読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●156.【心】 自分用の『幸せレシピ』を作る方法3(作成手順)

心のビタミン







幸せレシピ。



これが意外なほど好評で、

「もう一歩、具体的な作り方を教えて下さい!」

というリクエストをもらいました。



ありがとうございます。



リクエストにお応えして今回は、

『レシピ化までの手順』を書いてみました。



宝石・・・というか『原石』に詳しくなれば、

同じ場所を歩いても、たくさんの宝物を見つけられます。



ぜひ、お役立て下さい。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■No.155 「●ココロのビタミン30

 自分用の『幸せレシピ』を作る方法3」

 〜病も健康も気から。ココロとの付き合い方を学ぶ〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 今日のポイント:

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 ※ 前回までのあらすじ。



  『幸せは超個人的なものだから、万人に共通なもの

   でなく、個人的な幸せ条件 = ものさし』を

   持ちましょう!



  ⇒ その『ものさし』を作る7つの素材は、

   1)『生産系(性)』

   2)『娯楽系(性)』

   3)『成長・投資系(性)』

   4)『回復・癒し系(性)』

   5)『絆系(性)』

   6)『ワナ系(性)』

   7)『その他』

    ・・・という7つです。

 

  ⇒ この中でも、6と7は『避けるべきもの』なので、

    1〜5について、「あなたがどれを重視するか」

    という『ランキング』をつけましょう。



  ⇒ そしたら、『人生のあらゆる場面』において、

    『本当に自分のためになる、幸せが増える選択』を

    する心強い基準になりまっせ!



  ⇒ これをもとに、何を買うか・買わないか、どういう

    仕事を選ぶか、時間の使い方をするか、という判断を

    していけば、



    あなたの人生の最重要資源である、

    『お金』、『時間』、『心身の体力』は、最大活用され、

    減るどころか増えていきまっせ!



  ・・・という提案をしてきました。

  

 ● ここまでで、基本的な考え方はご理解いただけた

   んじゃないかと思います。



   ( 詳しくは↓をご参照ください )

   ▼ 『幸せレシピの作り方1』http://amba.to/V3ihHa

   ▼ 『幸せレシピの作り方2』http://amba.to/V3ijP9



 --------------------



 ● さて今日は、

   その先の、『手順』です。



 ● ポイントとして、

  『A4』もしくは『手帳1ページ』分ぐらいにまとめましょう。

  『持ち歩ける』ことが大切です。



 ● なぜかというと、

  「わかっちゃいるのに、ちゃんと実行できない!」

   ということが、5割でもやれれば、驚くような変化が

   人生に起きるんですけど、



   「単純に、普段わすれてて意識もしないから」

   というのが、『実行できない理由』のメインだから。



   ・・・です。



 ● だから、持ち歩きましょう。



   目標を持っている人は少なく、

   それを紙に書いている人はさらに少なく、

   その紙を持ち歩いて定期でチェックしている人はもっと少ない。



   ・・・みたいなことで、3番目のグループの収入が

   圧倒的に多い、という話がよくあります。



 ● それは、

   引き寄せがうんぬん・・・みたいな話もありますけど、

   単純に「忘れることなく意識してたから行動に反映されやすかった」

   ということが何より大切な根拠だと思います。



 ● というわけでオススメしたいのは、

  1.優先順位ベスト5(= 幸せのものさし)をまず書き出す。

  2.1のそれぞれのテーマについて、

     『費用対幸福』が高いもののリストを書き出す

  3.1と2を定期的にチェックし、更新していく。

    (より満足できるものに作り込んでいく)

 

  ・・・という3ステップです。



  それぞれ、ポイントを解説します。



 ● 1.優先順位ベスト5(= 幸せのものさし)をまず書き出す。

 

  これがやはり根本になります。

  これさえブレずに守れたら、不幸への道を直進することは

  かなり高い確率で回避できます。

 

   1)『生産系(性)』

   2)『娯楽系(性)』

   3)『成長・投資系(性)』

   4)『回復・癒し系(性)』

   5)『絆系(性)』

   (あればその他に追加も可)

    

  この5つ(+α)に、あなたなりの順位をつけて、

  1位〜5位の順で、書き込んでおきましょう。



  何かに迷う度に、見直せるコンパスになります。

  そしたら、進みたい方向に戻れるようになります。



 ※ ちなみに間違いやすいのは、1)『生産性』です。

   これを優先順位の1位にしてずっと生きていると、

   『人生がどんどん先細りに痩せていく』ことになります。



 ● 2.1のそれぞれのテーマについて

     『費用対幸福』が高いもののリストを書き出す



   それぞれコツみたいなものを・・・



  1)『生産系(性)』

   ※ 簡単に言えば、「お金になりやすい行動」。

   ▼ メインの仕事以外にも、作っておけたら理想。(副収入源)

   ▼ 仕事の中でも、『評価されやすい行動』、

     『利益につながりやすい行動』の代表例を書き出しておく。



  2)『娯楽系(性)』

   ※ 簡単に言えば、「楽しさが大きい行動」

   ▼ とびきりなやつ と 手軽なやつの両方を書き出しておく

   ▼ 自宅で一人でもできるものも用意できると◎

   ▼ 無料でできて、『回復・癒し』も兼ねるものなど、最高。



  3)『成長・投資系(性)』

   ※ 簡単に言えば、「将来の収入や豊かさを増やす行動」

   ▼ 代表的なパターンは『自己訓練系』と『準備系』。

   ▼ 『今の仕事』をやり『ながら』実行できるものが設定

     できると理想

   ▼ 1の『生産性』を兼ねるものだと最高

   ▼ 2の『娯楽性』も重なってくると、もっと最高

   ※ これは長期でもっとも人生を左右しうるものなので、

     ぜひ秀逸なものを設定しましょう。



  4)『回復・癒し系(性)』

   ※ 簡単に言えば、「心や体や頭が休まる行動」

   ▼ 自宅で一人でやれるもの と 人一緒にやれるもの の

     両方を設定できたほうが良いです。

    (根っこには必ず、人の力を借りないと回復しない部分が

     あります。)

   ▼ 『カラダを使う系のもの』があると良いです。

    (頭の疲れが疲労のメインなのが現代なので、頭を

     使う癒し系は、癒し効果が上がりにくいため)



  5)『絆系(性)』

   ※ 簡単に言えば、「人との関係性が育つ行動」

   ▼ 色んな個々の事情もあるかと思いますが、

     家族との絆を深める行動は必ず設定しましょう。

   ※ 「死ぬときに後悔すること」の大代表が、

     「家族をもっと大切にしたら良かった」というものです。

   ▼ これも、長期的に人生を支えてくれる大切な項目です。

   ※ 一人で本当に幸せに(心が削れずに)生きていけるように

     人はできていませんし、

   ※ ここを充実させる気持ちがないと他のすべて

     (『生産性』『娯楽性』『成長・投資性』『回復・癒し性』)

     が伸び悩み、やがて削れていく、という法則があります。



   ・・・というあたりが、

   それぞれのテーマを満たす行動を書き出す上で、

   大切なポイントです。



   また、ものすごく大切なことは・・・



 ● 3.1と2を定期的にチェックし、更新していく。

    (より満足できるものに作り込んでいく)



   ・・・ということです。



  中には、



  「まじめに仕事ばっかりし過ぎてて、

   娯楽性や回復・癒し性の高い行動が思いつかない」とか



  「上京して社会人になって以来、実家の家族と

   疎遠になりすぎて、絆系の行動に、家族と関わるものが

   ぜんぜん出て来ない」



  ・・・みたいなケースがあると思います。



  それぞれ、偏りがあるはずだからです。

  

  そして、

  『その偏りに今のうちに気づけること』こそ、

  一番大切なことです。



  行動が思いつかない、わからない、

  というテーマがあるなら、大チャンスです。

  

  人に聞いてでも、調べてでも、本を読んででも

  自分の過去をさかのぼってでも、

  各テーマごとに、あなたにあった行動を設定しましょう。



  それこそ、『幸せレシピ』です。

  人生が傾いていくリスクを、未然に調整する確実な

  方策になってくれます。



 ※ こうやってできたレシピを、

   できれば毎日、少なくとも週に1回は見直すこと。

   月に1回は、更新したり、2のリストを書き足していくこと。



  それが、

  より確実な『幸せレシピ』を作り上げることにもつながり、

  意識向上にもつながります。



  何より、

  この『意識向上』は、『幸せアンテナを強化する』

  ようなものですから、

 

  「日常の中に転がっていて、普通に生活してたら気づかず

   スルーしてたような幸せのタネ」

  に気づきやすくなる、という特大メリットがあります。



  定期チェック・更新、一番ぐらい、大事です。 

  『幸せアンテナ』は、バリ3(最近は5?)にしておきましょう。





 ● というわけで、

   クドクドと書いてきましたが、ぜひ・・・



  1.優先順位ベスト5(= 幸せのものさし)をまず書き出す。

  2.1のそれぞれのテーマについて、

     『費用対幸福』が高いもののリストを書き出す

  3.1と2を定期的にチェックし、更新していく。

    (より満足できるものに作り込んでいく)





 ・・・を、お試しあれ。





 ちょうど、年末も近づいて、

 これ系のことにちょうど良い時期ですしね(笑)





____________________

【 ひとこと解説 または関連する雑談 】

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 たとえば、永井の場合は・・・



 完全に『健康オタク』なので『本を読む』という行為が、

 『娯楽性』も『成長・投資性』も『回復・癒やし性』も

 兼ねてくれます。

 

 ⇒ 本は、金額の割に満足度も質もかなり高いもんだとよく思います。





 『施術オタク』でもあるので、

 週一回やっている嫁への施術(の練習)は、

 『娯楽性』にも『成長・投資性』にも『絆性』にも貢献します。



 ⇒ これは無料な上に、収入源(技術=商品)も強化してくれます。

 ⇒ 嫁にとってみても、体調・体力・脳力(発揮率)が上がるため、

  『生産性』『娯楽性』『成長・投資系』『回復・癒し系』

  『絆性』にもプラスになります。



 ・・・みたいなものが、

 すごく『費用対幸福』の高い行動です。



 

 おそらく、

 一般的に『費用対幸福』が高い行動のサンプルをあげるなら、

 

 ・ 掃除

 ・ 料理

 ・ ウォーキング

 ・ 読書

 ・ 映画

 ・ 音楽

 ・ 会話など、生のコミュニケーション



 などでしょうか。



 逆に、

 『実は費用対幸福が低いのについハマってしまうワナ』に

 なりやすいのが・・・



 ・テレビ(のやり過ぎ)

 ・ゲーム(のやり過ぎ)

 ・SNS(のやり過ぎ)

 ・酒(の飲み過ぎ)

 ・ギャンブル(のやり過ぎ)

 ・健康系商品(笑)

 ・ダイエット系商品・サービス(笑)

 

 などなどかな、と予想します。



 もちろん、個人差、あるでしょうけども。



 ご参考まで!







-------【心体脳に刻みたい!今日のポイント】------------

■「費用対幸福の高いものリスト」を作り、日々チェック・更新する

-----------------------------------------------------------





【お知らせ】



 ● 施術メニューのバージョンUPを行います。



   10月から『患者さん満足度アンケート』をとらせて

   もらってきた内容を受けて・・・

   

   感動したり反省したり改善したり準備したりと、

   バッタバタともがいてきたのですが、ようやく

   まとまってきました。



   リクエストの『ベスト3』は・・・



  ▼1) 「予約が埋まりすぎてとれないのを何とかして欲しい(涙)」

  ▼2) 「今よりさらに治療効果をUPして欲しい」

  ▼3) 「今の治療技術を活かした美容系のサービスもやって欲しい」

  ・・・というものでした。

  

  これを受けて、わたくし、燃えました(笑)<(_ _)>



  最近じわじわと腕を磨いてきたスキルが、

  カラダの奥の方に働きかけるものばかりなので、



  肌(≒ 血行の質)や

  脳(≒ 回復力の根本・疲労の予防力)、

  基礎代謝(≒ やせやすさ)に貢献するものも多かったのが

  これ幸いで、



  新メニューをつくることでそれぞれのご要望に

  お応えできそうです。



  内容はほぼできていて、

  (と言ってもここ半年ぐらいずっと作ってたけど(笑))

  12月からスタートしたいと思っています。



  また改めてお知らせします。



 ● メルマガの移行をついに始めます。内容は変わりません。

   広告が減り、作業負担もへるため、質はあがると思います。



   もうしばらくはまぐまぐさんでの配信も続けますが、

   引き続き、読んで頂ける方は、ぜひ↓のページから

   登録して下さい。

 

  (名前とアドレスを入力するだけで、10秒ぐらいでできます)



  ▼ メルマガ登録ページ ↓ 

  http://www.ht-b.jp/bh/mail_magazine.html







───────────────────────────────

◎編集後記:

───────────────────────────────



 新メニューをつくるときに、



 「今やっている質を落とさずに(むしろ上げて)、

  所要時間を半分にしてみる」



 ・・・というマゾな遊びをいくつもやりました。



 なぜなら、

 新しく覚えた療法を、できるだけたくさん

 入れたいと思ったからです。



 勉強と一緒で、

 「脳がきちんと情報(刺激)をうけとっていられる時間」には

 限界があるので、



 施術時間があんまり長くても

 プラスってあんまりないんです。



 (やっぱり突き詰めれば突き詰めるほど、最適な上限は

  60分ぐらいっぽいです。そのあとは、それこそ

  『時間対効果』が落ち始めることがわかってきました)



 学校の授業が50分前後なのも、

 脳の体力にあわせて設定されてるんですよね。

 一番集中力が高いのは、最初の25分ぐらいです。

 (あとは最後の5分ぐらい)



 だから、

 『ギュっと濃縮したカルピス』みたいな

 施術にしたかったんです。



 「一切薄めずに飲め!」的な。



 

 この『半分化ゲーム』、

 めちゃくちゃ勉強になりました。



 半分にまで濃縮しようとすると、

 本質をとことん突き詰めて、不要なもの、優先順位の

 ひくいパーツを削りまくるしかないんです。

 

 だから、

 できあがってたプラモデルを全部一回分解して

 作り直すような活動でした。



 でも習慣って怖いもので、



 「これはやっぱりどうしてもはずせないな」という

 ものがある一方で、



 「よく考えたら、これ、全然削っても問題ないな。

  なんで貴重な時間を使っちゃってたんだろう」

 という部分も、けっこう見つかりました。



 カラダだけじゃなく、

 習慣も『メタボ化』していくんだなぁ、と。



 怖いことではありますけど、

 施術に限らず、生活全般において、

 『知らず知らずのうちにメタボ化した習慣』があるはずで・・・



 こうやって見直す機会があると、

 けっこうなポテンシャルが眠ってるんだな、と

 実感した次第でした。



 

 やってみると面白いかもしれませんね。

 『今の半分の時間で、よりきれいに仕上げる風呂掃除』とか(笑)