、本がもとだろうが、別にいいんです。



それにあなたが『きちんと納得』して

選んでください。『流されて選んだ』じゃなければ、いいんです。





※ちょっと別の機会に書きたい気がしますが、流されて選ぶぐらいだったら、

 よほど「何となく選んだ」とか、「強制されて他を選ぶ余地がなかった」ほうが、

 よほどあとで満足行く選択になることが多いです。



怪しいキーワードは、

「・・・ねばならないから」とか、「・・・べきだから」です。

こういうのが動機に入っていたら、疑って下さい。





「・・・したいから」「・・・が心地よいから」

「・・・が嫌だから」といったものが、自然な、自発的な動機に含まれることが

多いキーワードです。



(けっこう大事なこととして、別に『不純な動機』はNGではないこと多し、です。

 クリリンは不純な動機でしたが、途中から動機自体が成長して、

 十分強くなりました。・・・こんな例でいいのかは疑問ですが(笑))





※ちなみに、選択肢がどんなに狭かろうと、

 それを選択する『動機』はあなたのものです。



 上に書いたのはありがちなサンプルですが、

 その他にもたくさんの動機があり、それは『自由に選べます』。







2つめは、 ●2)どういう目的で選ぶか について

--------------------



これも大切です。



『何のために選ぶか』です。



「動機と目的が似ていて区別がつかんぞえ」という生徒さんが

ちょくちょくいらっしゃいますが、

『動機は根っこにある気持ち』で、『目的は叶えたいねらい』です。





目的が、

『あなたのモチベーションに火がつくもの』でないと、

選択のあとに続く道は、歩きにくいものになりがちです。



ここにもやはりワナがあり、

最たるものは『誰かのために』というものです。



こんなことを言うと誤解されそうですが、

誰かのため『だけ』にやる選択というのは、長続きしません。



それが自分にとっての喜びになるから、メリットにもなるから、

といったように、きちんと自分のための目的がセットになっていないと、

(Win−Winと呼ばれる形ですね)

お互いにとって負担になるシーンが必ず出てきます。





お腹が空いているひとが、他のおなかが空いているひとに

食べ物をペロっとあげちゃうようなものです。



 ⇒ 自分が倒れてしまいます。

 ⇒ 相手がまともなら、自分を深く悔いるでしょう。

 ⇒ 相手がまともでないなら、あなたに依存して、自分で

   食べ物を探す努力をやめるでしょう。

 ⇒ いずれにしても、その行為は長続きしません。目的を果たしません。





自分のための目的を、

納得できてムリしてない目的を、

きちんと設定してあげましょう。



それがもし見当たらないなら、それはあなたにとって

そもそも良い選択とは言えないかもしれません。







最後に、●3)選んだあとにどれだけ思い切りその道を歩めるか について

--------------------





本当は、これにつきますね。



思い切りあゆむために、1つめ、2つめにあったように、

『動機』や『目的』に歪みがないようにしたい、というだけなんです。



これが究極です。



何を選ぼうが、そのあとちゃんと責任もって努力するひとは、

それなりに報われ、成長という報酬は間違いなく与えられ、

『次のもっとよい選択肢』を得る。



という風に、どうもヨノナカは出来上がっているようです。

きれい事でなく、事実として。





イメージで例えて言うなら、

選択なんて、『点』でしかありません。

分岐点。



そのあとの道をどう歩むかが、『線』です。

その線の太さや色、次の線とのつながりこそが、『絵』になります。

人生という作品そのものになります。





・・・まぁ、こんなポエムな表現は好き嫌いがありそうですが(笑)、

要するに、死ぬときに満足できるかどうかを左右するのも、

「いい人生だったなぁ」と思い出す中身も・・・



ほとんどの場合は、

『何を選んだか』でなく、

『選んだ道をどう歩んだか』に尽きるでしょうね。



ということです。







■ じゃあ、間違った選択、心身に悪い選択ってどんなもの?

--------------------------------------------------





これが、ここまでで述べてきたものですね。



誰かや世間にあわせた動機、目的での選択は、

心身に悪い影響が出ることが多いです。



要は、『あなたに根ざしていない選択』ですね。





あいまいな言い方になってしまいますが、

『自分に根ざしてないこと(ひどく似合わない、に近い)は歪みを産む』

という発想は、ぜひ、頭のスミにおいておいて下さい。





選択だけでなく、努力にしても、

「あなたに根ざしたものかどうか」というのは、

とても有効な判断基準になります。



ストレスが少なく、持続可能で、効果も出やすい場所に

導いてくれる、貴重なコンパスになるはずです。







■ ムリのない苦を選ぶ、という心理的なセーフティネット

--------------------------------------------------





いやー今回はディープというか、

あいまいな内容がメインですが、最後にさらにそういうのを加えます(笑)





「人生ラクありゃ苦もあるさ」

と最近は的場浩司や東幹久が歌っていますが(時代ですねぇ(笑))・・・



ぶっちゃけ、7〜8割は、苦だと思います。



「おいおい、いきなり何暗い話してんだよ」と

思われるかも知れませんが、実はこれ、明るい話です。





ひと(そして脳やココロやカラダ)は、

『予期している痛みやつらさにはとても強い』のです。

よって、ストレスも激減します。予期できていれば。



わかりやすいのは、『おばけ屋敷』ですね。

あれは、予期できている典型です。ああやって脅かされたり、

怖い思いをしても、むしろスリルを楽しめたりする。



でも同じことを、アポなし事前説明なしで、暗い夜道でいきなり

ドッキリでやられたら、発狂しそうになりますよね、多分(笑)

予期できないから、です。



それぐらい、違うわけです。





 ●いつ終わるかわからない不景気

 ●国民レベルでのコミュニケーション能力の低下

 ●どんどん新種が出てくる精神系の疾患



などなどを考えるだけでも、

今後も苦が多いのが、事実だと思います。



もちろん、

それぞれできる範囲の対応をするのは前提です。

お手上げだから、おめおめしていよう、っていう話ではありません。





「苦のほうが多いって覚悟で、予期しておこうぜ」

「そしたら随分ストレスも減るし、戦いやすいでしょ」

「ラクに出くわしたときも、倍ぐらい嬉しいんでないの?」

「下手に人生は輝かしいはず、自分はオンリーワンなはずなのに!

 とかって苦しむより、よほど結果的にラクだしトクじゃね?」



って話です。



また、同じ苦の中にも、

「耐えやすい苦」と、「耐えがたい苦」があります。



その「耐えやすい苦」の選び方こそ、大事にしたいところです。

実は最後についでに書いたようで、

この部分が、今回の記事で一番お伝えしたかったことです。





人生には苦が多いでしょう、多分。

でも、そんなもんです、昔から。(まともに食えない頃さえあったんだから)

「苦との歩み方・付き合い方」が、成果を分けるんだから、

『耐えやすい苦』を選んで、苦や自分と遊びながら生きましょうね。

苦とわかってれば、意外と楽しめたりするし。あとで振り返ったら

その軌跡はきっと、後悔のない、オンリーワンな作品になっとるでしょう、結果的に。



というたった6行が、今回の要諦でした(笑)







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ まとめ と 提案

 〜 あなたの実力・魅力アップのための、具体策 〜

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 ●正しい選択なんて、ない。



 ●選択の結果に影響を与えるのは、『何を選ぶか』よりも、

  1)どういう動機で選ぶか

  2)どういう目的で選ぶか

  3)選んだあとにどれだけ思い切りその道を歩めるか

  といったこと。(理由やその基準などは本分に詳細アリ)



 ●人生は、苦のほうが多くてアタリマエ。

  その覚悟で最初からいられたら、ストレスも減るし、

  上手な付き合い方が見えてくる。





_____▼ 今日のフルパワー発揮ポイント▼_____



│● 苦を遊び相手にしてしまえたら、素敵です。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



--------------------------------------------------

≫お知らせ & 厳選おすすめ健康UP情報

--------------------------------------------------



●良い治療家さんを、ぜひ紹介してください(笑)



 意外に聞こえると思いますが、ごくまじめなお願いです。

 ブログの読者さんの中には、北海道〜広島、遠くは韓国からも

 トータルリチューニングに来てくださる方がいらっしゃいます。

 

 それはものすごく嬉しいことなのですが、よほど東京に

 用事でもない限り、なかなかメンテナンスとか、時間がかかる

 ケアには難しいところがあります(泣)



 実際、そういうニーズのある読者さんから、

 「永井さんのところは遠すぎるので、自分が住んでいる近くで、良いところを

  ご存じありませんか?」という相談を、かなり受けるんです。



 だから、ぜひ、教えてください。(名前と、できればURLを<(_ _;)>押忍)

 整体系でも、他の代替医療関係でも構いません。せっかく信頼もしてくれて、

 カラダを改善する機運もおとずれている読者さんからの相談です。

 紹介できるところがぜひ欲しいです。



 遠方が前提になるので自分がお会いするのは難しいですが、ホームページを

 拝見するなりメールで連絡をとるなりしてみたいと思っています。

 (東京23区外で考えています)



※将来的には、東洋医学に限らず、いろんな形で、本気の癒やしを

 やっている信頼できる仲間ネットワークを作りたいと思っています。

 そしたら、自分がケアできない症状の患者さんにも、紹介という形で

 役に立てますから。



 お手数ですが、読者さんでココロあたりがあれば、

 ぜひ、ご一報くださいませ。よろしくお願いいたします。

 



───────────────────────────────

編集後記:

 ■ よしおさんが来院しました

───────────────────────────────



よく来院される患者さんの紹介ということで、

小島よしおさんが来られました。



とてもピュアなジェントルマンでした。



芸能関係の方って、自分がお会いした範囲では、

人格者だと初対面でがっつーんと感じるような方が

本当に多いです。



逆に、そうでないと、生き残れないのかもしれませんね。



そういえば、制作サイドをずっとやってきたひとが

言ってました。



「視聴者の人気うんぬんの前に、

 関係者に好かれないやつはすぐ消えちまうんだ」



って。





僕の仲間でカメラマンをやっているイケメンがいるんですが、



「明石家さんまさんに初めて会ったときは、

 俺たちみたいな下っ端にもすげえ丁寧に挨拶してくれて・・・

 やっぱり全然他と違うなって、感動したんよね」



と言ってました。

いい話ですねぇ。





競争が激しければ激しいほど、

まったく同じ構造が、どの業界にもありそうですねぇ。