楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

まだ見ぬ「可能性」の見つけ方

f:id:cookyourself111:20180407135606j:plain

 
理解できないことって、
理解できることより、大事かも知れない。
 

 
今日ね、
「腕をやってもらっただけなのに、
 なんで背中の痛みが消えるんですか?」
という人がいたんです。
 
きっと、多くの人にとって、意外かもしれないね。
 
でも、見方を変えてみよう。
彼は、今まで背中の痛みが全然よくならなかった。
でも、今回「意外なこと」をしてもらったことで、
ずっと解決できなかったことが、解決した。
 
新しいことを試したから。
 
本当に新しいものって、意外です。
「違和感」があったり、
少しの「不安感」、「不快感」も混ざるかもしれません。
 
でもそれは、新しい証拠で、
新しい結果につながるサインかも知れない。
 
 
理解できる範囲のなかに居続けると、
今までと同じ壁を、いつまでも突破できないことがある。
合わない鍵をガチャガチャ回し続けるようなものだから。
 
違和感、不快感、不安感があるぐらい新しいことに
目を向けてみることは、可能性そのものです。

もちろん、嫌な感情はクリアしたほうがいいね。
じゃあ、どうしたらいいか。

知ればいい。

それ、何? 何目的の、どんなもの?
ってね。

頭ごなしに拒絶するのが、一番よくないね。
可能性が死んじゃうから、
頭も心も、せまくなる。
痩せていく人生になっちゃう。
 
 
理解できるのは、安心だけど、現状維持。
理解できないは、不安だけど、未知の可能性。

だったら、
「理解できない」にあえて興味をもって、
「理解できる」に変えていけばいい。
 
そういう考えたやスタンスそのものが、
筋肉を柔らかくすることも、
実際、あるからね。
 
硬いってことは「受け入れない」ってことだから。
あなたがオープンになった分だけ、
筋肉もツボも、オープンになるものです。 
 

健康のためにも、
心が老いてしまわないためにも、
「理解できないこと」こそ、大事にしてみよう。
 

春が来たよ。

普段のあなたならやらないこと、
何か、やってみた?