楽ゆる式◎セルフケア整体

こころとカラダが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●197【脳】「信じる」ことより、「念じる」ことから。


 
「イメージには、言葉の2倍もの力がある」
              (脳生理学)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 心体脳の健康と能力をベスト化する方法 ●No.197
  ■『 「信じる」ことより、「念じる」ことから。 』           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
_______________________________
 ■ 今日の本題:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
●僕は、「自信」というのものを信用していません。
  
 今までできなかったことについて、
 「自信がなかったことが原因だ」と考えらえるものは
 ないですし(キッパリ)、
 
 今までできたことについて、
 「自信があったからできたんだな」と思えるものも、
 ほとんどありません。
 
●もちろん、自信が欲しいと思ったことはありますよ?
 もともとが不安人間ですから(笑)
 
 でも、自信が元での大失敗は、身近なケースも含めて
 多数見てきました。
 
 それに、自信があるように見える偉人でも、
 「自信があるから自信があるように見えるわけでもない」
 という一見矛盾した事実も知りました。
 
 いつかの記事でも書いた気がしますが、
 本当に自信があるように見える人には、「確信」がある。
 自信とはちょっと違うんですよね。
 
●僕も6月に本を書きました。
 そしておかげさまで、4刷りまで行き、現代としては
 なかなかの売れ行きと言われるまでになってくれました。
 (ありがとうございます)
 
 ただ、ずっと違和感があったことがあります。
 
 本を書く前は、
 「本を書こうと思うなんて、よほど自信があるんだね」
 と言われたり、
 
 本を書いたら書いたで、
 「本を書けるなんて、よほど自信があったんだね」
 と言われるわけです。
 
 ・・・いやいや、ちょっと待ちんさい、と(笑)
 
●未だに僕は、
 「自信がありますか?」と聞かれたら、答えは「NO」です。
 
 自信なんてなくて、自分の能力や価値に安心できないから、
 勉強したり、そのモチベーションや練り上げのために
 こういう記事を書いたりしてるわけで。
 
 スクールを開催したり、本を書いたりしていますが、
 それは「自分に自信がある」わけではなく、
 「施術法や健康法の成果には確信がある」からなんです。
 
 実際、すごい数の人が良くなっていってるの、
 見てますからね。それは自信とかの問題じゃなくて、
 ただの事実なんです。
 
●だから、僕は「すごい人」なんかではもちろんなく、
 「すごい事実や仕組み」を「伝達しようともがく人」なんです。
 たぶん、「長目に、粘り強めに、もがく人」。
 
 自分は信じていないけど、
 事実は信じられます。
 
 近所のスーパーで98円のキャベツが美味しかったら、
 「あすこのスーパー、キャベツ安いよ!」
 って、言えるはずなんです、堂々と。
 
 だって、そこに疑念はないですもんね。
 自信なんていらないはずなんです。
 
 それと同じで、
 ある健康法を試してもらって何人もの肩こりが治ったら、
 「この健康法、いいですよ!」って言えるんです。
 堂々と。
 
 キャベツと同じなんです(笑)
 
●僕はそのために「実験をやりまくる数」は、
 きっと多いのでしょう。効果がいつもちゃんと出ないと
 (再現性が高くないと)、紹介する価値がないからです。
 
 でもその裏にあるのは、「自信がないから」なんです。
 僕だけの体験なんて、信用できないから。
 
 そういう意味で言えば、僕は「自信」のかわりに
 「確信」を得るほうに走っている、とも言えますね。
 
●だから僕は、「自信」なんてものを信用してないんです。
 確信を得ようとしたとき、自信はむしろジャマです。
 (過信になると、実験の精度が落ちるため)
 
 ただ、価値があるとすれば、「念じる」ことだと思います。
 
●本を書ける自信なんて別になかったけど、
 本になるぐらいの価値が「おなかもみ上げ」という健康法に
 あるという確信はありました。
 
 そして、本になったときを、ずっとイメージしてました。
 表紙を、目次を、実行してくれている読者さんを。
 
 それは最初、あいまいなイメージでした。
 
 でもそれじゃダメなのはわかるから、
 実際に書いてみたり、手本となるものを読んでみたり、
 親しい人に実験してもらったりしてきました。
 
 そしたら、イメージの質があがっていきました。
 より具体的に、より鮮明に。
 
●それはモチベーションとなり、関連する情報に自然に
 気づかせてくれるアンテナともなり、確信を深めてくれる
 経験値にもなりました。
 
 写真のように、鮮明に。
 自分の理想の状態を思い描くこと。
 
 「今」、「心」と書いて「念」ですが、
 求める未来が今、心に見える(イメージできる)ように
 していくこと。足りなければ、その材料を集めること。
 
 信じるより、念じる。
 
 信じる者も救われるかもしれないけれど、
 念じる者は、もっと救われる。
 
 なんだか、こっちを信じた(笑)ほうが、
 いくつもの意味で、プラスだという気がするんですよね。
 
 
-------【心体脳に刻みたい!今日のポイント】------------
 ■ 念じるための、材料を集める
-----------------------------------------------------------
 
【お知らせ】
 
●次の1月からの整体スクールの初級コースは、
 枠が埋まったため、募集が完了となりました。
 たくさんのご応募、ありがとうございました!
 
 また今回間に合わなかった方、すみません。
 また次回、タイミングがあえば、ぜひ!
 (半年に1回ぐらい、開催していく予定です)
 
●『知る人ぞ知る、「ゆさぶレッチ」が復活します』
 
 出版社さんから、2冊目の執筆依頼がありました!!
 そして何と、お蔵入りになっていた「ゆさぶレッチ」が復活です。
 
 あれをさらに改良したものを、本にまとめて出します(T-T)
 (ネーミングも、ちょっと変わるかもしれません)
 
 企画も原稿もバリバリできてたのに、とある事情で、
 2年間以上も封印されてました(わしゃピッコロ大魔王か)
  
 でも「待ってますから、いつか出してね」って言ってくれた人が
 何人もいて、僕は本当に支えられました。忘れられない・・・。
 
 だから、元の原稿はあったんですけど、全部書き直してます(笑)
 めちゃくちゃ良いものに改造して、お返ししたいと思ってます。
 
 12月末か新年早々の出版を目指して、実験&制作中です。
 今度は、肉体疲労を「根こそぎ」引っこ抜く系になりそうです。
 ぜひお楽しみに!
 
 (●●痛が治るものにして!というリクエストがあれば、
  今のうちにお知らせ下さいね)
 
※ LINE予約もOKです!(nagai_tr で検索して下さい)
 
※ Facebookで、「ここだけの健康雑学ネタ」もちょくちょく
  書いてます。よかったらぜひ、「いいね!」して下さい。
 ⇒ http://on.fb.me/r7N8N0
  (「ノート」にて、プレゼント資料もゲットできます)
 
 
───────────────────────────────
 ◎ 編集後記:
───────────────────────────────
 
先日、嫁に教わって、
生まれて初めてイカをさばきました。
 
あれ、面白いですね。
特に皮をはぐところが難しくて、
一匹目は「ムキーーーッ」ってなりました(笑)
 
ただ何事にも、上達って、あるんですね。
 
今僕、「生涯イカさばき歴」が4匹なのですが、
4匹目のときのスピード、落ち着き、視野、仕上がり、
目力などは、1匹目の自分とは比べものになりません。
 
ただの下手な素人だからこその感動なんですけども(笑)、
新しいことを覚えるのって、嬉しいものですね、やっぱり。
 
おっさんになってきたからこそ、
こういう機会を大切にしたいなぁ。
 
自分でさばくと、お金も半分以下で済みますしね。
 
料理を趣味にするのって、極端に走りさえしなければ、
メリット、むっちゃ多いですね。