楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

胃腸とすい臓のセルフケア。疲れ、気力、背中の辛さ、貧血のツボ ~病気を自分で治したい人へシリーズ~

f:id:cookyourself111:20170114212031j:plain


「お前さぁ、あったりまえだけど、
   食べたもんが血肉になるのは、胃腸のおかげなんだぞ?」 
         (アメリカ整体の天才)

胃腸のお悩みの、セルフケア。
疲れやすさ、気力、貧血、婦人科系 にまで、大きなプラスです。

胃腸によい食べものは?
胃腸って、どうして弱るの?
どれくぐらい弱ってる?
ホントは、どうしてたらいい?
よく効くツボは? など、
すぐ使えるコツ × 体質改善(東洋医学)の知恵で、いたわってあげましょう。

 

 

■ あなたは大丈夫? 胃腸系(すい臓も)の症状・疲れチェック

 
1)10大 症状系:
 □ 疲れやすくなった or 寝ても疲れが抜けない
 □ 背中が張る、重い、辛い
 □ お腹が張る、すぐ胃がもたれる or 重たくなる
 □ 朝からだるい(特に首が重い)
 □ 食欲に波がある(食べ過ぎ or 食欲がないことがちょくちょく)
 □ 貧血 or フラつき・立ちくらみがある
 □ 寒がりである(服を着込んでも中から寒い感じ)
 □ 生理痛、生理不順、婦人科系の悩みがある
 □ 口が渇きやすい or 唾液が多い、口臭がつよい
 □ 鼻詰まり、鼻炎
  
2)メンタル系:
 ※ 気力がわかないときがある
 ※ クヨクヨしやすい、取り越し苦労が多い
 ※ 大切なことでもつい反射的に他人に譲ってしまう
 ※ 不安感や心配ごとがいつもある(考え過ぎ傾向)

3)ビジュアル系:
 ◎ 幸薄い印象がある(と言われる)
 ◎ 顔色が黄色い
 ◎ 顔やからだのたるみ
 ◎ 毛穴が氣になる
 ◎ ぽっこりお腹が氣になる(むくみでなく、筋力低下)


……というのが、
すい臓・胃が弱っている人のパターンです。

何個、当てはまりますか?(特に症状のところ)

3つまでなら、経過観察。
(もし1ヶ月以上続いたら、注意)
5つ以上だったら、要注意・要ケアです!


※もちろん、このチェックが多い = 病気というわけではありません。
 ただ、疲労はたまっているはずです。

すい臓・胃は「消化」。
(物理的な)体力との関連がもっとも深く、
「後天の氣」と東洋医学でも言われます。

要は「外からもらえる生命力」ということです。
ここに活力があるかどうかで、
一生を支えていく力を「周りから得られるか」が決まります。


ということでぜひ、簡単なメカニズムも知っておきましょう。
わかりやすく、解説します。


■ どんなはたらき? 胃腸系の役割 & ケアのメリット



すい臓のほうが、親分です。

▼ 消化の王様である「すい液」を出す(万能の消化液)
▼ 食べたものを「使える形」に変え運ぶ。
▼ 適切な栄養を取り入れ、毒や有害なものを排除する、選別を行う
▼ (食べものから)血を生む始まり。
▼ 血糖値を調整する(インスリンで)
 ⇒ ↑の2つから、婦人科系を助ける(婦人科系は「血の力」がキモ)
▼ 免疫機能も助ける(白血球のパワーを強め、赤血球の死骸を掃除)
▼ 大脳との関係も深い。思考により物事を消化•理解する働きに影響する。
▼ リンパを肺と腎臓に送る。
▼ 内臓下垂(胃下垂をふくむ)防止
▼ 背中にも深く関連
▼ 広背筋(背中の筋肉)に影響。
※ 大きさ:20cm ぐらいの細長い形
※ 位置:胃のすぐ後ろ。左の背中近く。

次に胃は、というと……

▼ 消化(食べものを小さくする)
▼ 消化活動を助ける運動と体温(熱)づくり
▼ 嗅覚・視覚などの入り口である感覚器官とも関連。
▼ 新しい物事や考えを取り入れ、一時的に蓄積する。
▼ 食欲を支配する
▼ 乳汁分泌、卵巣機能を支配(生殖系の働きにも関係)
▼ ひどく疲れると下から心臓を圧迫すること
▼ 大胸筋鎖骨部に影響
  → 鎖骨のこわばりの原因になる
※ 大きさ(容量):満腹時で1.5~2.5リットル!
※ 位置:左の肋骨下部の中あたり

といった感じです。

この役割や位置をなんとなくでも知っておくと、
体に不調が出たときに、原因を探すヒントになります。


西洋医学、東洋医学をまとめた内容になっていますが、
どちらの内容もつながっていて、矛盾はありません。

ここまでで、どれだけ大切なものかは、
伝わってくるかと思います。

では次に、こんな大事なものが、
なぜ弱ってしまうのかを、おさえておきましょう。
(そのまま予防に使えます)


■ 胃腸はなぜ疲れちゃう? → 守る方法(原因と予防的ケア)



□ 食べ過ぎ
□ 早食い(噛む回数が少ない)
□ ストレス(特に思い悩む、過去を憂う系)
□ 食欲がないのに無理して食べる
□ ながら食べ(味わってないことで、消化力が落ちる)
□ 食事の時間帯がよくない(寝る直前、不規則など)
□ 甘いものが多い(糖分過多)
※ 特に白砂糖 → 菓子パン、ケーキなどなど
  (はちみつ、黒糖、きび糖などはマシ)
□ 冷たい飲みものでの直接の冷え
□ 食べものに含まれる毒性(特に添加物)


こんなことで、疲れてきます。

現代で特に多いのは、
食べ過ぎ、早食い、糖分過多あたりが
ダントツです。

あと隠れてて怖いのは、添加物です。


予防のほうが3倍も効率がよいので、
↑原因リストの中で無理なく減らせるものは、減らしたらいいです。

ただ、それでも限界はあると思います。
お仕事も人付き合いもありますしね。
だから症状が出ちゃってる人は、↓の食事やケアも取り入れていきましょう。


■ かんたん手軽!胃腸によい食べもの



※共通点:
 黄色い食べ物が良い

▼ かぼちゃ、さつまいも、柿、みかん、
  トウモロコシ、大豆、バナナ
▼ キャベツ、枝豆、大根、
▼ はちみつ、黒糖、オリゴ糖(白砂糖は避ける)
※ 適量で、上白糖でなければ、プラスにもなりえます。

特に日常的に有効なのは、
キャベツ、大根だと思います。

熱を通しても、ナマでも、
食べやすく美味しいって、最高ですよね。

生野菜に含まれる酵素をとると
消化も助けてくれますから(消化酵素)、
1日1食は、サラダで食べるといいですね。

この2つ、お酒を飲むときは、
さらにさらにオススメです。(お腹を守ってくれる)


■ 基本:自分で胃腸を整えるセルフケア方法とは?



こちらも、好みのものを選べるように、多めに書いておきます。
全部やんなはれ!って話ではありませんからね。

○ 代表ツボ
 1)すい臓 ⇒ 中脘(ちゅうかん):へその上指5本分
 2)胃 ⇒ 天枢(てんす):へその横、指2本分(左右どちらも)

※ちなみに、中脘のケアについては、こちらの記事がオススメです。

(続き)
○ クロレラを飲む(ドラッグストアで普通に買えるもので○)
○ キャベツの千切りを食べる
○ 湯船に浸かる
○ 睡眠をしっかりとる(できれば6時間以上)
○ 寝る前に1杯の白湯を飲む
○ 起きてすぐ1杯の白湯を飲む
○ 食事前に1杯の水を飲む
○ 横隔膜をゆるめる(胃がこれにぶら下がっている)
 (オススメ動画:「ハラミリセット」 」
  




こういったことを、少しずつでもやれたら、
消化する力、吸収する力が大きく向上します。

面白いことに、
精神的なキャパも違ってくるんです。

学ぶのが早い人のことを
「飲み込みが早い」といいますが、
まさにそういう状態です。
(実際、↑でも紹介したとおり、脳ともつながってますしね)


前回紹介した「水(腎臓・膀胱)」と、
今回の「土(すい臓・胃)」があわせて元氣になってくると、
どんなことが起こるか?

「どんな種だって育つ大地になる」わけです。
土がよくて、水が豊富なわけですからね。
だから、これら2つが「先天の氣」、「後天の氣」といって、
生命エネルギーの2大要素とされているわけです。


成長スピードを高い状態にするためにも、
大切にしましょう!


※こういったケアは、
 内臓の病気の予防にももちろん役立ちます。

※病気になってしまった人が回復する手助けになることも
 もちろんありますが、そこは無理をせず、
 参考材料とお考え下さい。


今後、五行の残りである「木火金」も、紹介していこうと思います。
(気づいた人も多いと思いますが、五行って、曜日と
 一緒なんです。五行も暦も陰陽が元ですからね)

今回ももちろん、古くなるような内容ではないので、
長く長く、お役に立ちますように!


……というわけで今回は、
「吸収力、ガンガンに上げておきましょう」
というテーマでお送りしました。

ではでは、くれぐれもお大事に!
ってことは、あらゆる悩みは吸収力不足、ってことかも?


■関連記事(他の内臓のケア)↓

 
 

 

■ 編集後記




胃腸疲れの人、多いんです。
正月明けだから、しょうがないんでしょうね(笑)

でも、
「首のこりの原因が実は胃だった」とか、
「背中のハリの原因がすい臓だった」とかって、
意外に聞こえると思うんです。

実際、お腹を最初に整えただけで、
首や背中が楽になることが多くて……

「あれ?もう背中が軽くなってる」
ってビックリされることがよくあるんです。

直接触る前に、軽くなっちゃうわけですもんね。


雑草の草むしりと同じなんですよね。
根っこって、必ずあるんです。

筋肉だけほぐすのって、草刈りするのと同じで、
やっぱりすぐまた、伸びてきちゃう(固くなる)んです。

でも、根っこから引き抜いたら、保ちが全然違う。
じゃあ、症状の根っこって、どこにある?

それは、内臓ってことが本当に多いんです。
(もしくは脳)


今回の一連のシリーズが、
新しい希望の種になればいいなー。