○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●No125.【体】 いかんですよ!「●●さえケアすればすべてうまく行く系」のウソ











「昔のブリキのロボじゃあるまいし、ひとのカラダの問題が、

 いっつも同じいっこの原因で起こるわきゃねえだろうよ」



                by とある熟練の医者



原因を1つにしたいと考えるのは、

ココロの弱さ、思考体力の弱さです。



今回は、健康の役に立つだけでなく、

脳にも良かったり、いいセラピストを見分ける材料にも

なるネタを、お届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■No.125 「●心体の本質・秘密13

 いかんですよ!『●●さえケアすればすべてうまく行く系』のウソ」

 〜カラダの本質を知り、一生使える健康法を身につける〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 ※このメディアでは、

  『実際に永井や患者さんが試して、プラスの成果がハッキリ出たもの』に

   限定した情報のシェアを行っています。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 今日のポイント(結論から):

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 ● 風邪、ひいてませんか? 急に寒くな(った感じにな)りましたよね。

 ● ・・・その風邪にも、原因は複数ありますよね?

 ● 腰痛だろうが、肩こりだろうが、もちろん同じことです。



 ● 症状って、『氷山の一角』でしかありません。

 ● 見えないところ(気づいてないところ)の原因がドーンとたまってます。

 ● だから、症状の出ているところ(肩こりなら肩)だけをケアしても、

   症状はおさまりません。【原因(=氷山の本体)】をケアできてないからです。



 ● 原因をケアしないで症状を治そうとするのは、モテる男になるために

   『人より何となく濃い気がする腕毛の処理』から始めるようなものです。

 ● たとえ話のIQが23ぐらいですけども、成果、出ないですよね、これ(笑)

   でも・・・健康については、よく起こってるバカな話です。

 

 ● 肩が痛い・・・というときに、肩だけマッサージするようなセラピストは

   残念ながら、三流です。せめて首、腕、上部胸椎(背骨の胸部分)あたりを

  ちゃんと診られるひとじゃないと、心配です。

 ⇒ だから、「僕の●●が痛いのって、何が原因なんスかね?」などの質問で、

   セラピストのレベルが測れます。

 ※ 業界で、【スカウター質問】と呼ばれる(予定の)スキルです(笑)

  

 ● 同じ理由で、「骨盤さえ治れば、腰痛も大丈夫、ダイエットも大丈夫!」

   みたいな、【●●万能説】をとなえるのも、嘘つきばかりです。

 ● ・・・言い方が過剰になりましたが(笑)、誇大広告兼ジャロ行きです。

   僕らのカラダはそんなにバカ単純じゃないです。

 ● もちろん、『骨盤がズレたことにも原因がある】わけですから。

 ※ 脳は「考えるのをサボりたい」というよくない衝動も持っていて、

   こういう【依存させる系】のキャッチコピーに弱いのです(涙)。要注意です。

 ● サプリとかも気をつけて下さいね。グルコサミンで膝がラクになる

   【可能性】はもちろんあります。でもそれは、原因のケアではありません。



 ● だから大切なことは、『あなたの原因』をきちんと探ることです。

   (そのための材料提供のためにも、これらの記事、書いてます)

 ● その原因をケアできない限り、症状がちゃんと改善することはありません。

   ちゃんとした病気予防もできません。

 ● でも逆に、『あなたの原因』をちゃんとケアできるなら・・・

   かなり小さな手間とお金で、大きな効果が期待できます。



 ● モテない原因が太すぎる眉毛だって本当にハッキリしてるなら、

   眉毛を整える5分ぐらいで、大きな結果が出るんです(笑)

 



【原因ケア主義】でいましょうね。

仕事でも、健康でも、コミュニケーションでも。



__________

【ひとこと解説】

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



PDCAって、仕事でも言いますよね。

でも僕がビジネススクールとかでも教えているのは、

これにR(リサーチ)を付け加えたものです。



「まず、調べんかい」と。



調べてからじゃないと、ロクなプランなんて出てこんわい、と。

だから、P(プラン)の前にR(リサーチ)が必要なんです。



ほんと、抜けやすいんですよね、この、R。

これをちゃんとやらないと、経営も仕事も施術もコミュニケーションも、

うまくいくわけがないのに。



『下手な鉄砲、数打ちゃあたる』と言いますが、

それ、ひとのカラダとか、迷惑のリスクがある仕事では

絶対やっちゃいけないですよね・・・。





-------【心体脳に刻みたい!今日のポイント】------------

■「【原因ケア主義】でいることが、あなたの脳力とサイフを守る」

-----------------------------------------------------------





【お知らせ】



● 整体にだって面白さは欲しいなぁ、と思ったり、カラダの可能性を

  知るお手伝いも深めたいな・・・と思ったりで。

  

  カフェ的に、メニューを作ってみました(笑)

  メインディッシュは『回復力の根本的向上』と『症状の原因からの緩和』ですが、

  体質改善というデザートも、いかがでしょう?ということで。



  ご興味があれば、ご覧ください(^-^)

  http://www.ht-b.jp/bh/shiryo/menu.pdf







───────────────────────────────

◎編集後記:

───────────────────────────────



「俺は、鬼のようにモテたいんだ・・・」



僕の友達のエースケくんは、いつも言っていました。

中学2年生の頃です。

(もしかしたら、今も言っているかも知れませんけども(笑))



彼は・・・



 ● いきなり髪を茶色に染めてみたり

 ● ばあちゃんからお金を借りてカッコいい高級スニーカーを買ってみたり

   (ハイテク系・・・という懐かしい、あの種のやつです(笑))

 ● 急に「今日の給食、揚げパンじゃん」と、標準語を装ってみたり

 ● 学生服をつめて、ヤンキーのふりを始めてみたり

 ● 激やせしてみあり (これが一番すごくて、半年で9kg減)



・・・という荒行(笑)を繰り返しました。





しかし、

恐らくあなたも予想できるとおり、

モテるようには、全くなりませんでした(涙)

(笑いはたくさんとれるようになりました)



当時の僕から見ても、あきらかでしたもんね。

「いやいや、モテない理由は、もっとメンタル系だろうがよ」と。





彼も成果が出ないことにイライラしはじめます。

神様のせいにしたりもしながら、それでも希望の光を模索しました。

メンズノンノもホットドックもブーンも読みあさりました。



そうです、

彼ははじめて、【リサーチ】をやったんです。少しだけ。



そのはじめての努力の結果、

彼がたどり着いた新しいマニュフェストは・・・



「もっと男らしくなるべきだ」



というもの。





「お、ようやくまともな路線に近づいてきとる」



・・・と思った、その翌日。





なんと、

彼の【まつ毛】が完全になくなっていました(笑)

一本もない、荒野です。【目ハゲ】です。ハゲ目?



なんだかもう、

彼を見た僕たちのほうが、真っ白な灰になりました。





「俺が男らしくない原因は、まつ毛だ!」



・・・彼は前日の夜、そう分析したのでしょう。



モテるようになるために、まつ毛を全部抜く。

そんなの、聞いたことねえですよね。



だいたいそんなウソ、どの雑誌に書いてあったんだ?(笑)





でもエースケ君の尊い犠牲のおかげで、

当時の僕にもわかったことがあります。



 ● まつげがないと、むちゃくちゃまぶしい(エースケ談)。

 ● まつげがないと、見た目がとてつもなく変。マンモス変。

 ● まつげがなくても、男らしさは1ミリも上がらない。

 ● 悲劇と喜劇は、紙一重である。

 ● 原因に合わない努力は、まさに【不毛】。





・・・ということで、きれいにまとまりました。



皆さんも、『●●万能説』とか、

『なんでも一個の原因に片付けたがるひとや衝動』には

強く強く、気をつけましょう。