○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

【楽.249】これでスッキリ! 頭(脳)からストレスの原因が消える3つの質問

f:id:cookyourself111:20161003214518j:plain


いい答えが出てこないときってほとんど、
            質問が間違ってるんだよ。

 

■ ストレスの元にあるのは……?



ストレスの元には「問題」がある。
それも、解決が「やっかいな」ものです。
 
解決が簡単なものは、ストレスにはなりません。
ポイと捨てればいいだけの軽い紙クズには、イライラする
必要がないからですね。
 
解決がやっかいという「やっかい」の内容は……

● 問題そのものが難しい(理解)
● 解決策はわかっているが難しい(実行)
● 面倒くさくてやりきれない(心理の抵抗)

という3つがメインになってきます。

多分、あなたの問題(悩み)も、
このどれかに当てはまりませんか?


こういった「やっかいな問題」、放っておけば
ずっとストレスの元になります。
それどころか、少しずつ拡大していく傾向があります。

止めないといけない。
その一番大切な方法は、「とにかく何とかする」なんて
精神論ではありません。

「まず、やっかいじゃなくする」
ということが、解決への最短の一歩目なんです。


そのヒントとなる、遊びを、
ちょっとやってみましょう。


■ 木に虫がついてたら、どうする?



新人研修をしてた頃、すごく好評だった「考えアソび」です。
 
問われるのは、論理の力です。

「木に虫がついていたら」
……どうします?
 

ちょっと考えてみて下さいね。





……はい。では、
よくあった回答をロジカルじゃない順にいくと……
 
△「虫、とりまくる!」
△「殺虫剤をまく!」
○「木全体をよくみる」
○「その虫について調べる」(害虫とは限らないから)
◎「その木って、誰の木ですか?」(困らないなら放置も一手)
◎「その木をどうしたいんですか?」(目的による)

こんな感じです。
下に近ければ近いほど、よい。
というか、楽なんです。

問題が増えないし、大きくならない上に、
解決策が「ツボ」をつくことになるので、解決が早い。
それが「ストレスをためない」究極のコツです。


■ ストレスが増える悪循環のパターンとは?




何かが起きたとき、
というより「起きたように見える」とき、
いちばんよくないのは「発作的に反応すること」です。
「悪口言われたと思ったから攻撃を返した or 殴った」みたいなやつ。

これがさっき紹介した理想形の、真逆ですね。
問題が増えるし、大きくなるし、解決にはならないから、
ストレスはどんどん増えちゃうわけです。

本当はどういう考えがいいかといえば……
 
●本当に悪口だったのか?
●悪口だとしても、「そう言わせただけの理由」は何?
●今の全体の状況は?
●その人の状態は?
●その場は誰の場?
●そもそも、どうもっていきたいのか?
●土台、どういう自分でありたいのか?
 
こんな感じです。
攻撃(言葉)も殴るもそうですが、
「後戻りできない行動」なんですね。もう悪影響、出ちゃうから。

1)「まわり(自分もふくむ)が見えて」
2)「解決の糸口がわかって」
3)「的を絞ったやり方がつかめたら」
やっと、有効な行動ができる。

この1~3を飛ばしちゃうと、ダメなんです。
すごいスピードで不幸になる。

でも、失敗しちゃうときって、大抵、
1が抜けてるんですよね。

2、3が抜けてることも多いけど、
1がダメだと、当然、2も3もダメなんです。

ちゃんと考えたつもりの解決の糸口でも、実行法でも、
まわりが見えていないなら、幻ですから。


■ 行動力より大切なものとは?




行動力はたしかに大切だけど、
ぼくは「行動」をそもそも2つに分けたいんです。
「確認行動」と「実行行動」。
 
大切なのは、確認行動のほうです。
これが抜けがちで、間違うから。
そのあとの実行行動じゃないと、ロクな結果にならない。
 
肩こりだってそう。
「肩がこる」→「じゃあ、そこ揉もう」なんて、
「虫がいるからとりあえずつぶそう」と変わらない。
 
原因は何?
全体像は?
そもそもどうなれば理想なの?
 
そんなふうに考えたいんです。
まず、確認行動から。
診断しないで薬出す医者とか、信用できないもんね(笑)
ホントは、マッサージ師だって整体師だって、同じなんです。
 
この論理の力は、
健康に関しても、すごく大切です。



■ 問題は「数と重さを減らしてから」対処する。




ポイントは、これです。
問題はまず、軽くするんです。
対処よりも先に。

解決が上手な人は、必ずこれをやっています。

「解決しなくてもいい」という結論さえ、
ちょくちょく出て来ます。
まさに「戦を省略する」、戦略的な考え方です。

問題の数を減らす。
問題の重さを減らす。

それができたら、解決が簡単なのは当たり前です。

その具体的な方法が、
3つの質問です。


■ 3つの質問




1)それは本当ですか?
2)それは誰の問題ですか?
3)問題のポイントは何ですか?


これら3つの質問が、「問題以前の問題」です。
そして、この順番に、重要です。



まずは、1から。

1)それは本当ですか?
--------------------------------------------------

これほど重要な質問はありません。
そもそも「事実でないこと」におびえる性質が、
人間にはあります。誰にだって。

現実ではなく「脳内」で、起きている(と思い込んでいる)
問題に右往左往してしまうケースが、
「問題と呼ばれるもの」の7割です。

▼あの人に嫌われてしまったかもしれない
▼自分は何かの病気かもしれない
▼悪い方に進んでいる気がしてしょうがない ……etc

だから、「本当のことしか相手にしない」だけで、
問題は「7割引き」になります。

それは、
「事実」と「解釈」をわけるということ。
「~と思った」「~と感じた」を、判断の材料にしないということ。
感情に溺れる前に、『事実確認』をするということです。
 
たとえば、虫がついていたときに、
「虫は悪いものだと思うから、殺虫剤をまいたほうがいいと思った」
というのは、2つも解釈(思い込み)が含まれています。
理解も対策も、間違っている可能性が高すぎる。


というわけで、具体的な使い方としては……

○虫が悪いものだというのは、本当ですか?
 (違うかもしれません。無害の虫だってたくさんいます)

○殺虫剤を使ったほうがいいというのは、本当ですか?
 (虫が無害だったら無意味ですし、たとえ有害だったとしても、
  木自体が傷むリスクがあります。他の手段がいいかもしれない)

こんな調子です。

これだけでも、問題がそもそも消える可能性もあります。
また、間違った対処で被害が広がるリスクも減ります。

かなり大切な前提として、
「間違った対処だったら、しないほうがマシ」
ということが、泣きたくなるほど多いのです。
「傷口にうっかり塩を塗る」のが、人間のドジなところですから。


「それは、本当ですか?」
解釈や予想が、判断の材料にふくまれていませんか?
(他人の解釈、他人の予想も、もちろんNGです)
確認はとれていますか?……特に、本人の。

いちばん、頻繁に使いたい質問です。



2)それは誰の問題ですか?
--------------------------------------------------

次に大切なのが、これです。
それは誰の問題ですか?

もっといえば、
その問題を解決すべき主役は、誰ですか?
(あなた以外の人じゃないですか?)

問題が多すぎる(ように思えてしまう)人のほとんどは、
「自分の問題じゃない問題にまで首を突っ込んでいる」
ケースがほとんどです。

そして、
「どうしたらいいんだろう?」と悩んでしまう。

これ、悩んで当たり前なんです。
なぜって、「あなたが主役じゃないから」。

必要な情報もそろっていないし、
有効なアイディアが出るほうがおかしい。
そして、これもアッタリマエなんですが、
「思い通りに進展しない」。

主役が、自分じゃないからです(笑)。
しつこいようですけどね。

たとえば、木に虫がついているときだって、
その木が自分のものじゃなければ、解決のしようがありません。

▼そもそも大事な木なのかどうかもわからないし、
▼もしかしたら虫のほうが大事なのかもしれないし、
▼木についても何の木かも詳しくは知らないはずですし、
▼今後、その木をどうするつもりなのかもわからない。
 (もしかしたら処分する予定かもしれません)

――それが、主役じゃないということ。


問題というのはごくごく個人的なものなので、
手助けはできても、「代行」はできません。
それは有効じゃないし、場合によっては迷惑にもなる。

脇役にはできないことがあります。
そして、脇役にしかできないこともある。
大切なのは、その区別です。

望まれてもいないのに、助けようとしてはいけません。

そういうときは決まって、
あなた自身が主役である本当の問題が、置き去りになります。
(自分の問題からの逃避のために、他人の問題に向かう傾向もあります)


そう、誰も幸せにならないんです。


「それは誰の問題ですか?」
あなたの問題で間違いないですか?
……それは、本当ですか?(笑)

もし違うなら、ノータッチです。
ノータッチでいい、のではなく、
ノータッチ「が」いいのです。

タッチしなきゃ、自分がいなきゃ……というのは、
思い上がりでしかないこともあるし、
相手本人の力を信じていない裏返しでもあります。

求められたら、もちろん、手助けはしましょう。
でも「求められて、その中で応えたい&応えられる分だけ」が、
「あなたの問題になった範囲」です。
それをこえると、またゆがんできちゃうわけです。

厳しいこと書いちゃってますが、
誰も幸せにならない努力なんて、
ソッコーでやめたほうがいいんです。
ほんとうに。


3)問題のポイントは何ですか?
--------------------------------------------------

さて、
中には、1も2も潜り抜けてくる問題があるでしょう。

事実に基づいていて(本当で)、
他の誰でもなく自分の問題というもの。

実はこれらのチェックポイントを通過して3まで
来る問題が、よくよくみていくと、
全体の3割ぐらいしかないわけです。

ここまで来てはじめて、
「本気で考える価値のある問題」となります。

そこで使う質問が、
「問題のポイントは何ですか?」というもの。

分解すると……

1)そもそも何から始まった?(発端ポイント)
2)どこで一番止まるべきだった?(原因ポイント)
3)変えられる中で一番効くのはどこ?(解消ポイント)

という3つです。
発端→原因→解消。

この順番で考えるの、オススメです。

発端のまわりにこそ原因があるし、
原因がはっきりしてこそ解消案がまともになります。
この流れだと解消案が、具体的かつ有効になりやすい。

逆に、発端も原因もわからずに
やぶからぼうに問題に手をつけると、
「ヤケドをすることになる」わけです。
下手をすると「火が他に燃えうつる」リスクさえある。

ちょうどいいからそのまま火事に例えるなら、
考えるべきステップは、
着火点(発端)→火種(原因)→消化点(解消)
というイメージですね。


「問題のポイントは何ですか?」
3つもあるから、面倒に思えるかも知れない。
でも、下手に手を付けてヤケドするよりも、
他の人まで燃えるよりも、よっぽど面倒じゃないんです。

人間、一番疲れるのは「空振り」ですからね。


■ ストレスの原因を消すために



3つの質問。
ほとんどの問題に適用できるはずです。

今頭を悩ませているものについて、
さっそく見直してみて下さい。


幻が消えたら、びっくりするほど、まわりが見えます。
気持ちにも時間にも、余裕ができます。
「マヌーサ」(@ドラクエ)が治るようなもんですから。

大事なことは大事にしたらいいけど、
大事じゃないことは、大事にしちゃいけないんです。

アホみたいに聞こえるでしょうけど、
実際に、これができていないときに、人は
忙しくなり、余裕がなくなり、成果が出なくなるんです。
仕事でも、家庭でも、なんでも。


本質、ついていきましょう。


ではでは、くれぐれもお大事に!
他はさわらずに「ツボ」だけ押そうぜ、って話です。


……編集後記に続く。


■ お知らせ



※質問や申込みは、返信やメッセージなどで、お気軽にどうぞ。

●前回紹介した「素質カウンセリング」があまりに好評なので、
 ちょっとだけ枠を増やして、『平日夜』も対応してもらうようにしました。

 自宅でできるスカイプも、利用者さんにとっては楽なようです。
 別に遠方の人に限らず、隣に住んでる人でもOKです(笑)。 

 「自分の上手な運転方法」が知りたい人、
 「自分に合った問題の解決法」が知りたい人。
 オススメです。
 
 ⇒ http://www.ht-b.jp/bh/soshitsu.html


※「神ツボ」のクラスはもう残席があと1名分になりましたが、
 大好評につき「平日クラス」(木曜)を開催することにしました!!
 なので「先生、興味はあるのに日曜にはいけないんですよ……」
 と悲しませていた皆様、チェックして下さいませ。
 
 今回集まりがある程度いい感じでしたら、今後も少しずつ
 平日開催を増やせると思いますので、ぜひ!

●2016年の11月13日(日) 13時~18時(残席1)
 エキスパートクラス(上級) ※単発参加可、初心者応相談
& ●2017年の1月12日(木)の13時~18時に追加開催決定!
 (ぞくぞく募集中)

 「根こそぎ全身症状に効く19の神ツボ × リリース法」
  ~ 脳に直接ひびく体質改善法 ~

 お応えできるお悩みは……

 ▼ 一生使える圧倒的なスキルを身につけたい
 ▼ 売り込み一切なしでも、リピートと紹介が自然に起きるようにしたい
 ▼ 疲れずに早く効く施術を覚えたい
 ▼ あくまで「気持ち良さ」を大事にしつつ、深い体質改善も実現したい
 ▼ シンプルで自分もお客さんもわかりやすい上級スキルが欲しい
 ▼ 脳や五行、内臓といった一番深い体質改善スキルを身につけたい
 ▼ 症状や病気の重さにビビらないで済む『対応力』が欲しい

 こんな感じです!

 特別なツボの場所さえわかれば、体質ごとよくなる施術が可能になります。
 自分にも使いやすく、効果が異常に強いツボのみ厳選してます。

 また、今回お伝えする「ある方法」でツボをリリースすると
 効果が倍増する上に、ずっと長持ちします(他のツボにも使える)。
 
 あんまり大人数にはせず、少人数でやろうかと思ってます。
 次回があるかどうか未定ですので、興味がある方はぜひ、
 ↓をチェックしてみてください。 
 
 http://www.ht-b.jp/erm/seminer/ex1skin.html 
 
 
●新しい無料動画、リリースしてます。
 肩こりがガツンと減る、予防法です。超簡単です。

 ▼肩こり予防! 「手首がえし」
  (肩甲骨、鎖骨、猫背、リンパ、パソコン疲れ)
  https://www.youtube.com/watch?v=jZBJp5aijww


--------------------

●空き状況ページはこちら↓
 http://www.ht-b.jp/bh/aki.html
 (「楽ゆる整体 空き」の検索でも、すぐ出ます) 

●キャンセル待ちをしたい方は↓こちらへ
 http://www.ht-b.jp/bh/can_mail.html

※ カンタンなLINE予約も大歓迎です!
 (nagai_tr で検索、または診察券にQRコードもあります)
 (例):「永井峻、2番、8日19時、9日20時」とかでOKです!


■ 今月の旬!!




※旬の食材は安い上に健康にも◎です!
(栄養が旬じゃないときより2倍にもなるほど多いです)

(野菜)
カリフラワー、チンゲンサイ、にんじん、みずな、みょうが、
さつまいも、さといも、しめじ、じゃがいも、なましいたけ、
まいたけ、まつたけ。

(魚)
いわし、かつお、さけ、さば、さんま、とびうお、はぜ
ひらめ、ぼら、ます、いか、 えび。


■ 編集後記




最近、あまりに
「悩まなくていいことに悩む人」や、
「悩まないほうがいいことに集中する人」に
出会い過ぎまして、

しかも、話をしているうちに
「なんてもったいないことをしてたんだ!」と
なり過ぎまして……

今回の記事に至りました。


最後に、今回のコンセプトが
異常なほどわかりやすくなる格言を、ひとつ。


「どうか神様、私たちに与えてください。
 変えることのできないものを受け入れる平静さを。
 変えるべきものを変えるだけの勇気を。
 そして、変えられることと変えられないことを見分ける知恵を」