楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

ぼくは、集中力が25分しかもたない  ~心地よい集中を保つコツ~

f:id:cookyourself111:20171009160048j:plain



「もの足りないから、次またやりたい、って思うんだよ」
           (生き方上手なおじさん)
         

 
集中力を上げる秘密を書いてみます。

「……って、あんた、25分しか、もたないんでしょう?」
というツッコミが入るでしょう。

そうなんです。
でも多分、その25分の濃度がすごいんだと思います。
自分で言っちゃダメなんでしょうけど(笑)

よく聞かれるんです。
「仕事がそんなに大量にできるなんて、さぞ集中力が続くんでしょう?」
って。
長時間やってるイメージがあるみたい。

でも、ぼくに持久力はありません。

50分ぐらいのドラマでも途中で少しウロウロしちゃうし、
映画なんて大変。途中でストレッチしたり、瞑想することも(笑)

セミナーも本当は大変なんです。
5時間とかあるからね。

だから、
「永井先生のクラスって、実技も多いし、
 でんじろう先生みたいな実験も多し、飽きずに楽しいです」
みたいなことを言われるんだけど、

25分に1回は、何か面白いことをはさみたくなる。
そうしないと、ぼくがもたないからなんです(笑)

多分ぼくより飽きっぽい人、地上にあんまりいないから、
「誰よりも早く飽きる」という、ある意味、
スピード・スターなんですね。

でも、飽きが来ちゃうと自分でわかるし、
それはしゃべりに確実に出るから、
クラスの質を落としちゃう。

だから、飽きる頃に「切り替え」を入れるんです。
「違う味」をいったんはさむ。
一回漬けもの食べる、みたいなね。

それが1分でも2分でもいいんです。
そしたら、また次の25分が、
「すごく濃い集中状態」に戻れる。
漬けもののはさんだあと、また魚がうまい!的に。

たぶんこれ、誰でも使えるコツなんじゃないかな、と。
「飽き」って、脳の疲労のはじまりらしいから。


いっとき「ぼく、軽い障害なのかな?」と本当に思って
調べてみたら、そもそも脳が「そんなもん」らしいんです。
15~25分ぐらいが、一番集中できるみたい。
あとはみるみる落ちていく。

でもそのとき、脳の別のエリアを使えば、集中力は回復する。
だから飽きたらすぐ切り替えたらいい。

おー、そうやってるんじゃないか、ぼく!
と思いましてね。


だから、
集中力がある人はある人でいいし、ない人も嘆く必要はない。
25分で切り替えたらいい。

「25分ぐらいじゃ、キリがわるいよ。
 仕事が途中で終わっちゃう……」って、思うでしょ?

でもね、実はそのほうがいいんですよ。

「ものたりない」は「次またやりたい」と同じなんです。
だから、次の25分にとりかかるときの勢いがあがってる。
一回しゃがむから、また高く飛べるのと同じ。
「ちょっと焦らす」と思ってもいい(笑)

食べものも同じでしょう?
お昼を腹八分にしておいたら、晩ご飯が楽しみだし、
おいしくなる。

で、大切なのは「そのほうが消化にいい」ということ。
仕事でもきっと、消化にいいから、学びも多いんです。

ダラダラ集中力が切れてからも続けるより、よっぽどね。
2時間を超える会議とか、もろ、そうでしょう?


ぼくはこれ、人相手でも同じだと思う。
「もうちょっと話したかったな」ぐらいがちょうどいい。
次また会いたくなる。

「次が楽しみ」って、生きがいの本質だと思うんです。
だから、「少しものたりない」で、
「あとは次の楽しみ」ってしちゃったらいい。


それに、「ものたりない」は「自主性」も育てます。
途中で終わってるからこそ、脳は「その続き」を勝手に考える。
潜在意識がね。

これって有名な「アイディアの産み出し方」でもあるんだけど、
「そのことを考えてないとき」に、いいアイディアが「湧いてくる」。
だから、「離れる時間」が必要なんですよね。

そういう意味でも、
「ものたりない」は、大きな力になる。

カラダも同じで、「ものたりない」と、あとは自分で働いてくれる。
ストレッチで「伸ばしきらない」からこそ、
「残った分をやわらかくする作業」を脳とカラダがやってくれるわけです。
それが、ゆるストレッチの根幹です。

だからぼくは短時間でやる。
施術もセルフケアも、弱め、短めのほうが効くんです。
楽ゆるってことね。


まとめます。

「ものたりない」は、「次のやるき」と「自主性」を育てる。
そしたら、継続力が上がってあたりまえだよね。

タイマー片手に仕事するといいと思います。
ぼくは常にそうです。

燃えるような25分が、楽しいから。
どんなに途中でも……いや、途中だからこそ、
25分でピーピー鳴ったら、本当に手を止めちゃう。

1~2分、別のことをする。
水飲んだりとか、カラダ少し動かしたりとか。

そしたら、スピード感、また上がるから。
「早く仕事するクセ」もつくしね。
スピードって、スピード感によって出るから、
こうやってると、本当にどんどん早くなっていく。

よくいうけど、マトリックス(映画)の、
「速く動こうとするな。速いと知れ」と同じね。
スピード感をつけたらいいんです。


人生はマラソンだと言うけれど、
短距離走の掛け算だと思ってもいいよね。

ぼくは、42.195kmは走れない。
飽きちゃうから。

でも、42.195kmを、
100分割して走ったら、けっこう速いんだと思います。
そして、楽しいんだと思います。

タイプはそれぞれ、あるけどね。
集中力が足りないって悩んでる人には、
25分走な集中スタイルが、役に立つんじゃないかなー


というわけで今回は、
「持久力での勝ち方って、一種類じゃないよ」
というテーマでお送りしました。

ではでは、くれぐれも、お大事に!
ジョギングも緩急つけると効率いいみたいだしね。


編集後記につづく……

■ お知らせ


※お問い合わせは、返信やメッセージなどでどうぞ!

新しい動画も、大好評です!

▼座ったままできる!肩こりがグッと楽になるゆるストレッチ3点盛り
https://www.youtube.com/watch?v=IBaSI4xH3Q0&list=PLSDkOdDxLWIxlt3req4PZWcVeEv4VWZML&index=57


▼座ったままできる!腰痛がグッと楽になるゆるストレッチ3点盛り
 (デスクワーカーに◎)
https://www.youtube.com/watch?v=8CB2985Iyl0&list=PLSDkOdDxLWIxlt3req4PZWcVeEv4VWZML&index=54

●2ヶ月先ぐらいまで予約がとりにくくなりました。
 不便で申し訳ないのですが、2回分でも3回分でも
 先の予約をして頂けますので、それで
 ペースを保って下さいませ<(_ _)>


■ 編集後記


汁物がどんどんおいしくなる。

これも、おっさん化の一つなんでしょうか。

味噌汁はもちろん、
すまし汁も、コンソメスープも、
ミネストローネも、カップヌードルも。

焼き物、炒め物、汁物、煮物、生もの、漬けもの、
乾き物、揚げ物、炊き込みもの?

などと並べていったときに、
(こんな並べ方、始めてやったけども(笑))、

今や、

1位:汁物
2位:なまもの
3位:焼き物と煮物ですごい悩む

という感じに。

20代の頃までって、

1位:揚げ物(とくに唐揚げ)
2位:炒め物
3位:揚げ物(もう一回食える)

ぐらいの勢いだったんですけどね。


初速のおいしさは、今でも揚げ物、炒め物は
「うまーっ!」ってなるんですけどね。

中盤、終盤になってくると、
おいしさが落ちてくる。重くなる。


まぁ、なぜかそんなぼくでも
ポテトチップスとカップヌードルは
妙にうまいんですけどね、いまだに。

なんか悪いもん、入ってるからだろうなー