○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●202【心】独楽(こま)のように生きる


 
「ブレたことがない奴なんてな、何の面白みもねえぞ。
 人間の芯ってのは、ブレながら探すもんなんだ。」
      (下ネタか名言しか言わない数学教師)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 心体脳の健康と能力をベスト化する方法 ●No.202
  ■『 独楽(こま)のように生きる 』           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
●小さい頃、
 独楽(こま)まわし、やりました?
 
 世代によっては、ベーゴマでしょうか?
 
 僕の頃は、小学4年生ぐらいの頃に大流行して、
 「独楽王に、俺はなる!」って勢いで熱中してました。
 
●回るから、安定する。
 思えば、その不思議さに惹かれて、
 自分でもバケツに水を入れてグルグルぶん回したものです。
 
●独楽が教えてくれること。
 軸というのは、不動ではない。
 
 動きの中で、立ち上がるものです。
 (不動に見えるけど、本当は動いてる)
 
●僕らは、
 ブレてはいけないのではありません。
 
 ブレながらも軸を探せるか。
 
 もっと言えば、
 軸を探すためにブレることができるか。
 
 それが、
 独楽の教えのように思います。
 
●静止は安定ではない。
 動的な微調整の中に、安定がある。
 
 と言ってもいいかも知れません。
 
 もっとも強きものは、
 もっとも悩み、考え抜いたものだ。
 
 と言いたいような氣もします。
 
 『スラムダンク』の井上雄彦先生が描く
 宮本武蔵(@バガボンド)は、まさに、
 そんな動的な強さを表しているようです。
 
●さて、こと健康においても、
 手足を回す、振るといった動作で
 体の機能を上げるものが多く存在します。
  
 スワイショウなんかは典型ですね。
 (検索すればすぐ出てきます。かなりオススメの健康法です)
 
 僕が今回作ったからだリセットも、
 揺らしの動きの中で、動的な安定軸を、
 自然にインストールしてくれます。
 
●そして、「心を独楽のようにまわす」。
 このアイディアって、ちょっと面白くないですか?
 
 ひとつの感情にとどまらないことです。
 
 怒ったっていい。
 クヨクヨしてもいい。
 悲しいときは悲しめばいい。
 
 でも、
 顔を上げる余力ができたら、
 いっぽ歩ける氣力が戻ったら、
 楽しいことを探せばいい。
 
 喜びも怒りも哀しみも楽しみも、
 まわしていけばいい。
 
●小さな円でいいんです。
 
 ときにはバランスをあえて崩すことが、
 体にも心にもいいことがある。
 突破口になることがある。
 
 もちろん、バランスが崩れることを
 嫌がらなくたっていい・・・ってことでもある。
  
 ブレることで初めて見えてくることもある。
 コツは、意識です。
 
 「ブレてもいいんだ」という意識と、
 「ブレながら探し物をしよう」という意識。
 
  
 積極的に、自分をまわしていきましょう。 
 
 
-------【心体脳に刻みたい!今日のポイント】------------
 ■ きちんと見守られた変化が、安定を生む。
-----------------------------------------------------------
 
【お知らせ】
 
●2月4日発売の「anan」に、永井の記事が出てます!
 がんばってよそ行きの顔をしてみたのに、
 なぜか後ろ髪が昇り龍のようにハネてました(涙)
 
 ・・・見守ってやって下さい!
 
●新刊の「疲れを明日に残さない からだリセット」、
 好評発売中ですが、お試し動画、追加しました!
 
 今度は、腰痛、だるさ、冷え、むくみに効くという
 リセットで、新開発のものです。(本にも未収録)
 
 すでになかなか好評なので、ぜひお試し下さい!
 『つま先スイング(腰痛、冷え、むくみ、だるさ) 』
 http://bit.ly/1Cj1F8P
 
 「からだリセット」の案内ページはこちら↓
 http://blog-imgs-87.fc2.com/c/o/o/cookyourself111/blog_import_56ac5964827ff.jpg
 ※読者さんの5つの限定特典、継続中です!
   
※ LINE予約もOKです!(nagai_tr で検索して下さい)
 
※ Facebookで、「ここだけの健康雑学ネタ」もちょくちょく
  書いてます。よかったらぜひ、「いいね!」して下さい。
 ⇒ http://on.fb.me/r7N8N0
  (「ノート」にて、プレゼント資料もゲットできます)
 
 
───────────────────────────────
 ◎ 編集後記:
───────────────────────────────
 
有川浩さんの作品が好きなんですが、
(特に図書館戦争)
先日、「3匹のおっさん」を読みました。
 
いやー、面白かった・・・。
 
ストーリーももちろんいいんですけど、
よくもまあ、あの1冊であんなに人物を好きに
ならせてくれますよね。
 
あと、毎回、テーマがいいんですよね。
 
僕はじいちゃん・ばあちゃんっ子だった上に、
じいちゃんは剣道やってたというシンクロぶり。
 
そして児玉清さんの解説がまたいいんですよね。
優しくて、味わい深くて。
 
で、当然のように、博多華丸が見たくなる・・・
(児玉さんのモノマネが、死ぬほど好きです)
 
このところ、なんかもう、
この3人がつながって恋しい感じになってきました。
 
有川浩 → 児玉清 → 博多華丸 (→川平慈英?)。
 
好きな人、好きなもの同士がつながっていくのって、
なんだか幸せですね。