読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●緊急時に使えるストレスケア 【拡散希望】(動画付き)

セルフケア











今回は特にストレスケアと回復力向上に力を入れてお伝えします。

動画つきです。



手軽なわりに効果が大きく、やりすぎやちょっとしたやり方の違いが

あっても問題のないものに絞っています。



ぜひ、風邪などに対する抵抗力と全身の回復力を上げ、

神経を癒し、睡眠をすこしでも深める材料にしてもらえたらと思います。

ぜひご自身にも、周りの方にも、やってあげて下さい。シェアしてあげて下さい。



(動画がわかりやすいとは思いますが、

 文章だけでもわかるように書いています)



■動画はコチラです↓










■1)頭の緊張をほぐし神経を休める方法(安心・回復力向上)



▼後頭部ラインぐるぐる:

 首と頭の付け根のラインを、両手の中指でぐるぐるとマッサージします。

 耳の真後ろにある硬いぽっこり(乳様突起)からはじめて、付け根沿いを

 一通りもんでいきます。強さは心地よい程度で、力はそんなにいりません。

 さするぐらいでも十分効果があります。



 ※痛みが強いところは特に長めにやってください。



 ⇒神経のツボが集中していまる場所なので、リラックス効果、

  頭の血行をよくして疲労を抜く効果、風邪の予防効果もあります。

  頭痛にも効果的です。


▼頭全体ぐるぐる:

 ボールを包むように両手で頭をはさみ、頭皮がよく動くように

 ぐるぐるマッサージします。

 

 ⇒これも頭の中の血行をよくしてくれて、疲れが抜けやすくなります。

  また全身の血流をあげるツボも頭には豊富にあるので、冷え対策、

  疲労対策にも使えます。





■2)感情的ストレスを軽くする+呼吸をしやすく方法



▼鎖骨の下ぐるぐる:

 右手を左の鎖骨のすぐ下にペタっとあてて、鎖骨のすぐ下にある

 ミゾをほぐすように、ぐるぐるマッサージします。逆も同じように行います。

 人差し指をピタっと鎖骨に沿わせてやると、効果が高いです。

 痛い箇所があったりしますが、ゆっくりさするようにほぐしましょう。



 ⇒寒さと緊張で固まった胸をほぐす効果、肩こりを軽減する効果、

  呼吸を深める効果、感情のストレスをやわらげる効果があります。

  (呼吸に作用している鎖骨下筋、大胸筋の動きがよくなります)




■3)総合的なストレスをケアする方法



 ▼指の溝トントン:

  左手をひろげて、その手のひらを胸の真ん中にペタっとつけます。

  (何かを誓うときにやるようなポーズです)



  この左手の甲の、薬指と小指の骨の間のミゾの部分に、ちょっと

  くぼんだ感じの良いツボがあります。(場所は厳密ではないです、

  くぼみが感じられれば大丈夫です)

  

  それが確認できたら、目を閉じてゆっくり深呼吸しながら、

  このツボを、右手の中指・人差し指の二本で、トントンたたきます。

  頭の中で呼吸の数をかぞえながら、10回呼吸するまで(吸って吐くを10回)

  トントンし続けましょう。



  ※トントンの強さは、軽くて大丈夫です。誰かを振り向かせるときに

   肩をかるくトントンとたたくときぐらいの強さで十分です。



  ⇒ストレスに特効のあるツボです。心理療法でも使われます。

   イライラがひどいときや、眠る前にぜひお使い下さい。

 

 

※ギャグみたいなネーミングでしまりがないですが(笑)、
 覚えやすさ優先ということで!
 



今、心身の元気をたもつためにも、今後の長期的な健康を

考えても、今のうちのストレスケア・予防ケアは重要です。



痛いようなやりかたをしなければ、やり過ぎや副作用はありません。

被災地の方はもちろん、みなさんにぜひともお試し頂けたらと願います。



 

トータルリチューニング院長

整体師・セラピスト

永井 峻