楽ゆる式◎セルフ整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

雪の上を安全に歩くコツ、意外な決め手。

f:id:cookyourself111:20180122162502j:plain



雪を安全に歩くために、
よく言われているのは……

● 歩幅を小さく
● 前かがみで
● 足の裏全体で着地する

ということです。
でも、もっと大事なことは、
「ルート選び」です。

 
そもそも危ないのは、「滑って転ぶ」こと。
何より滑るのは「踏み固められて凍ったところ」
なんです。

だから、
「みんなが通ってるから、他の人の足跡を
 辿ればいいんだろう」という誤解がいかんのです。
 
カッチカチになってたりするから。
 
だから、ルート選びのコツとして、

● 凍っていそうな表面が固まって透明感の
 出ているところはNG

● 固まってない雪が少し白く積もっている
 ところのほうが安全

● もし雪に弱い靴で、雪の上がきついなら、
 踏み固められているルートの「はじのほう」を
 選ぶと比較的安全(硬すぎない)

という3点をぜひ、覚えておいて下さい。
 
 
北国富山で、
豪雪をものともせず全力疾走したり、
下手すると自転車乗り回していた男より。