楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

超簡単!あごがゆるむ「耳くるくる」~疲れ、睡眠、こり、顔のたるみに~

f:id:cookyourself111:20171201120650p:plain



「いい感じで力が抜けないから、そんなに疲れるんだよ」
            (体術のお兄さん)
         



「リラックスできないんです」
「ボーッとしてるのが苦手」
「マッサージを受けても、すぐまた肩がこってくる」
「氣が休まらない……」
「ぐっすり眠れてない感じがします」

そんな声が、すごく増えました。

どうして?

どれも根本の問題は同じ。

力み。

これなんです。
「一億総力み時代」といってもいい。

なぜって、そうだなぁ、
量とスピードが行きすぎているからです。

仕事も、情報も、変化も、刺激も。
だから、すごく「リラックスしにくい時代」です。

だからこそ、癒しグッズがあんなに売れる。
でも、やっぱり「永遠に肩がこる」。


その「休まらない悪循環」を断ち切りたい。

そのカギが、けっこう「アゴ」なんです。
力みの根っこが、ここにある。

「歯がゆい」
「歯ぎしり」
「歯を食いしばって耐える」

興奮したときも、同じです。

ドーパミン系の「気持ちいい!」という花火的な刺激は、
緊張を生むんです。ハラハラ、スリル。

逆がセロトニン系の「心地いい……」という炭火的な刺激。
これは安心やリラックスを生みます。ゆるゆる、安らか。

どっちのほうが、よく眠れる? 休まる?
……答えは、明確ですよね。


今、超ドーパミン時代なんです。
なんでも派手になっちゃったね。
反対の動きも、少しずつ増えてるけど。

職場や社会が、ほとんどがドーパミン一色だから。


そう。
だから、ストレスがたまるのも、
力みがたまるのも「しょうがない」。
あなたが悪いわけじゃない。

ただ、
上手にそれを抜いていく必要はある。

そうじゃないと、
肩こり・不眠じゃあ、済まなくなるしね。

数限りないほどのメリットは……

○ 首こり肩こりも減るよ
○ 頭も疲れにくくなるよ。回転もよくなるよ。
○ 呼吸も深くなるよ
○ 睡眠にもいいから、疲れにくくなるよ
○ 体もやわらかくなるよ
○ そうそう、顔が「たるみにくく」なるよ。
 (アゴが下に引っ張るから下垂しやすいの)
○ エラが小さくなる人もけっこういるよ

という感じ。メインだけでも。

手軽でどこでもできるので、
ぜひちょいちょい活用してほしいです。

首ポンピングや、ゆるストレッチとの
相性も抜群です。
(アゴを先にゆるめるといい)


まだ告知は全然してなかったのに、えらく好評っす。


●超簡単!あごがゆるむ耳くるくる。
 顎関節、全身疲労、神経や睡眠の悩みに。


 

というわけで今回は、
「疲れもこりも、アゴから抜ける人、多いよ!」
というテーマでお送りしました。

ではでは、くれぐれも、お大事に!
美顔もアゴから、ってぼくは実感してます。

編集後記につづく……

■ お知らせ


※スクールに関するお問い合わせは、
 返信やメッセージなどで、お気軽にどうぞ。

●1/28(日)
「楽ゆる式レイキ①初・中級」
 ~ 氣功でこりや痛みがケアできるようになる! ~
 http://www.ht-b.jp/erm/kiko/1reiki_b.html

●2月25日(日)
「人気No1. 治療系への第一歩!楽ゆる式 骨盤調整」
 ~ 無理なく心地よく、血流の改善で整える方法 ~
 http://www.ht-b.jp/erm/class/kotsuban.html


●その後、3月背骨、4月内臓、5月頭蓋と、
 奥まで効くケアを、あくまでもシンプルに伝えます。

 また改良し、上級クラスでお伝えしていたものを
 中級に噛み砕いて1つにしました。その分、お得です。

⇒先の予定はこちら↓
 「楽ゆる整体 スクール予定」
 http://www.ht-b.jp/erm/seminar.html


☆ Facebookだけの面白ネタもちょくちょく出してます。
 フォロー、大歓迎です!
 https://www.facebook.com/nagaiTR

■ 編集後記

ようやく、アゴのケアができました。

納得できるレベルで
効果と簡単さを両立させないと、
出したくないですし。

カギって、みんなそれぞれ、あるんです。

自分の「鍵穴」と合わないカギだと、ドアは全然開かない。
当たり前のこと。

でも、
自分の「鍵穴」に合うカギなら、ドアはスッと開く。
これも、当たり前のこと。

健康ってきっと、
「今の自分に合うカギ探し」なんです。

アゴがカギって人は、
けっこう多いはず。

今回のでも、「これだったんだ!」ってなる人が、
出てくるといいなー。