読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●204【脳】えっ?となる想定外をゼロにしてストレスを減らす方法

脳を活かす


 
「お前はいつも、自分の大きすぎる期待に苦しんでるな」
             (とある心のマッチョマン)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 心体脳の健康と能力をベスト化する方法 ●No.204
  ■『 えっ?となる想定外をゼロにしてストレスを減らす方法 』           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
●「想定内」、「想定外」。
 確か、ホリエモンが(一時期)流行らせた言葉でした。
 
●「思ってたより、口座の残高が少ない(涙)」
 「あんなタイミングでサイフを落とすなんて!」
 「え?そこで、そんなミスしちゃったの!?」
 「あんなことする人じゃないと思ってた・・・」
 「中に入ってみたら、残念な会社だった」
 
 こういった思いは、ストレスの大きな原因になります。
 いわゆる「想定外」。「期待外れ」といってもいい。
 
 悔しい、腹立たしい、ショック、うらめしい、悲しい・・・
 さまざまな負の感情のもとになってしまいます。
 
●要は、「思ってたのと違う!」というギャップ。
 『現実』−『期待』=『満足度』という式です。
 
 期待が大きすぎると、満足度は下がる。
 これはわかりやすいですよね。
 
 さんざん「めっちゃ美味しいから、あすこのラーメン!」
 と聞かされてたお店で、「うーん、そこまでじゃない」と
 ガッカリするとか。
 
 「もうマジ、泣ける映画だったから」と勧められた映画で
 あんまり泣けなかった、とか(笑)
 
●期待(という名の思い込み)をしなきゃ良かったんです。
 かといって、わざと低めに見ていくのも、有効とは限りません。
  
 どっちにしても、「見る目が曇る」んです。
 先入観。「予断」というやつですね。
 
 「予断を許さない」(この後の展開が予想できない)
 という言い方がありますが、本当は、
 人生のあらゆる局面が、そうなんです。
 
 想定できる範囲なんて、限られていて当たり前なんです。
 どんなに頑張ったって、50%行かないんじゃないでしょうか。
 というより、行かないと思ってたほうが、いいと思えるんです。
 (大地震の例を考えるまでもなく)
  
●じゃあ、何が有効なのか?というと、
 「何が起きても変じゃない」というミスチル的な観点で、
 「自分が体験するまで、判断しない」という
 内田篤人的な姿勢です。
 
 そして、
 「実際のところ、どうなんだろう」というキーワード。
 
 もっと言えば、
 「自分が体験したとしても、自分の判断はいち仮説でしかない」
 という姿勢です。(99%は仮説)
 
●それが、『バカの壁』(by 養老孟司さん)
 を越えていける方法です。
 
 そして実は、
 「余計なストレス」を大幅にカットする具体策です。
 「願望の断捨離」と言ってもいい。
 
●このスタンスが身についてくると、
 「余計な情報に振り回されない」ようになります。
 つまり、軸がブレなくなる。
 
 もちろん、「想定することに意味がない」って
 ことじゃないです。
 
 「想定は想定でしかない」し、
 「想定が期待になったら、間違ってる」し、
 「想定外が起きて当たり前」という前提を持っておきたい。
 
 そういう意図です。
 
 そしたら、ブレずに備えることができます。
 はじめて、「想定」に意味がでてきます。
 そして、感情が下手に波立つことも減ります。
 想定外にも、有効な行動がとりやすくなります。
 
●「きっといいことが起こる」(期待)でも、
 「きっと悪いことが起こる」(取り越し苦労)でもなく、
 
 「どんなことが起きても、その上でベストな選択をしよう」
 という覚悟。
 
 「水は半分もある」でも、
 「水は半分しかない」でもなく、
 
 「水は実際のところ、どれだけあるのか?うむ、250mlある」
 という、曇りのない事実把握。
 
●「想定外をゼロにする」というタイトルで始めましたが、
 「想定外があって当たり前」と思えたら、
 「想定外さえ、想定のうち(想定内)」になるということです。
 
 このスタンス・・・問題解決力としても、
 ストレス対応力としても、効果的だと思うんですけど、
 いかがでしょうか。
 
 本当に多くの、メンタルの問題を抱える人の根っこに、
 このスタンスの問題があるように思えたので、
 今回の記事を書きました。
 
 
それでは、くれぐれも、お大事に!
今回は、「悟りって何だろ?」って考えに近かったかも。
 
-------【心体脳に刻みたい!今日のポイント】------------
 ■ 水は250ml、ある。
-----------------------------------------------------------
 
【お知らせ】
 
●おかげさまで永井の2冊目、「からだリセット」が、
 Amazonの「東洋医学・鍼灸」部門でも1位を
 記録しました!(T-T)
 
 読者さんサービスも動画が増えたりと充実度を
 増してますので、未チェックの方はもちろん、
 すでにお持ちの方も、たまにのぞいてみて下さいね!
 
 ▼「疲れを明日に残さないからだリセット」案内ページ
 http://blog-imgs-87.fc2.com/c/o/o/cookyourself111/blog_import_56ac596c43b00.jpg
  
 ▼「からだリセット 読者サポートページ」
 http://www.ht-b.jp/bh/book/dokusya2.html
 
●「セラピスト塾」に関するお問い合わせが増えてきたので、
 案内ページをちゃんと作りました。
 
 簡単に言えば、「治療に本気な人」を応援する企画です。
 (いつでも、初めての人でも、単発参加可能です)
  
 ▼第3回(3月8日 日曜 13時〜18時)
 『 脳の調子まで整えるディープ・頭蓋調整 』+α
 http://www.ht-b.jp/erm/seminer/3.html 
 
 ▼第4回(4月12日 日曜 13時〜18時)
 『 予防効果も抜群の姿勢リセット & 肩甲骨解放 』+α
 http://www.ht-b.jp/erm/seminer/4.html 
 
 ※セラピストさん向けメルマガも、なかなか好評です。
 「こころ・カラダ進化論」
 http://www.ht-b.jp/erm/mail_magazine.html
 
※ LINE予約もOKです!(nagai_tr で検索して下さい)
 
※ Facebookで、「ここだけの健康雑学ネタ」もちょくちょく
  書いてます。よかったらぜひ、「いいね!」して下さい。
 ⇒ http://on.fb.me/r7N8N0
  (「ノート」にて、プレゼント資料もゲットできます)
 
 
───────────────────────────────
 ◎ 編集後記:
───────────────────────────────
 
ハッピーターンの
「くちどけきなこ」、食べました?
 
僕、あれ、好きですわぁ・・・。
 
大人になったらお菓子とか美味しくなくなるもんだと
なぜか思ってたんですけど、全然そんなことないですね。
 
あ、もしくは、まだ大人になれてないのか(笑)
(こんなこと、定期的に書いてる氣がするな)
 
でも、昔はとうてい理解できなかった、
「白菜の漬け物で白いご飯がいくらでもいける」
という愉しみは、完全にモノにしました。
 
味覚が変わっていくのって、面白いですね。
春夏秋冬で仮に考えたら、
今の自分の味覚は、夏→秋への移行期な感じがします。