楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

病気を溜める人、健康を貯める人

f:id:cookyourself111:20180203114018j:plain



「朝からだるいんです」
「すぐ疲れちゃって……」
「集中力が続かなくなりました」

そんな疲れやすい人には1つ、
共通点があります。

 
「空回りしてる」ということ。
ほぼ無意識なんですけどね。

10の力でできることを、
12とか、下手をすると、20でやっちゃう。

そしたら、
普通の人よりも、1.2倍とか、2倍
疲れちゃうの、当たり前ですよね?

自分が空回りしちゃってるかどうかを
チェックする方法は……

□ 呼吸が浅い(20秒吐き続けるのがきつい)
□ アゴが疲れている(だるかったり、開きにくかったり)
□ 肩こりが常にある(朝からすでに辛い)
□ 睡眠が浅い(すぐ目が覚める、途中で起きる、早く目覚める)
□ 鳩尾がかたい(押すと苦しい)

といったもの。

これが、
「すごく疲れてるときだけっすよ?」
だったらいいんだけど、
「ぼく、基本的にそうです」っていうのが1つでもあると、
かなり「空回り」してます。

がんばり屋さんです。

……これもほとんどの場合、自覚、ないんですけどね(笑)
「そんなことないです」って言います。
「今のがんばり」が当たり前だから、気づかない。
でも、危ないんです。信号、黄色だから。

だから、↑のチェックが当てはまったら、
もう、あきらめて、認めて下さい。

あなたは、無意識も大いに含めて、
がんばり屋さんです。
というか、「力み屋さん」です。

疲れて当たり前の「クセ」がついてる。

じゃあ、どうしたらいいか?


●10の力でいいことは、10でやる。
●もしかして5でやれるんじゃない?と考えて、
 工夫してみる

ということです。

文字にすると当たり前なんだけど、
「力んでいる」のが諸悪の根源なのだから、
「力を抜く」ということが、最善なんです。


たとえば、歯磨き。
意外と急いでませんか?
肘が高く上がってませんか?
腕にギュッって力が入ってませんか?
ゴシゴシ磨いてませんか?
終わった後、ちょっとだけ肩とか腕が疲れませんか?

……それ全部、「無駄力み」です(笑)


歩くのも、そうです。
早歩き、してませんか?
足音、人より大きくないですか?
指でギュッって地面を蹴ってませんか?
呼吸が浅くなってませんか?
脚だけで歩いていませんか?
(お腹や背中も動いているといいんだけど)

……それも全部、「無駄力み」なんです。


細かいと思うでしょう?

でもね、結局、この積み重ねでしかないんです。
肩こりも腰痛も、あらゆる疲れも、痛みも、
ひいては病気も。

鳥のフンじゃないんだから、運悪く、
急に降って湧くわけじゃないんです。
毎日、溜めていってるものでしか、
健康も病気も、つくれないんだからね。


何かが「過剰」で、
何かが「不足」。

でも本当に多いのは「過剰」のほう。
「過ぎたるはマジ及ばざるがごとし」って、
偉い人も言ってましたよね。

でね、
「過剰」でも「不足」でもないとき、
ぼくたちは、
「心地いい」って、感じるんです。

すごく使える指標。

だから、結論としては、
「心地よい動き」を探せばいい。


心地よく、歯磨き、してますか?

心地よく、歩けてますか?

心地よく、眠れてますか?

心地よく、食べられてますか?


その積み重ねが、
心地よい生き方に、必ずつながります。


すべてがそうできなくてもいい。
でも、その時間を、10分でも1分でも
作れたら、
人生の中の「あなたのターン」が増える。

それぐらい、大切な「工夫遊び」です。


心地よさを、探してみて下さい。
作ろうとしてみて下さい。
感じようとしてみてほしい。

その「つもり」になるだけで、
あらゆる動作が氣功になりますからね。

というわけで今回は、
日常動作に魔法をかける方法でした。