楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

ささいな変化こそ、本物の可能性

f:id:cookyourself111:20180321172057j:plain



「先生の整体って、やさしいことしかしないのに、
 どうして体がこんなに変わるんですか?」

……それは、やさしいことしか、しないからやで。


たとえば、
褒めてなだめて説明して脅して手取り足取り教えて
ようやく漢字ドリルを10ページやる子がいる。

逆に、
「宿題の調子、どう?」とひとこと言っただけで、
漢字ドリルを10ページやる子がいる。

どっちが、伸びるか。

後者だよね。
「本人の意思と力」がちゃんと働いているから。
能力もやる気も伸びていく。

前者の子は、「親がやらせてるだけ」だから、
本人の力は弱っていくわけです。

だから、
「弱い力で起きた変化は本物である」
という法則があります。

外部の力じゃなくて、内部の力。
本人発の、本物の変化だということ。

だからね、
派手な変化や、わかりやすいきっかけを探すのを
やめてみるといいと思うんです。

小さな変化や、
なんとなく拾ったぐらいのきっかけに、
耳を澄ませたらいい。

丸々と実った果実も、1回食べたら、終わり。
小さな種でも、育てて芽を出せば、
やがて果実はいくらでも増やせるよね。

変化は、自分の内側から起こってこそ。
小さくても「今後 変化を生む変化」のほうが、
ずっとずっと大事です。

ちょくちょく、
自分の体に、聴いてみましょう。


ねえ最近、何か、変わったこと、ある?