○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●189【体】※6/27出版決定!! むくみとコーヒー、チョコレートの関係









「むくんだら冷える。冷えを覆うように、脂肪がつく」

          (意外と知られていない太る原則)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 心体脳の健康と能力をベスト化する方法 ●No.189

  ■『 むくみとコーヒー、チョコレートの関係』           

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



_______________________________

 ■ 今日のポイント:

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



●結論から言ってしまいましょう。

 「チョコレートはもちろん、コーヒーも、太る原因です」



 これを断言できてしまうのは、

 なぜでしょうか?



●冒頭でも書きましたが、

 いくつかある「太る原則」の中に、こういうものがあります。



 要は、

 「冷えからカラダを守るために脂肪をつける」

 というカラダの反応(判断)がある、というものです。



 むくんでいる場所は、

 ただでさえ巡りが悪い → 体温が低い → 代謝が落ちる

 というサイクルで太りやすい上に、冷えているのを

 守ろうとするために脂肪が付きやすい、という・・・。



 恐ろしい話ですね。



●でも実際、思い出してみて下さい。

 

 太りやすいところ。

 お腹、脚、顔、二の腕・・・

 どれも、「=むくみやすいところ」なんです、実際。





●で、話は戻りますが、

 なぜ、コーヒーが太る原因になるのか?



 それは、コーヒーをたくさん飲むと、むくむからです。



 コーヒー → カフェインの利尿作用が膀胱に負担

 → 水の巡りが落ちてむくむ



 &カフェインの興奮作用が自律神経系に負担

 → 血行が落ちるためにむくむ



 という二重のルートで、むくみを加速します。



 カフェインは腎臓にも負担となるため、

 体温調節の機能が落ち、冷えにも関わります。



 そのため、二重のむくみ&その影響による冷え&

 腎臓経由の冷え・・・というかなりの相乗効果で、

 

 むくみ & 冷え & 太りやすさ を

 実現してしまうのが、コーヒーなんです(涙)



●もちろん、

 コーヒー好きな人にとっては、ゼロにするのはとても

 辛いものだと思います。



 なので、ゼロにまでするのは辞めましょう。

 辛いことがストレスになるなら、有効ではありません。



 だから、

 「ストレスじゃない範囲で減らす」ので、充分です。

 

●「別に、あるからコーヒーを飲むだけでこだわりは

  ありません」という人は、別のものに替えると

  良いでしょう。



 ただし、

 緑茶、紅茶、などの代表的な飲料は、コーヒーと同じく

 カフェインがどっちゃり入っているので、やはり

 できるだけ避けたいものです。



 (緑茶は特にカラダに良い印象がありますが、カフェイン

  だけでなく、カテキンを取り過ぎると良い菌まで

  抑制したり、カラダを冷やす効果が強すぎたりして

  けっこうなリスクになります)



●やはり無難なのは、

 常温の水、味のない炭酸水、麦茶、杜仲茶、ルイボスティー、

 そば茶、黒豆茶・・・あたりです。



●飲み物は吸収が良い分、

 食べものよりも悪影響がスムーズに届いたりします。



 夏場は特に、これらに気をつけるだけで

 体調がずいぶん違ってくるので、

 ぜひ参考にしてみて下さい。



 ではでは、お大事に!





-------【心体脳に刻みたい!今日のポイント】------------

 ■大人になったからこそ、童心を大切にするべし。

-----------------------------------------------------------



【お知らせ】



●出版が6/27(金)に決定しました。

 「おなかケア+3つのオマケ」という内容です。



 内臓、背骨、骨盤、血行というマニアックものの

 健康度を誰にでもできる方法に・・・というテーマなので、

 モニターチェックを入念にやってます。



 いやーしかし、むくみが取れるだけで、

 ほんと、お腹も顔も、印象が変わるもんですねー。



 近々、アマゾンなどでの購入ページもできてくると思いますが、

 自前の案内ページができましたので、まずはお知らせします。

 (購入リンクはまだありません)



 自分で言うのもナンですが、役に立つのはもちろん、

 読み物としてもかなり面白いと思います(笑)



 概要、ぜひチェックしてみて下さい!

 http://www.ht-b.jp/bh/book/onaka_momiage.html



※ LINE予約もOKです!(nagai_tr で検索して下さい)



※ Facebookで、「ここだけの健康雑学ネタ」もちょくちょく

  書いてます。よかったらぜひ、「いいね!」して下さい。

 ⇒ http://on.fb.me/r7N8N0

  (「ノート」にて、プレゼント資料もゲットできます)





───────────────────────────────

 ◎ 編集後記:

───────────────────────────────

 
 

ワールドカップが楽しみ過ぎるのですが、

大丈夫でしょうか・・・。



お客さんたちには、



「僕、オンタイムで見られずに録画していることが多いので、

 サッカーの結果については触れないで下さい。

 お願いします!!(涙)」



・・・と、お願いしています(笑)



ザンビア戦の4点目。



青山選手の針の穴を通すようなロングパス

→ 大久保選手の美しすぎるトラップ&シュートは、

奇跡的とも言える流れでしたね。



そして、ケガをしている選手がいるとすぐ、

「あの選手にはちゃんとしたセラピストが

 ついているのか!!」と勝手にハラハラします(笑)



サッカーへの愛も育ち続けているし、

日本という国への愛も育ち続けているので、

ワールドカップへの情熱が沸騰してくるのも、

自然なことですね。



いやー、楽しみだなぁ。

ブラジル行きたいなぁ・・・