読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●176【心】 制約=不自由という誤解









「何でもアリになっちゃうと、

 映画なんてなんも面白くなくなっちゃうんだぞ」

         (ハードボイルド系の映画好き)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

心体脳の健康と能力をベスト化する方法 ●No.176



 ■【心】『限定=不自由という誤解』               

  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 今日のポイント:

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



●「クリリンはもう死ねないのに!」

 ・・・多くの人が、一度は思ったことがあるでしょう。

 

 ドラゴンボールの戦いの中で、

 僕らに大きな緊張感やスリルを与えてくれていた、クリリン。

 ・・・というか、シェンロンの『制約』。



 「同じ人間は、一度しか生き返らせることができない」

 というもの。



●まぁこれは、のちに突破されるわけですが、

 この『制約(限界)』があったことで、物語は

 大きく面白さを増していました。



●冒頭のセリフにもありますが、

 「何でもアリ」というのは、面白くないものです。



 サッカーにおけるハンドがいい例です。

 もし手を使っていいルールになっちゃったら、

 サッカーの面白さは半分以下になるでしょう。



 手が使えないから、工夫や努力の余地が生まれ、

 感動を呼ぶわけです。



 バレーボールも「地面に一度もついちゃいけない」

 という制約は最重要ですね。

 

 あれが「一回はついていいよ」ってなっちゃうと、

 スリルも何もないことになっちゃう。



●というように、とても大事なことは、

 「自由すぎると、けっこうつまんないよ」ということ。

 

 そして逆に言えば、

 「限定や制約は、イコール不自由ではないよ」ということ。

 むしろ、「面白さの源泉にもなりうるよ」ということです。



●『○○甲斐』というのは、

 充実や幸せを得るために、すごく有効なキーワードだと思います。



 やり甲斐

 働き甲斐

 生き甲斐



 どれも、その中身を考えると、

 『歯ごたえ』とも呼ぶべきもので、ミもフタもない言い方を

 してしまえば、『制約』の一種です。



 違うのは、こちらのスタンス(態度)です。



●その『制約』の前に思考停止をしてしまって、

 「もうダメだ・・・」となれば、不自由でありただの負担です。



 でも、その『制約』に立ち向かって

 「何とかしてやるぞ!」とハラが決まって入れば、

 超えるべき壁であり、やり甲斐です。



●ここに隠されている大切なポイントは、

 「完全な自由」は人を幸福にしないことが多く、

 逆に「ある程度の不自由」は、人に刺激やスリルを

 与えるスパイスになる、ということです。



●不自由はある意味、どこにでも転がっている前提です。

 ただ、その不自由の中でうまく泳ぐ工夫をしてこそ、

 やり甲斐や面白みや向上がある。



 もしかしたら、本当に体感できる自由は、

 不自由の中にあるのかもしれません。



 僕は独立したとき、これを強く実感しました。



 うまくいって当たり前のことを何の苦労もなく消費し続けるより、

 ある程度の困難を自分の智恵と能力で乗り越えていく、

 そういう突破力のあるスタンスにこそ自由の本質がある。



 ・・・という考え方、どうでしょうか。

 

 ちょっとマジメくさいですけど、

 夢と実益を兼ねているアイディアとして、

 ぜひ活用してみて下さい。







-------【心体脳に刻みたい!今日のポイント】------------

■「不自由の中を泳ぐ面白みを見つけていく」

-----------------------------------------------------------



※ Facebookで、「ここだけのネタ」もちょくちょく

  書いてます。よかったらぜひ、「いいね!」して下さい!



 ⇒ http://on.fb.me/r7N8N0

  (「ノート」にて、プレゼント資料もゲットできます)





【お知らせ】



●新しく、背骨の調整のスキルを習得してきました。

 もう施術に導入していますが、回復力が面白い具合に上がっています。



 背骨に弾力が出てくると『バネ』が良くなるので、

 運動能力があがり、疲れにくくなります。



 強い刺激ではないので、いい状態が長持ちしやすい手法です。

 この機会に、基礎をみなおすいい機会になりました。

 

 いやー、カラダは本当に面白いですね。大事に扱うと、

 予想以上のお返しをしてくれます。



 精進します。

 



───────────────────────────────

◎編集後記:

───────────────────────────────



大好きだったお寿司屋さんが、

ものすごく不調です。



あんなに美味しかったのに、

なんということでしょう・・・。



こちらで推薦したこともあったかと思いますが、

『回し寿司 活』という美登利寿司系の回転寿司です。



ここの渋谷店が、不調なんです。



「一時的なものに違いない、俺たちが信じないで

 どうするんだ!」



的な情熱を持って美味しくなくなってからも

3回ほど行きましたが、復活せず・・・



ショックが重なるばかりなので(笑)

「他の店舗は違うんじゃないか?」とワラにもすがる思いで、

池袋店に行きました。



そしたら、



なんと、



めっちゃ美味しいじゃないですか・・・(涙)

久しぶりの感動に、2リットルぐらい食いました。





なんなんですかねー、

チェーンなのに、あんなに違いがあっていいのかしら。

そして、なんであんなに味が落ちちゃったんでしょうか。



答えはわかりませんが、

オススメできるのは池袋店(または目黒店)ということで、

情報更新しておきたく思った次第です。



渋谷店の看板息子、ファンだったんだけどなー(笑)