○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

【楽.239】え……それだけで? 平均30%しか出てない実力を、ガツンと90%まで発揮するたった1つの発想法

f:id:cookyourself111:20160630221117j:plain


「同時に2つ3つのことができるのって、
  聖徳太子とかの話でしょ? 凡人には向かないんだよ」
             (むちゃくちゃ売れる営業マン)

 

■ うまくいかない、つまらない……は、才能やスキルの問題ではない



うまくいかないこと。
つまらないこと。
 
そりゃあ、たくさんあると思います。

避けられるものは、避けちゃっていいと思いますが、
「避けられない or 結果を出さなきゃいけないもの」について。

実は、「本腰が入っているかどうか」が、
つまらないかどうかをわけ、
結果をわける最大の要因なことが多い。

たとえば……

うまくいかない内容でも、毎回というわけではない。
うまくいっていたことも(過去)あったりする。

つまらない内容も、毎回というわけではない。
面白かったことも(過去)あったりする。

何が違ったか。

それが、
「本腰が入っていたかどうか」なんです。


鬼ごっこでもトランプでもスポーツでも仕事でも、
「本腰」であれば、面白いし、結果もはるかに出やすい。

でも「腰が引けてたり」、「腰かけ」だと、
全然面白くならないし、結果なんてもちろん出にくい。

これは、スキルとか能力の問題じゃないんですね。


■ 2:6:2の法則(パレートの法則)



この法則をご存じでしょうか?

集団はこの比率に分かれる、というものです。

▼トップの2割は、主体的に動いて結果を出すエリートグループ。
▼中間の6割は、指示を待って動く、普通グループ。
▼ボトムの2割は、指示をされようが動かないグループ。

わかりやすいのは、アリンコですね。
働きアリ2割と、普通アリ6割だけでなく、
実は「サボるアリ」が2割いるんです。

で、トップの2割がものすごい活躍して、
全体の80%もの結果を出すという。

営業マンとかでもそうなんです。
トップの2割が、全体の80%の売上を出しちゃう。
そうつまり、人間でも同じことになる。


ここで、
「え?じゃあ、トップ2割だけ残せばいいじゃん」
なんて考える人がいるんです。

そして、
「ほほー、じゃあ、ボトム2割だけ残したら、最悪だね(笑)」
なんてことも想像してみたり。

……で、実際、どうなるか?

これが興味深いことに、
「どっちにしても、やはり2:6:2に分かれる」んです。

エリートの中でも、
超エリート、普通エリート、エリート落ちこぼれに。
ボトムの中でも、
働くようになる2割、普通の2割、やっぱりダメな2割に分かれる。

これ、面白いですよね~……


この法則からわかる大切なことは、何でしょうか?

僕が一番感じるのは、
「もともと優秀だった人も、上がりも下がりもする」し、
「もともとダメだった人も、上がりも下がりもする」ということ。

才能やスキルの差ではないんです。
だって、元々同じぐらいだった人が、自然とまた
分かれちゃうわけだから。


「そしたら、何が決め手になるの?」


……その答えは、ジブリの中にあります。


■ ジブリが繰り返し訴えている「結果を出す最大条件」とは?




ここで思い出してください。
ジブリを。
ジブリの名作たちを。

僕が特に好きなのは、

▼「天空の城 ラピュタ」
▼「もののけ姫」
▼「千と千尋の神隠し」

なわけですが……

この中でも特に、
ラピュタの主人公のパズーや、
千と千尋の主人公の千尋は、
「もともと特別な能力をもったキャラクターじゃない」んです。

ところが、物語の中で大きな成長をとげ、
最終的には「他の誰にもなし得なかった結果」を出す。
しかも決まって、「周りが助けたくなる存在」にもなる。

なぜでしょうか?
その理由をジブリは、どう描いているでしょうか?

答えは1つじゃないでしょう。

でも、僕に一番強く伝わってくるのが、
「意志の力」なんです。
「覚悟」と言ってもいい。


「シータを何が何でも守る」
「ハクを何が何でも守る」
という強い意志、覚悟。

これがものすごい強いエンジンとして、
「成長」と「応援」を呼び込む。

これが決定的だと思えるんです。


そしてそれが、
2:6:2に分かれる集団の中で、
「トップ2割」に行くための、最大条件なんです。

そこにある「本当はわずかなのに圧倒的な差」、
「違いをつくる違い」は、
「意志の力の差」……

「本腰が入ってるかどうか」の差なんです。


■ 「制限」をかけることで、意志の力を集約する



では、どうしたら本腰が入るのか?
有効なのは、意外なことに「制限」なんです。

「自分にはその道しかなかっただけです」という理由で
圧倒的なプロになる人がたくさんいます。
(スポーツ選手、登山家、小説家、芸術家、整体師もろもろ)

幸か不幸かは断言できませんが、
彼ら・彼女らには、避けがたい「制限」があったんです。


……こう書くと、何かを犠牲にしているような
感じがつきまといますが、心配いりません。

「選んでもいない制限」は犠牲をともないますが、
「自分で選んだ制限」は嫌な犠牲などなく、
明るいものです。

それは『集約』と呼ぶべきもので、
集中よりもずっと強いんです。


わかりやすく言えば、
「自分のパワーを絞り込む」というイメージ。

たとえば、
具体的な「使える制限」のサンプルとしては――
(何かに「本腰を入れたい」ときに……)

【短期的なもの】

▼ 実行時間/期限を決める
 (20分以内に終わらせると決めてタイマーするとか)

▼ 他のものをすべて遠ざける
 (テレビを切る、スマホは遠ざける、など)

▼ 作業する場所をめっちゃ片付ける
  もしくは余計なものがない場所にいく(カフェなど)

【長期でずっと効くもの】

▼ 時間割を決めてしまう
  (毎週火曜は企画の日、木曜は原稿を書く日など)

▼ 目標を絞る(本音で心から積極的になれる3~5つぐらいに)

▼ いらないもの、使ってないものを捨てる


こんな感じです。
どれも「本腰」を助けてくれるアクションです。


意志の力が「強い」とか「弱い」とか言いますが、
本当は「意志の力の総量」はきっと、
そんなに変わらないんです。個人差は大したことない。

ただ、
「大事なことにググっと絞って使えている人」と、
「色んなものに散らかってしまっている人」とがいるだけなんです。

「集約できているか」です。

そのために、絞っていくんです。
的を絞るから、力を「集める」ことができるんです。

そのとき、脳はとんでもない力を発揮します。

偉業を成し遂げた人のほとんどは、
「絞り込んだ人」です。
集まった力で「一点突破」した人なんです。

「一点に絞ったから突破できた」んです。
錐(キリ)のように。

だから、
本腰を入れて戦い続ける姿勢のことを
「貫く(つらぬく)」と呼ぶんでしょうね。


集約しましょう。
貫きましょう。

そのほうが、楽しいから。
そのほうが、うまくいくから。


ではでは、くれぐれも、お大事に!
昔のファミコンで面白いのが多かったのも、
「制限」のおかげだったのかなぁ。

……編集後記に続く。


■お知らせ




※質問や申込みは、返信やメッセージなどで、お気軽にどうぞ。

※↓これ、「締め切りがあさって」です!!
 あと1人だけ募集枠、空いてますよー!

 ツールの準備があるので、7月2日(土)までで
 応募をしめきります。参加する方は、お早めにご連絡を!
 
■7月10日(日) 13~18時 スペシャルクラス

 「 驚異的なスピードで全骨格が整う!波紋リリース療法 」
  ~ 魔法のツールで誰でも達人レベルの結果が出せる ~

 (単発参加可、初心者の方、大歓迎です)

 アホみたいに何にでも効くくせに、異常にかんたんで、
 「知識ゼロの小学生でも全身の骨格をあっさり整える」
 ぐらいの、すげえやつです。すげぇシンプルです(笑)

 クラスでお配りするツール(2点)と、
 ほんのちょっとしたコツを知っていれば、もう大丈夫です。
 誰でもそのへんの整体院よりよっぽどレベルの高いケアができます。

 その特長は……
  
 ● 5分もあれば全身の骨格が整う(頭蓋や仙骨などの難しい骨にも◎)
 ● 筋肉、血流、リンパ系にはもちろん、内臓ケアにまで応用可
 ● 独特の『響き(波紋)』が細胞レベルまで届く
 ● やっていて、やたら楽しい(笑)
 ● 知識がほとんどいらない
 ● かなり独自性があるし「絶対に忘れられない」

 こんなところです。

 メリットはいろいろとありますが、僕が一番好きなのは、
 「やっててやたら楽しい」ことです。音もいいですし。

 今回はオイシイ話過ぎて、嘘くさいかもしれません(笑)
 でも、これを1つ持っておけば、異常なほど便利だと思います。
 
 詳しくは↓へ!  ロマンであふれてますよー

 ⇒ http://www.ht-b.jp/erm/seminer/s2_05ripple.html


■平日クラスについて

 アンケートにお答え頂いた皆さん、ありがとうございました。
 結果なんですが……「ものすごく割れてました」(笑)

 どれに絞ることもできなかったので、やはり基本は
 土日にして、平日がいい人には、個人レッスンで
 引き続き対応させて頂くことにしました。<(_ _)>
 (ご期待に添えず、申し訳ないです(汗))


■編集後記




塩分が足りてない人、増えてます。
水分が足りてない人、増えてます。

もうそんな時期ですねー……

これらが足りてない人の筋肉は、
「通常じゃありえないぐらいカッチコチ」です。

そう、あんまり知られてないんですけど、
水が足りないと筋肉は硬くなります。
塩が足りないとこれまた、筋肉は硬くなるんです。

だから、こりも痛みもすごいスピードで
悪化しちゃう。

「いや、でもコーヒーは飲んでるから」という声もありますが、
カフェインの利尿作用でおしっこになるため、
水分的には「むしろマイナス」です。

コーヒーをやめましょうとは言いませんが、
それとは別に、水分をとる必要があります。

「うーん、でも、むくむのが嫌で……」という声もありますが、
水分は足りなくてもむくみます。(ドロドロになるため)
そして水分不足による健康悪化は、
「マジで太る(脂肪がつく)」原因になるんです。

こういう「実感と一致しない問題」って、
困りますよね(^^;)

だからこそ、氣を付けましょう。
水飲み過ぎな人、100人の1人もいないですから。