読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

【楽.244】それ、メンタルの問題じゃなくてプチ酸欠ですよ?

内臓から癒される 動画あり しくみ・真実・分解 心のビタミン 脳を活かす セルフケア

f:id:cookyourself111:20160812212503j:plain


「息ができない以上のストレスなんて、ないよ。
  毎回、マジでこのまま死ぬんじゃないかって思うんだから」
               (小児喘息がひどかった嫁)

 

■ ストレスの本当の姿とは?



「ストレスなんて、特にないと思います」
「悩みも大きなものなんてないですし」

お客さんからよく聞く声です。
でも、このウラには「大きな勘違い」がある。

ストレスって、嫌なことだけじゃないんです。
これは、体の立場から考えたら、わかりやすくなります。

▼ 傾いてると仕事がしにくい(姿勢が悪い)
▼ 寒くて動きにくい(エアコン効き過ぎ)
▼ ガソリンが回ってこない(運動不足→血行不良)
▼ 部屋がゴミだらけで仕事がしにくい(むくみ)
▼ 頭ばかりに血がとられてバランス悪い(パソコン・スマホ過剰)
▼ 異物が侵入してくるから、通常業務ができない
 (過度のアルコール、タバコ、添加物、排気ガス……etc)

……などなど。

こんなことだって、実はストレスなんです。

「体の仕事をジャマするもの」と考え直すと、
ストレスの正体が急に見えやすくなりますね。


■ もっともヤバいストレスは?



今、具体例で見てもらったように、
「見えてなかったストレス」がたくさんあります。

その中でも、一番ヤバいストレスって、何でしょうか?

そう、これは予言しちゃってますが、
「酸欠」なんです。

だって、
嫌な上司に怒られるのももちろん辛いけど、
それによって短期間で死ぬことはないですよね。

酸欠は、「下手したら死ぬ」やつです。

当たり前だけど、
脳や体からしたら、よっぽど大きなストレスです。
文字通り「致命的」だから。

だから、
「ストレスをなんとかしたい」と思ったら、
呼吸をかえるのが一番早いんです。

「どのストレスから減らしてもよい」というのが、
こっちからすると都合が良い特性ですね。
どういう種類のストレスも、いわば「同じバケツ」にたまるから。

減らしやすいやつを減らせばいいんです。

「お酒をやめるのはきつい」
「会社を変わるわけにはいかない」
「引っ越すわけにはいかない」

はい、もちろん、わかります!


だから、呼吸を変えましょう。
努力対効果も、一番高いですしね。

それでメンタルの問題が「勝手に消えた」という人も、
実際、たくさんいるんです。


■ 呼吸法よりも、呼吸力そのものを変えたい




呼吸を変えたいときに、
一番最初に思い浮かぶのは、呼吸法だと思います。

でも、それってたとえば、
「呼吸法をしている間」が、メインの効果になっちゃう。
もちろん、それでも大きなプラスではありますけどね。

それよりも、
「寝ているときも含めて、それこそ24時間の自然呼吸」が
深くなったら、そのほうが効くに決まっているんです。

だから、呼吸法もいいんだけど、
その根っこにある「呼吸力」」をあげましょう。

役に立つのは「呼吸筋」のケアです。
代表的なものが「横隔膜」と「大胸筋」と「前鋸筋」です。

どれも肩こりや腰痛、消化系などの内臓にもプラスなので、
おいしいオマケごと、ゲットして下さい。


大事な順に紹介すると↓の3つです。

●1)「僧帽筋と大胸筋のゆさぶレッチ」
  (肩こり、 肩甲骨、鎖骨、胃)
 https://www.youtube.com/watch?v=b-vStThQkWY

●2)ハラミリセット ⇒ 横隔膜のケア
 (呼吸力、リラックス、内臓力、余裕など)
 https://www.youtube.com/watch?v=gAtC6ijy-s8


●3)肩こりは肩甲骨と「腕のねじれ」ケアで抜くべし!
 腕「の」の字トントン ⇒ 「前鋸筋のケア」
 https://www.youtube.com/watch?v=_-0kzFwythE


メンタルを安定させたかったら、
こんなに確実な方法、めったにないです。

ぜひ、お試しあれ。
気持ちいいですよ……2つ目以外は(笑)


ではでは、くれぐれも、お大事に!
呼吸のポンプが血流も加速してくれますからね。


……編集後記に続く。


■お知らせ




※質問や申込みは、返信やメッセージなどで、お気軽にどうぞ。


■空席の残り、1名分です!
 セルフケア塾 第4回  8月21日(日) 14~16時

 「 腰痛が消えるセルフケア」
 ~ 骨盤ごと足腰が軽くなる、深い筋肉の復活法! ~

 大好評のセルフケア塾も、いよいよ、腰の回です!

 ……ですが、今回の記事で改善が感じられなかった人や、
 直接教わりたい人、「よりスピーディーに治したい」人に
 オススメという感じです!
 
 ● 腰痛が自分でケアできるようになる
 ● 脚が軽くなるから、歩くのが楽になる(行動力も上がる)
 ● 膝も楽になる
 ● (お年寄りの方の)「健康寿命」が伸びる(自分の脚でずっと歩ける)
 ● 整った骨盤をキープできるようになる
 ● 婦人科系の状態がよくなる(子宮を代表とした血流が超改善するため)
 ● やるべきことは「早い、かんたん、なのに効く!」で、すぐ身につく
 ● 場所を選ばずすぐやれるため、会社でも、スキマ時間でも効果が出る
 ● 「そもそも疲れない・こらない予防のコツ」も学べる
 
 こんな感じで、メリット満載でお届けします。
 
 自分でケアできたほうが、明らかにトクです。
 予約がとりにくくなった罪滅ぼしもあって、やってます(笑)
 
 詳しくは↓こちら。チェックしてみて下さい!
 http://www.ht-b.jp/erm/self/04koshi.html


■セラピスト塾は企画を絞りに絞って、
 「何それ、なんでそんなんでそこまで改善しちゃうの?」
 という魔法系のものに絞ろうと思います。

 そして上級(エキスパート)コースとして公開しようと思います。
 ちょっと後ろにズレますが、11月からスタートします。
 お楽しみに!



■編集後記




オリンピック、相当なメダルラッシュみたいですね。

いやーしかし、
いつの間に、オリンピックの選手たちが
自分より年下になったんでしょう。

カツオくん
 ↓
高校野球の子たち
 ↓
オリンピックの選手たち

という順番で、
「あれ?俺ってもう年齢、追い越しちゃったの?」
と驚いてきました。

そして、こういうすごい活躍を見てると、
「若い人たち、頑張ってんな……」と
すぐ涙腺が暴発するようになりました。

逆におじいちゃん、おばあちゃん子なので、
お年寄りもが嬉しそうにしてると
それも涙腺にすぐ刺さる。

今、逆に大丈夫なのは……
意外と、同世代かもしれない。

不思議なもんですね、
一番共感するようにも思うんですけども。

そんなものなのかな……