○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

●217【心】感情の世界にゃあ、NGなんて1つもねぇんだ。


 
「本当にいつでも明るい人って、
  まわりの人の痛みとか、わかるんでしょうか?」
               (悩める主婦)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 心体脳の健康と能力をベスト化する方法 ●No.217
  ■『 感情の世界にゃあ、NGなんて1つもねぇんだ。 』           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
●「怒らないことが重要だっぺよ!」
 という本が、増えています。
 
 そりゃあ、ごもっともです・・・
 
 怒らずにいられたら、
 きっとハッピーは増えるでしょう。
 
 でも――
 
 「怒りという感情を否定する」
 としたら、それは息苦しいです。
 
 腹は立っているのに、
 「怒ってない、怒ってない」
 ってプルプルしてたら・・・
 
 下手すると、
 ストレス、増えちゃいますよね。 
 (こういう我慢は、アゴに来ます)
 
●「ポジティブでいるべし」
 「明るくいるべし」
 「モチベーションを高く保つべし」
  
 ・・・こんなのも、根っこは同じです。
 
 「そもそも発生しない」なら理想的だし楽だけど、
 「発生しちゃったものを否定」してたら、
 苦しさは増すばかりです。
 
 なぜなら、
 感情の否定は、自己否定だからです。
 
 たとえば、怒りの否定なら、
 「怒りを抱いてしまった自分」
 まで、否定してしまうことになるから。
 
●じゃあ、
 感情をそのまま出していいのけ?
 
 ・・・というと、
 そうではありません。
 
  
 大切なことは、
 
 1)怒らない
 2)怒る
 
 という2択自体を
 「嘘おっしゃい!」と、疑うことです。
 
 (度々でしつこいですが、僕は2択を
  信用しません(笑))
 
 怒らないということは凡人にはなかなか
 目指せない。でも怒ってしまうのも、
 うまくない。
 
●だとしたら――
 
 3)怒りはするけど、怒り続けはしない
 
 とか、
  
 4)怒りの感情を、そのままは出さない
 
 とか、
 
 5)怒りを感じたら、原因追及に向かう
 
 とか、
 そういう選択肢が出てくると、
 ずっと楽だと思うんです。
 
●そもそも、
 怒りには、理由があるんです。
 
 そうです・・・当たり前ですが、
 あらゆる感情には、
 「ちゃんとした理由」があるものです。
 
 いっぽうで、
 もちろんそれが、「正当かどうか」は
 全く別問題です。
 
 だから、
 「怒りをそのまま人にぶつけてはいけない」し、
 逆に、
 「怒ってしまった自分を否定してもいけない」んです。
 
 だって、理由があるんだから。
  
 それごと否定してたら、
 心の傷になっちゃいますからね。
 
●ちなみに、
 怒りすぎている人(出し過ぎ)は、肝臓に来ます。
 怒らなすぎな人(溜めすぎ)は、胃腸に来ます。
 
 そうです、「どっちもよくない」んです。
 
●だから、ポイントとして――
 
 「怒り」という感情自体は、悪者じゃないんです。 
 怒りを「感じること自体」は、なんも悪くない。
 人間だもの。
 
 その怒りを「どう扱うか」こそが、重大です。
 
 それを、
 1)そのままぶつける でもなく、
 2)封じ込めて我慢する でもなく・・・
 
 さっき紹介したのは、
 
 3)上手に小出しする(愚痴でも日記でも)
 4)料理してから出す(歌でもギャグでも川柳でも)
 5)いっそ根っこを掘る「分析作業」に集中する
 
 といった行動サンプルです。
 
 3〜5はあくまでも例でしかありませんが、
 「(怒りという)感情との距離感」が
 健全になりやすいわけです。
 
●もっと言えば――
  
 1)そのままぶつける 
 だと、怒りという炎に油を注ぐことになる。
 (怒りは人にぶつけると、余計大きくなります。
  怒鳴りながらどんどん加熱する人・・・いますよね)
 
 2)封じ込めて我慢するのは、怒りという炎に
 座布団をかぶせてます。大火事につながります。
 (ため込むと、恨みとして発酵します)
 
 ということで、実は、
 これらの2つは、形式が違うだけで、
 
 怒りという感情を拡大し、
 「怒り続ける」ことにつながるんです。
 
●いっぽうで、
 3)上手に小出しする(愚痴でも日記でも)
 4)料理してから出す(歌でもギャグでも川柳でも)
 5)いっそ根っこを掘る「分析作業」に集中する
 
 これらは、怒りという炎から、
 「一歩離れつつ」も、ちゃんと対処しようと
 しているんです。
  
 ちゃんと「付き合おう」としている、
 と言ってもいい。
  
 「怒っている自我
  (≒自分の中の子どもみたいなもん)」
  の相手を、ちゃんとしている。
 
 このたとえで言えば、
 
 1は、子どもに好き放題暴れさせてるようなもの
 2は、子どもにひたすら我慢させてるようなもの
 
 ・・・こう考えると、
 ググッとわかりやすくなりますね。
  
●さて、まとめましょう。
 「感情にNGなんてないんです」
 
 「こんなことを感じちゃいけない」なんて、
 そんな不自由・不合理な話はありません。
 自分の中の大切な子どもを、否定してはいけない。
 
 そうじゃなくて・・・
 
 いけないのは、
 「感情に飲まれてしまうこと」です。
 距離がとれなくて、沈んでしまうことのほうです。
 
 飲まれない方法は、
 「移動すること」です。
 
 距離を置いて扱うのもいいですし、
 いったん逃げてしまってもいい。
  
●そうやって、
 ちゃんと自分の中の子ども(感情の元)とちゃんと
 付き合っていると、どうなるか?
 
 子どもがまず、落ち着きます。
 (ギャーギャー泣かなくなる)
 
 そして、穏やかに、成長にします。
 (反射的な過剰反応が減る)
 
 ちょっとしたことに引っかかったり、
 気にしすぎたり・・・ということが、
 「そもそも減る」んです。
 
 ――というよりは、
 その子どもを封じ込めたり、無視してきたからこそ、
 感情が「暴れてしまうほど」になるんです。
 
●さて、話は終盤ですが、
 「具体的に、どうすりゃええのよ?」
 ・・・という疑問が残りそうですね。
 
 はい。
 
 まずは、感情が乱れたとき、
 「すぐに反応する(行動する)のを止めること」
 です。これが最重要です。
 
 感情にNGはありませんが、
 「感情的な行動」は、NGだらけです。
 望む結果は、まず手に入りません。
  
 だから、いったん、止めます。
 
 そして、
 「どうしたんだろ?あたい・・・」
 と自分に問うことが、大切な一歩になります。
 
 正解はいくつもあります。
 
 それこそ、
 子どもが泣いてるときと同じですね。
  
 まずは、「どうしたの?」からです。
  
 ちゃんと心配して聞いてくれた時点で、 
 実は、安心が生まれ始まるんです。
  
 いっちばん最初に欲しいのは、
 「関心・注目」ですもんね。
 
●自分の自我(感情の元)は、
 生まれてからず〜〜っと一緒に生きる、
 一人目の子どもみたいなもんです。
  
 感情を暴れさせるのも、
 封じ込めるのも、「ネグレクト」みたいな
 ものかもしれませんね。
 
●あ、ちなみに、もちろんですが、
 感情は「お荷物」ではありません。
 
 大切なアラームだったり、
 想像力の源だったりします。
 
 だから、ちゃ〜〜んと手塩にかけて、
 大切に、育てていきましょう。
 
 
それでは、くれぐれも、お大事に!
「かまってちゃん」も、自我の暴走でしょうね。
 
-------【心体脳に刻みたい!今日のポイント】------------
 ■ 感情の「親」でいてあげること
-----------------------------------------------------------
 
【お知らせ】
 
(コアな人向け)
■ほぼ1年ぶりの・・・ (11月22日(日) 13時〜18時)
 『効果3倍と言われるマスターレイキ習得 & チャクラケア & オマケ』
 〜マスターシンボルの伝授 + 7つチャクラの詳細知識とケア方法 +
    強力浄化法等のオマケ〜
 
 マニアックなやつですが、なかなか美味しいクラスだと思います。
 
 ● 威力が3倍ぐらいになり、所要時間は半分に
 ● シンボルも言霊も短くて楽です(笑)
 ● レイキを使った、筋肉・骨格・内臓の調整法が身につく(独自のオマケ)
 ● チャクラの詳しい仕組み、整え方がわかります( 〃 )
 ● かなり強い浄化方法もお伝えします( 〃 )
 ● というわけで、ヒーリング系で独立したい人には相当強い追い風に
   なるかと思います。
 
 ピンと来た方は、ぜひ、詳しいページへ!↓
 http://www.ht-b.jp/erm/class/reiki_m.html
 
(独自性マックス)
■次のセラピスト塾(※単発参加、初参加OK)は・・・
 ▼第12回(12月13日(日) 13時〜18時 )
  
  『 全身を「開通」させる ストレイト・フロー・テクニック 』
  〜 『水流と氣流』を理想の状態にクセづける方法 〜 です。
 
 今回のスキルの特長や、期待できる効能は・・・
 
  ● 全身の歪みが短時間でリセットされる
  ● 血行・リンパ・呼吸(水流・氣流)の『渋滞』が『開通』する
  ● 浅い症状と、深い症状が一発で区別できる
  ● 「施術が効きやすい状態」をいきなり作ることができる
  ● リキみが抜ける
  ● 全身の機能が正常化に向かう
 
  ◎ 軽くて疲れにくい体づくり(巡りがジャブジャブ)
  ◎ 自然に深くなる呼吸(24時間、意識しなくても)
  ◎ 施術から痛みが減り、気持ち良さが増す上に、効果が大きく向上する
  ◎ あまりの変化に、お客さんが「面白い」と喜ぶ
  ◎ 即刻硬さや痛みが減るので、歪みやねじれの説明がしやすい
  ◎ 診断のスピードが向上する
  ◎ こっちが疲れない(すでに柔らかいため)
  ◎ ひと手間で、全機能に好影響(筋、骨格、関節、内臓、神経、膜系、その他)
  ◎ すごく「達人っぽく」見えるんだそうです(笑)
  
 といったところです!
 
 完全オリジナルで、今までのものと、一線を画す内容です。
 身につけておけば、かなりレアな武器にもなるでしょう。
 
 ⇒ 詳しくは・・・ http://www.ht-b.jp/erm/seminer/9.html
 
※ LINE予約もOKです!(nagai_tr で検索して下さい)
 
※ Facebookで、「ここだけの健康雑学ネタ」もちょくちょく
  書いてます。よかったらぜひ、「いいね!」して下さい。
 ⇒ https://www.facebook.com/kaiketsuTR
  (「ノート」にて、プレゼント資料もゲットできます)
 
───────────────────────────────
 ◎ 編集後記:
───────────────────────────────
 
風邪が流行ってますねー。
僕も先日、久しぶりにやられました。
 
えらいもんで、
定休日に風邪ひく体になってんですよね、
この仕事を始めてから・・・
 
そして、毎回、感動するんです。
「ペパーミントって、マジで効くな」って。
(アロマオイル)
 
僕は体質的に、
鼻・のどに症状が出やすい。
 
で、イガイガしてきたり、
詰まったり、痛くなったりしてきたら、
マスクの内側に、ペパーミントで湿らせたティッシュを
仕込むわけです。
 
あ、ちなみにこれ、つけすぎ厳禁です。
量が多いと、ハイパースプラッシュローリングサンダー
になります(鼻が)。
 
1、2滴でいいんです。
しかも、無印良品のもので充分です。
 
風邪薬より、のど飴より、
薬用のビップスみたいなやつより、
よほど効くんです。
 
いやー、便利なものですよねぇ。
 
つくづく、植物って・・・
ありがたくて泣けてきます。