読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

【楽.254】何をしてもヤセない理由の第1位は、むくみの放置です(7つの対策付き)

f:id:cookyourself111:20161121115422j:plain


「ヤセさせては危ないって脳が思ってるとしたら、
  そりゃあ、ヤセにくくて当たり前でしょ?」
           (内臓エステの達人)

 

■ ヤセにくくなるのは、なぜ?



「30過ぎたら痩せにくくなる」
「代謝が落ちて、食べ物減らしてもヤセない」

そんな声をよく聞きます。

 確かに年齢による代謝の低下はあります。

でも、痩せにくくなるのが早い人もいれば、
そうでもないと思います。
それに、痩せやすさが戻ってくる人もいるのです。

そこには何の違いがあるのでしょうか?

うちに通うようになってから1ヶ月で3キロ痩せたという人がいました。
それも、そんなに珍しい話ではありません。

なかには、施術直後にベルトの穴が1個変わった(細くなった)という人も
ちらほらいらっしゃいます。

体重が減りやすい……つまり、
痩せやすさが戻ってきやすい人の特徴は、これです。
むくみの改善がキーなんです。


■ むくむとなぜ代謝が落ちるの?



ヤセやすくなるということはつまり、
代謝(基礎代謝)が復活しているということなのですが、
むくみが改善してこそ基礎代謝はもとに戻るのです。

逆に、むくみがある状態では基礎代謝はなかなか戻りません。

というのも、むくみがあるということはゴミがたまっているということ。
それに、 そ余計な水分が余っているということです。
水分が余っている場所には、自覚のあるなしにかかわらず、必ず冷えがあります。

冷えがある場所は、まず筋力が落ちます。
筋肉のポンプの働きが落ちるため、そこで燃やしてくれる脂肪の量が減ります。

また冷え切っていることを誰よりも強く 警戒するのが他でもない脳です。
冷えは生命の危機になりうるので、何とかしようとします。
実はここで、「温めるために脂肪をつけて保温しよう」という手段が
よくとられるんです。

そうなると、代謝が落ちている上に、そこに脂肪が付きやすくなる。
負のスパイラルが始まります。
そしたら、食べ物を減らしても痩せないという状況になる。
ダイエットに関して「脳を敵に回してしまう」から、勝ち目がなくなるんです。


ヤセやすさを取り戻すためのキーとなるのは、
むくみを減らすこと。

それが理解できた上で、どうしたら良いのでしょうか?


■ むくみはどうやったら減らせるのか?




ここでは、むくみ対策として有効なことを7つお伝えします。

●着圧系の服を減らす(ストッキングなどなど)
● 冷え対策を厳重にする。特に手首・足首・首
●カフェインとアルコールを減らし、そうでない水分を増やす
●できるだけ12時前に寝始める
●電磁波系を減らす(特に寝る前のスマホ)
●適度な運動をする(ただし息が切れない、汗が出ない有酸素系が良い)
●蛇口でも排水溝でもある内臓を元気にする

といったことです。

よくリンパマッサージをしてもむくみが減らないという人がいますが、
内臓が弱ったままの状態では、いくら表面を 流そうとしても、
下水道が壊れているようなものなので、むくみは減りません。
(動かしても動かしても、水が出ていかない)

……あ、そうだ、着圧系については補足が必要ですよね。
あれは「その場ではむくみが減り・細くなります」。だから、
大事な本番で使うぶんには、いいと思います。

ただ、「圧迫して狭くする」ということは、
血流をジャマするということです。着圧されていない場所に
むくみがドッとたまっていることも多いですし(それが主にお腹)、
筋肉がカチンコチンに固まっている人もたくさんいます。
(その後、もちろんむくみは悪化します)

だから、長時間の着用は、オススメできません。

……そんなふうに、
多くのパターンでは、プラスが足りないのではなく、
マイナスが多すぎるため、プラスが負けているのです。

極端な話、むくみにことを10個やっていても、
ワインやコーヒーを毎日大量に飲んでいれば、
むくみが よくなることは望めません。

本当の本当は、プラスを増やす努力よりも、
マイナスを減らすことの方が手軽で、時間もかからず、
その上効果も大きいことが多いものです。

だから、大きな誤解が減らせるだけでも、ずいぶん違います。
↑の7つも、手のつけやすいところから、ぜひお試しください。

決定的な事実として、健康度が高い人はやはり
ヤセやすさを保ちやすいですから。


最後に、今回のむくみ対策として
すぐ使える無料動画を紹介しておきます。

●おへそもみあげ(内臓全般の改善に)



●お腹くびれツイスト(血流UPと腎臓:水分調整力の改善に)



●揺さぶりジャンプ(有効な有酸素運動として)




打てる手がないなんてことはありませんので、ご安心ください。

むくみを減らせば、体重はまだ減っていないのに
見た目がシュッとしてくる、という嬉しいオマケもついてきます。

体質改善といっても、簡単に始めることができますので、
お気に入りの1つだけからでも、始めてみましょう。


ではでは、くれぐれもお大事に!
まず脳を味方につけたらいい、ってことですね。

……編集後記に続く。


■ お知らせ



※質問や申込みは、返信やメッセージなどで、お気軽にどうぞ。


●(残席2になりました!)
 2016年12月18日(日) 14時~16時
(セルフケア塾 第5回。初心者の方歓迎、単発参加可)

 「おなかが楽になるセルフケア」
   ~ 消化吸収=再生力が底上げされる復活法!」

 ついにやります。「おなかもみ上げ」のパワーアップ版です。
 おなかは「回復力」と「若さ」の根っこ。
 詳しくは → http://www.ht-b.jp/erm/self/05naizo.html

●(残席2です)
 2017年1月22日(日)13時~18時 ※単発参加可、初心者歓迎
 「楽ゆる式 レイキ 初・中級」
  ~ 氣功でこりや痛みがケアできるようになる! ~

 年1回だけのクラスです。誰でも氣がつかえるように
 なります。自分でやれると、めちゃくちゃ便利です。
 特に、食べものに使うと……(笑) 
 詳しくは → http://www.ht-b.jp/erm/class/reiki_b.html

【NEW】
●2017年2月12日(日)13時~18時 ※単発参加可、初心者応相談
 エキスパートクラス(上級)
 「たった10秒で筋肉が復活するマッスル・ポンピング@上半身」
  ~ 筋力と可動域が瞬時に上がるアメリカ整体の奥義 ~」

 マジで魔法かよ!と喜ばれるワザ、1位です。
 オステオパシー界の伝説「スティル・テクニック」をベースに
 磨き上げた技。飲み会で使えるほど、面白いです(笑)
 詳しくは → http://www.ht-b.jp/erm/seminer/ex2m_pump.html


●(残席2です!)
 「根こそぎ全身症状に効く19の神ツボ × リリース法」
  ~ 脳に直接ひびく体質改善法 ~
 (※単発参加可、初心者応相談)

 1月12日(木)(来年)の13時~18時

 詳しくは →  http://www.ht-b.jp/erm/seminer/ex1skin.html 
 

◎セラピスト向けの姉妹ブログ、
 「楽ゆる式2:こころ・カラダ進化論」は↓こちらです。
 http://www.rakuyurus.jp/



■ 編集後記



たぶん数年ぶりに、ひどい風邪を引きました。

だるい、重い、寒気がすごい、頭痛い、
関節がたよりない、そして……やる気が出ない。

こんなひどいんでしたっけ……

唯一、施術だけは変わらず面白くて集中できました。
でも、その他のこと全般に対する意欲が弱くて弱くて。

改めて、メンタルが弱ることの恐ろしさを
噛みしめた次第です。
気力が落ちるって、ほんと、怖いですね。

今はもうすっかり復活しましたけど、
体調がメンタルに与える影響……ひいては
日々の進行に与える影響って、やっぱりデカい。
途方もなくデカいですね。

そして、そういう「激弱り状態」でさえ面白かったことって、
たぶん本物なんだろうな、と思いました。

それはやっぱり整体で、
その研究や伝達で、
人と話すことで……
あと、意外なことに、ファンタジー小説でした。

いま「烏に単は似合わない」を読んでいます。
すごい。
著者が20歳って、人生、何週目なんだろう(笑)

ストーリーもいいんですけど、
なんていうか「その世界にいるだけで楽しい」という感じ。
そう思わせるだけの、文章力なんです。

ストーリーや発想、設定がめちゃすごいってんなら、
若さの武器として理解しやすいんだけど。
(そこもすごいんですけどね)

文章力がず抜けてる、ってなんなんだろう。

理解力も想像力も気力も体力も好奇心も弱っていたのに、
あの小説は読めた。
読みたくなった。

なんだか、「いい作家さん、見つけた!」
という以上の、新しい可能性に触れたような氣がします。