読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

ぼくは今、初稿のチェック中で、南こうせつです。

 

f:id:cookyourself111:20170304221247j:plain


初稿のチェック。
3冊目の本の原稿です。
「手塩にかける」どころか、
「手塩で埋める」勢いで育てた、娘みたいなもんです。

 
4周ぐらい、全体を書き直してきました。
そして、すご腕の編集者さんのチェックをへて、帰ってきた。
 
きびしい嫁入り修行を終えて、娘がいったん帰宅した感覚……なのかな。
スッキリ絞られて、グッとりりしくなっとる。
そうか、お前はそういう顔もできるのか。父さん、知らんかったぞ。
 
大事にしてもらったんだな。
そうか。
でももうすぐ、嫁に行くのか。
花嫁衣装、着るのか?
 
もはや気分は、南こうせつ。
ぼくができることは、もうそう多くはない。
順調にいけば、あと1ヶ月ぐらいで世に出てしまう。
でも、何事もツメが肝心。
ここでオヤジが引いてちゃいかんのでしょう。
 
思い入れで突っ走ってもいかんし、
熱い胸と、冷静な頭、ひとにぎりのキットカットで、
仕上げの段階です。
 
しかし、しみじみ思います。
書き直せば書き直しただけ、こんなによくなるのか。


目で読んでるだけで見つかるミス。
声に出して音読すると気づけること。
紙に印刷してペンを片手に読んでみて、はじめてわかること。
「あの人が読んだら」と本気で想像して読んで、見えてくること。

それぞれ、驚くほど違うんだと、知りました。

 
何度も書き直したくさせてくれた編集者さん、有り難いです。
彼女自身はすごいやさしいんですけどね。
本当に「おゲ○さん」が出そうなほど緊張した初対面から、
ぼく史上、もっともMっ気を発揮したこの一年ぐらい。
面白くてしかたがなかった。なんの魔法なんでしょう。
 
おっさんになってからでも、ガムシャラに本気になれるもの。
大事にしたいと思います。
 
 
もうすぐ、手離れか……
嬉しいとさみしいが同じぐらいのレベルだなぁ。
 
こっからが、次の本番なんですけどね。
 
ぼくの場合はどう思い入れたって本でしかないですけど、
リアル娘を嫁に出すお父さんなんて、
正気でいられるのかしら?(笑)
 
なんちゅーか、酒が増えるなぁ。