楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

●No122.【体】 むくんだままでは痩せられない法則






「あれ・・・?お腹のサイズがさっきとぜんぜん違うんですけど???」

患者さんが、驚くことがあります。

これは、別に特別なことをしたわけじゃなくて、
『むくみ』をとったから起こる、ごく自然なことなんです。

そして、この『むくみ』とバイバイしない限り、
痩せることも内臓を元気にすることも、ひじょ〜〜〜に、難しいんです。

そのカラクリとは・・・?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■No.122 「●健康のツボ31:
  むくんだままでは痩せられない法則」
 〜流行ものでない、ホンモノの健康を考えて、手に入れる〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※このメディアでは、
  『実際に永井や患者さんが試して、プラスの成果がハッキリ出たもの』に
   限定した情報のシェアを行っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のポイント(結論から):
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ● むくんでいる場所は、痩せにくいです。
   これは恐らく、実感のある人がほとんどじゃないでしょうか?

 ● 「顔はやせてしまうに、なぜか足は痩せなくても太さが減らない!」
  「胸は減っちゃうのに、お腹まわりは全然へこまない・・・(涙)」
   といった嘆き・・・よくあると思います。

 ※ ちなみに、男子も『自覚がない』だけで、けっこうむくんでます。
   要注意です。(特にお腹まわり、お尻周り・足)


 ● 次のチェックリスト、2つ以上あてはまるなら、
  『in the むくみトラブル』です。
 
  □ 足腰が疲れやすい (けっこう普段からだるい)
  □ おなかや足がむくんでいるし、その状態が解消されない
  □ 冷えやすい。周りの人より寒さに弱い
  □ 寝起きのとき、カラダが硬い・重い
  □ 運動不足だし、同じ姿勢でいる時間が長い

 ● むくみって、『いらんもんがたまってパンパンになってる状態』です。
   渋滞です。巡りが悪いので、燃焼効率も悪く、その部分が痩せにくい。
   考えると、自然なことですよね。

 ● だから、むくんでない場所のほうは燃焼できて痩せられるのに、
   むくみがひどい肝心な場所(おなかとか足とか)が痩せない、という
   差が出ちゃうんです。

 ※ ちなみに、むくみで滞っているのは、メインがリンパです。かつ、
   リンパの滞り → 筋肉の硬直 → 血流の滞り という怖いリンクが起こります。

   ⇒ これが内臓機能の低下につながるんです。
    (むくむと、せまくて動きにくいし、掃除もできないし、栄養も通りにくいので)
    だから、美容に関心はないという方でも、むくみは放置しちゃいけないんです。
 

 ● じゃあ、どうしたらいいかというと、方針は2つです。
   つまっちゃった水道の通りをよくするのと、よく似ています。

  1)蛇口をあける(水圧をあげる)
   ⇒ カラダでいうと、蛇口はおなかです。ここの動きをよくするために、
      ゆっくり呼吸しながら、お腹をマッサージします。仰向けでゆっくり
      呼吸しつつ、へそのうえに重ねた両手で、「の」の字をかきます。
   
      強い力は必要ありません。「中の具がぐるぐる動く」ことがポイント。
      押す、より、動かす、というイメージで3分ぐらい行いましょう。
      これだけでも、巡りが随分改善します。
   
  2)ホースの通りをよくする(通路をスムーズ化する)
   ⇒ カラダでいうと、要所となるのが、『股関節』と
     『もも裏・膝裏・ふくらはぎ』です。ここを、円を描きながら強く
     さするようなイメージで、マッサージしましょう。

  ● できるだけ短くカンタンに書きましたが、効能は無限なぐらいあります。
    代謝向上 ⇒ 痩せやすくなる、ハラが安定する、消化機能の回復、
    リンパ・血液循環の回復 ⇒ 全身の疲労回復・予防、免疫機能の向上 etc

  ● ぜひこれは、『毎日やるセルフケア』として、日常に取り入れてもらうと
    むちゃくちゃ役に立つと思います。ぜひ、お試しを(^-^)


__________
【ひとこと解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ちなみに、僕が施術でもすごく重要しているのが、股関節です。
 ここって、『カラダの中の排水溝』って言われていて、悪いモノを
 出すための大事な『出口』なんです。

 だから、ここがつまってると、ホントにいろいろ大変なんです。
 チラっと↑でも書きましたが、内臓への害が、けっこうでかいです。

 たとえば、
 婦人科系の問題がある方は、たいてい股関節に問題があります。
 (子宮とか卵巣にダイレクトで影響するため)

 男性の精力系のトラブルがあるひとも、股関節まわりの問題があることが
 多いんです。(前立腺とか膀胱とかかわってくるため)

 骨盤も、股関節がよくないとすぐ歪んでしまいます。
 歩き方も、自然にできなくなっちゃいますしね(涙)

 
 というわけで、「別にそれがし、むくんでないし・・・」という方も、
 ぜひぜひ、今回のケアは、注目してあげて下さい。
 

-------【心体脳に刻みたい!今日のポイント】------------
■「内臓ケアも、むくみ解消も、まずは股関節から!」
-----------------------------------------------------------


【お知らせ】

●おかげさまで、少人数限定で行っている整体スクールも、
 第三期となりました。今回もすでに希望者がいらっしゃるので、
 あと1人だけ追加募集してます。

 日程は、11月から毎月・第四日曜、
 11/27、12/25、1/22、2/26 の4日間に行います。

 興味のある方は、早めにご連絡下さい!(^-^)

 心体脳、それぞれの角度からセラピーができるのは、やっぱり大きな
 強みになるようです。トークも面白くなりますしね。

 ⇒ 参考の詳細ページはコチラです↓
 http://www.ht-b.jp/bh/school.html


●僕のほうが意外なほど好評だった(笑)、気のクラスも第二弾を行います。
 12/11(日)の13時〜です。

 急に気とか言われても、不思議ですよね?(笑)
 ただ、こんな便利で日本人に向いてるものも、なかなかないんですよね。
 
 興味があるひとは、ぜひ。
 不思議だからこそ、ちゃんとロジカルにお伝えしてます。
 僕も基本的には、頭でも理解できないとうまくやりにくいタイプなので(笑)

 ⇒ 詳しくはコチラへどうぞ↓
 http://www.ht-b.jp/bh/seminar/seitai_class.html


───────────────────────────────
◎編集後記:
───────────────────────────────

 最近、ラーメンの手づくりにハマっています。

 この前つくった塩タンメン、我ながらウマかった・・・
 スープは自宅の素材でも、かなりいい感じにできますね。
 
 この頃しみじみ感じるんですけど、スパイスと一緒で、
 油も二回にわけて使ったほうが美味しくなるんですよね。


 最初に入れるのは、素材に照りをつけたり、コーティングすることで
 美味しさを閉じ込めたり、うまみ(脂質)を全体に溶かし込んだりする役割。

 でも長く火を通しちゃうと、香りは死んじゃうんですよね。
 だから、仕上げにも油を入れる。
 
 炒め物、煮物、スープなんかでは、とくに効果的。
 
 油の本質って、『脂質』です。
 アホみたいにあたりまえですね(笑)

 で、脂質の本質って、『うまみ』です。
 だから、こいつの使い方がうまくなると、料理がずいぶん美味しくなるのも、
 あたりまえなんですよね。


 あ〜、鶏油(チー油)が気になるなぁ・・・。
 (オリーブオイルの2〜3倍ぐらい高いので、尻込み中(笑))