楽ゆる式◎セルフケア整体

こころとカラダが、楽にゆるむコツまとめ。心体脳の能力を最大に。

2度とギックリ腰にならない5つのコツ(動画あり)

f:id:cookyourself111:20170802222141p:plain


「その起き上がり方をしてたら、ギックリ腰になるのも
  時間の問題ですよ?」」
            (とある凄腕院長)
         

 


「生まれて初めてぎっくり腰になりました……」

この5月から7月にかけての湿度の高い時期。
体調を大きく崩す人がすごく多かったです。

実際、だるくなかったですか?

湿度も気温の変化も、膀胱に負担です。
なぜなら、水分の調整で体内の湿度や体温を
良い状態に保つのが膀胱の仕事だから。

で、この膀胱の部下代表が、背筋なんです。
もっといえば、背中全体ですね。
(脊柱起立筋)

なので、この梅雨に背中から腰にかけてが弱ってしまい、
むくみがしどい、重だるい、疲れやすい、睡眠が浅い、
最悪はぎっくり腰になる……そんな人が例年の倍以上いた印象です。


「ひどいぎっくり腰は、出産より痛い」


――これ、本当だそうです。
何人かの女性に聞いて「そうそう!」ってなりました。

経験者にはきっと、うなずけることでしょう。

だからこそ、再発はなんとしても防ぎたいですよね。
よくぎっくり腰はクセになるなんて言われますが、
腰の状態を良くしておけば、大丈夫です。

急になってしまう印象があるんですが、
実は、疲れてもいない腰がぎっくりになる事はほぼありません。
例外は、急な衝突とかぐらいかな。


さて、
ギックリ腰を防ぐには、5つのポイントがあります。
どれもすごく簡単なことです。
ちなみにこれらすべてが、普通の腰痛を軽くするのにも役立ちます。

動画で詳しく説明していますが、
要点は……

★ 朝、腹筋じゃなくて腕で起きる
● 腰じゃなくて膝を曲げる
● 前かがみするときは、脚を前後に
● 冷たい飲みもので終わらない
● 1日1分でいいから腰を和らげる

ということです。

特に1つ目が盲点になりがちで、とても大事。
全部じゃなくても、1つ2つでもかなりリスクが軽くなります。

ぎっくり経験者はもちろん、
「いつも腰が重くなる」という人も、
ぜひチェックしてみて下さい。

ほとんど手間、ありませんからね。
これから夏バテの時期もまた、ギックリ腰デビュー & 再発が
ちらほら出て来ます。

腰に重さを感じたり、体にだるさがあるなら、
やりやすいものだけでも取り入れて、
マジで、お大事にして下さいませ!

●2度とギックリ腰にならない5つのコツ
 (腰痛予防のの鉄則)





というわけで今回は、
「ぎっくり腰って、蓄積の結果だし、だから予防もできるよ」
というテーマでお送りしました。

ではでは、くれぐれも、お大事に!
最近は内臓疲労から来てるケースが多いかなー


編集後記につづく……


■ お知らせ


※質問や申込みは、返信やメッセージなどで、お気軽にどうぞ。

【NEW】
●『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』
 出版記念セミナー (超お得)
 ~ 3つのコツで、体は魔法みたいに伸びる ~

 これ、ぼくのミスがありました(汗)
 出版記念セミナーは8月23日(水)で、しかも
 本の発売も8月23日(水)って書いてしまってました。
 これ、本当は8月16日(水)が正しいのに、間違ってました。

 「いやいや、割引きとか言っておいて、
  事前に買っていけないやんけ!」的な状態に<(_ _;)>
 
 お騒がせしてすみません!
 
 本屋さんに並んでからセミナーまで1週間ぐらいは
 余裕がありますので、慌てる必要はありません。
 
 その場でやわらかくなるはすごく楽しいです。
 超お得なこの機会にぜひ、↓チェックしてみて下さい。

 http://www.ht-b.jp/erm/tokubetsu/04yuru_st.html



●2017年9月24日(日) ※誰でも単発で受講が可能です!
「楽ゆる式 氣功セラピー初級 (レイキ 初・中級) 」
 ~ 氣功でこりや痛みがケアできるようになる! ~

 めちゃくちゃ便利だからか、人気No.1。
 食べものやサイフの浄化ができる魔法のおみやげが
 毎回、大好評です!
 
 はじめての人だけでなく、けっこう喜ばれるのが、
 「レイキを学び直したい人」です。
 お気軽にどうぞー!
 http://www.ht-b.jp/erm/kiko/1reiki_b.html



●その他、その先の予定はこちら↓
 「楽ゆる整体 スクール予定」
 http://www.ht-b.jp/erm/seminar.html

◎ブログだけのネタも好評です。「楽ゆる式」
 http://www.rakuyuru.jp/

☆ Facebookだけの面白ネタもちょくちょく出してます。
 友達申請・フォロー、大歓迎です!
 https://www.facebook.com/nagaiTR


■ 編集後記

ぼくは、15分だけ、ぎっくり腰になったことがあります。

変な話ですよね(笑)


めちゃくちゃ食べ過ぎ・飲み過ぎだった日の夜中、
トイレに起きようとしたら、
背中をバチンとなんかで殴られたかと思いました。

そのまま床に倒れ込んで、身動きできず。
起き上がることはもちろん、
脚を動かすのさえ、めちゃくちゃ痛い。
息だって小さくしないと怖い。

でも、翌日も予約が朝イチから夜まであるし……

何より、かなりトイレに行きたい(笑)

ぼくは途方に暮れそうになりつつ、
あきらめるわけにも休むわけにも……
もちろん、漏らすわけにもいきません。

そこで、自分の体を診断です。
なんとか脈を診たりして調べて、
「原因は脾経(すい臓)」とわかりました。

そこからはなんとか呼吸法をくり返しつつ、
大きな動きをしなくても手が届くツボで
すい臓ケア……

息も絶え絶えな感じで、
弱った虫のように大人しい動きをくり返すこと
15分ほど。

痛みが10分の1ぐらいまで、改善しました。

極限状態だったから、いつにない集中力を
発揮したんでしょうね。

あ、もちろん、トイレも間に合いました(笑)
怖かった……


いやー、あれは今思い返しても、
冷や汗が出ます。

2度とくり返したくないです。

でも、そう、何人からも聞きましたが、
本当にぎっくりって、くり返す人が多いんです。

ただ、安心してください。
「習慣改善」か「体質改善」をすれば、
同じ苦しみはもう味わわずにすみます。

まだギックリの心配がない人も、
できれば、軽く頭に入れておいて下さい。

やっちゃった後では、冷静になれないから、
この記事のこと調べてる余裕なんてないと思いますので(笑)

氣をつけましょう。