楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

1年半目で、急に頭痛が消えた。

f:id:cookyourself111:20180306160233j:plain



「逆に、いつ良くなるか、わからない」
こういう形の希望も、あるんだと知りました。

 
肩こり腰痛はもうよくなったけど、
ずっと頭痛が消えなかった。
それがつい先日、1年半もたって、パタン、と消えた。
60代の女性のお話です。 
 
「いつ、どうなるかわからない」って、
悪いことの予感としてよく言われる。
でも、良いことも、同じように、
いつ起きるかわからないんだね。
 
奇跡というわけでもなく、
本当は、プラスが、じわじわじわじわ溜まってる。
草木が地中に根をはるように。
で、ひょっこり(はん)って、芽を出す。
 
冬はたしかに長いし、報われない感じだけど、
その過ごし方で、地中の豊かさが変わり、
春の色に出る。
 
だからお互いに、冬に慣れていたいなと思うんです。
辛いけどね。
どうしたらいいんだ、ってこともある。
本人がもうあきらめてることもある。
自分の無力さを嘆くことも常にある。
……それでも、春を待つことを、やめない。
 
そういう役の人が、
あらゆる種に、
あらゆる人に、
必要なんでしょう。
 
でも1つコツはあって、「地中を見通せる」ようになること。
根がどれぐらい張れているか予感できれば、
回復の歩みがわかるから、
焦ることもないし、静かに待てる。
 
それが多分、「診断力」や「検査」の隠された価値なんでしょう。
農家の人も、土を診て、実りを見通しているもんね。
土を噛む人もいるぐらい。
「こりゃいいナスができるぞ!」つってね。

「自分でなんとなくわかる」と最高だから、
動画でも本でも、チェック基準をお伝えしています。
たまには専門家の力を借りるのも、いいものです。
 
 
今、「終わりがあるのか、これ……」って思うような
冬にいるのだとしたら。
実は、足りないのは、健康法じゃないかもしれないね。
冬への慣れかもしれないし、
春へのイメージ力かもしれないし、
春の予感を読み取る力かもしれない。
 
希望って、光のように明るくはないところにも、
ひょっこり隠れてたりするものです。
「見えない」ということは、逆に、希望でもある。
 
冬でも、
まだ芽が顔を出していなくても、
……それでも、
土には水を、
やり続けましょう。