読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ 楽ゆる式

整体の眼でみた世界。こころとからだが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

やさしくしたら、いいのにね

f:id:cookyourself111:20170324193037j:plain


「人を攻撃するのは、自分が怖いからだよ」
           (名もなき賢人)

 

■ ぼくは「褒める整体師」だそうです(笑)


「先生って、よく褒めてくれますよね」

お客さんに言われることがあります。

1度や2度じゃないので、興味がわいて、
理由をたずねました。

そしたら、
「整体もマッサージも、基本的にはどこが悪いとか、
 なにのせいだとか、責められることばかりなんですよ」
とのこと。

なーるほど。

たしかに、それはよくわかります。

「骨盤がゆがんでますね」とか、
「ここ、めっちゃカタいですね」とか、
「お酒、飲み過ぎてませんか?」とかね。

どこかが不調でお店に行くんだから、
当たり前といえば当たり前なんだけど、
こうもネガティブな指摘が多いと、気持ちも沈みますよね。

ぼくも患者として、よく感じていました。

そして、そんなやりとりが何回も続いたら、
「そんな先生、イヤだ」と強く思ったのを覚えています。


「え? いいところって、ないの?」
「そろそろ、何かしら改善してきてないの?」
「それじゃあ、通ってる意味もなくない?」

って。

そりゃあ、そうなんです。

「何が良くなってきているのか」があってこそ、
「あとは何が課題なのか」に前向きになれますよね。

気持ちがめげちゃったら、続けて行けないものです。

ぼくが「褒める整体師」に意識せずともなったのは、
そういう恨……思いが、あったからでしょう(笑)


■ 認めてもらわないと、力は出ないよね


「どうせお前なんか」

……イヤなスタンスですよね。
そうは口に出さなくても、そう思われているというのは
伝わったりするものです。

上司が部下に「どうせ……」と思っている。
親が子に「どうせ……」と思っている。
彼女が、彼氏に「どうせ……」と思っている。

もちろん、それぞれ、逆もあるでしょう。


そんな「不信」は、人から力を奪います。
そんな人のために、がんばりたくなんかないもんね。

じゃあ、どうだったらいいか?


「あなたなら、きっとできる」?

期待は期待で、重たいときもあるよね。
ハードル上げないで、ということだってある。

じゃあ、もっといいのは?


「あなたは、よくやってくれてる」

かも知れませんね。

「不信」の逆です。
信頼がある。

そう思ってくれてる人のためだったら、
がんばろう……というより、がんばりたいな、
と思えたりする。

これはとても大切な違いですよね。


■ あなたは、あなたの体を認めている?


一番、大切な視点は、これなんです。

あなたがあなた自身に「どうせ……」って
思ってしまっていないか。

「どうせ、私の肩こりは治らない」
「どうせ、この腰痛と一生付き合っていくんだ」
「どうせ、俺の体はもうボロボロなんだ」

なんてこと、
思ってしまいがちなんです。
ぼく自身も、そうでした。

ぼくはぼくの腰を恨んでいたぐらいです。


そういう思いは、姿勢を変えてしまいます。

なぜって、不信が心の底にあるから、
真剣に大切にしなくなるんです。

そして体はそれを、敏感にさとってしまいます。
超がつく天才児みたいなものですからね。
体とか、潜在意識って。

「ご主人様は、ぼくを認めてくれていない」
「ぼくをやっかいものだと思っている」
「ぼくが脚を引っ張っていると怒ってる」

そんなことを、
あなたの中にいる小さくて純粋な子どもが言っているのを、
ちょっとイメージしてみてほしいんです。

……つらくないですか?(涙)

素直過ぎるから、真に受けるしかないんです。
だから「思考は現実化する」とか言われる。


あえて言いいましょう。

思考は、身体化する。

あなたが思う「あなたの体への低すぎる評価」は、
現実化してしまうんです。

なぜなら、大切にしなくなるから。
かばうように姿勢が悪くなるから。
思い切った動きをしなくなるから。
力を入れないと動かないと決めつけて、力むようになるから。
自律神経が弱るから。
それらが重なって、血流が悪くなるから。
自分で自分を嫌っているようなものだから。
それだと「消えないイライラ」がたまるから。


……これ、極端に聞こえますか?

あなたがあなたの体を(そんなつもりはなかったとはいえ)
責めているとしたら、
ずっとそんな負のループが、回っているんです。

怖いですよね。

そして何より、
かわいそうなことなんです。

だって、体は今まで一瞬だって、
手を抜いたことなんてないんだから。



■ 信じるから、弱い力で関われる


あなたの体を、信じ直すこと。
そこからしか始まらない回復があります。

どうしたらいいか?

それは「弱い力でも改善できる」と知ることです。
そしたら静かに自信が湧いてきます。


具体的にイメージしてみると、よくわかります。

外からの強い力でしか変わらないとしたら、
「他人に変えてもらう必要がある人」ということです。
それは本人が弱いということ。自分で動けないということ。

つまり、強い力で関わるということは、
本人の力をナメているということなんです。


逆に、外からの力が弱くても変われるとしたら、
「自分で変わる力がある人」ということです。
それは本人が強いということ。自分で動けるということ。

つまり、弱い力で関わるということは、
本人の力を信じているということなんです。


お説教も、同じでしょう?

本人をナメているから、長くなるんです。
そんなに長く話さなくても、わかるのにね。

本人を信じていたら、短く終わるんです。
それでもちゃんと、理解できるとわかってるんです。


だから、あなたがやるべことは、
「弱い力でも変われる」ということを、確認することなんです。

それが、あなた自身の認識を変えてくれる。
あなたの中にいる天才児(潜在意識)の力を、
蘇らせてくれるんです。

ぼくが施術で強い力を加えないのは、
こういう理由なんです。


リスペクトがないところに、改善なんてないんです。



■ 揺らすという万能のケア方法


じゃあ、何から始めましょうか。

押すのでも、もむのでもない。
有効なのは「揺らす」ということです。

揺らすだけで変われる体の底力を、知りましょう。

最新のもので大好評なのが、↓これです。

●1分で効く!骨盤のセルフケア
 (腰痛、体幹、血流、冷え・むくみ、婦人科系)




「それはもう、試したよ」という人もいらっしゃるでしょう。
その場合は、少し前のよいサンプルが、こちら↓です。

●30秒:おなかくびれツイスト
 (背骨 & くびれ & 疲労回復)




やってみたら、心地よいはずです。
腰や背中がふわりとほぐれるのを感じるはず。

ぜひ、あなたの中にある、
本当はとても強い力を、味わい直してみて下さい。

そして、知っておいて下さい。
やさしいということは、余裕があるということです。
やさしい目的の厳しさも、含みますけどね。

ただ意味もなく脅すようにしたり、不安にさせたり、強く出たりする。
そういう人は、余裕がないということ。
本当はとても弱いということです。

それは、
言葉でも、行動でも、マッサージでも、同じなんです。


どっちを信じたらいいか。

もうおわかりですね?


「あなたを信じてくれているほう」を
信じたらいいのです。



……というわけで今回は、
「尊重する姿勢が、相手の力を最大に引き出す」
というテーマで、お送りしました。

ではでは、くれぐれもお大事に!
和食って、すごくそういう姿勢でできてますよね。


編集後記に続く……


■ お知らせ


※質問や申込みは、返信やメッセージなどで、お気軽にどうぞ。

●4月6日(木) 売り込みゼロの集客塾 第1回
 『聴く力 & 質問力 』~ 初対面でも信頼関係ができる1番最初の鍵 ~
 http://www.ht-b.jp/erm/seminer/keiei1.html

 「なぜ聴く力で、売り込みゼロの集客が叶うのか?」は↓へ。
 http://www.rakuyurus.jp/entry/2017/02/18/125214

●4月16日(日) 
『 10秒でカチコチ体がみるみるやわらかくなるストレッチ』
 ~ たった1回で前屈+7.6cmを記録した方法 ~
 http://www.ht-b.jp/erm/self/06laughter.html


●8月から、楽ゆる整体の初級コースがスタートします!
 「初めての人でも60分の全身ケアができるようになる」クラス。
 年に1回の募集中です。(残りあと3席です)

 ※この内容・金額でやるのは最後になりそうです。
 http://www.ht-b.jp/erm/school_b.html


◎ブログだけのネタも好評です。「楽ゆる式」
 http://www.rakuyuru.jp/

◎セラピスト向け:「こころ・カラダ進化論」
 http://www.rakuyurus.jp/

☆ Facebookだけの面白ネタもちょくちょく出してます。
 友達・フォロー、大歓迎です!
 https://www.facebook.com/nagaiTR



■ 編集後記



「やさしくなりたい」

こんなことをまっすぐ歌えるなんて、
斉藤和義さんは最高だと思います。

そして、すべてのサビで、
並んで出てくるのが「つよくなりたい」です。

これら2つは並び立つものなんですね。
ぼくもそう思うんです。

ほんとにやさしい人には、強い芯がある。
ほんとうに強い人は、やさしさを備えている。

父性的か、母性的か、
カラーに違いはあるでしょうけどね。


ぼく自身はなかなかそうなれない。
そうなりたいと願っていても。

でも、最近ちょっと思うのが、
ぼくが作るセルフケアは、そうなれるかもしれない。


これは可能性、感じませんか?

斉藤和義さんは、やさしくなること、
強くなることを切実に願っています。
今はまだ、そうじゃないと思っているんでしょう。

でもね、彼が歌ったこの曲、
「やさしくなりたい」は、
やさしいし、強さも持ってませんか?


あれ?
もしかして、当たり前のことを、
いいこと言ったふうに言ってるだけかな?(笑)


いやーでもこれ、
ぼくにとっては希望なんです。

そして、この歌そのものの力や、
この歌が自分から生まれたということに励まされて、
斉藤和義さんの強さとやさしさは成長するんじゃないか。

親鳥が卵を育ててる間、
卵も親鳥を強くしたりするでしょう?
ふだんは勝てもしない天敵を、追い払う映像を
よくみるぐらいですから。


「永井さんはなんで、そんなにセルフケアを教えちゃうの?」
ってよく聞かれるんです。

いくつか理由はあるんだけど、

「それでぼくが育つから」
というのは、割と大きな理由かもしれません。