楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

なぜ顔はむくみ、たれ、シワができるの? ~楽ゆる式 美容整体クラス開催決定!~

f:id:cookyourself111:20180409195550j:plain



今、むくみ、ひどくないですか?
「顔が前よりたれちゃった感じ」という人も、
すごく増えています。

春って、そういう「毒出し」の季節です。
「排水」する力が落ちていると、むくんで、たれてしまう。
 
これ、どうしたらいいんでしょうか?

 
そもそも、なぜ、むくむの?
なぜ、たれちゃうの?
シワができちゃうの?

――答えは1つ。

「血流が落ちたから」

血流が落ちて、掃除が遅くなるから、むくむ。
血流が落ちて、筋肉がかわいて弱るから、たれる。
血流が落ちて、かわいて弾力が落ちるから、シワになる。

そういう仕組みなんです。

もちろん「血色」も変わっちゃう。
これはハリ・ツヤを左右します。
発色が全然違ってくる。

美容の業界には、
「肌の色は、血の色」という言葉が
あるぐらいですからね。


だから逆にいうと、
「血流さえよくすれば、美顔になる」んです。

その証拠は、うちの小顔整体。

試してくれた人の80%以上が
その場で次の予約をとっていかれる人気メニューです。

……が、もともと、
小顔をやるつもりなんて、ぼくにはなかった。

ただ、顔の歪みが強い人がいて、その人から、
「先生の施術のあとは、えらく小顔になるから、
 今回も顔を多めに!」
って猛プッシュがあったんです。

しまいには、
「本格的に、長持ちするように、小顔コースつくってよ」
ってね。

エステよりずっと効果も強いし、
効果のもちも長いんだそうです。

その秘密は、
ぼくが血流と筋肉を整える専門家だったということ。

実は、骨格を動かす必要はありません。
だから、痛くないんです。
表面をごしごしやる必要もありません。
だから「リバウンド」の怖さもないし、
メイクも落とさなくていい。

血流が変わればいい。
顔の筋肉が整えばいい。
(超重要な筋肉が、5つほどあります)

すぐ使えるヒントとして、
まず大事なのは、耳とアゴです。
……きっと耳は、意外でしょうね。


今回ぜひ覚えておいてほしいのは、
「美顔の要は血流だよ」ということ。

やっちゃいけないことは、
「歯の噛みしめ」と、
「しかめっ面」です(笑)

気づいたときにほどくだけでも、違います。
9割以上の人が、無意識にやってますからね。
「自分も多分やってんだろうな」って、思ったほうがいい。
ちょくちょく、チェックしたほうがいい。


あと、日々のケアとして使えるのは……

●超簡単!あごがゆるむ耳くるくる。
 顎関節、全身疲労、神経や睡眠の悩みに。
 


●超簡単!あごがゆるむ耳くるくる。顎関節、全身疲労、神経や睡眠の悩みに。【楽ゆる式】



●ホットタオル療法
(脳、頭痛、眼精疲労、ドライアイ、不眠、慢性疲労)
 


●ホットタオル療法(脳、頭痛、眼精疲労、ドライアイ、不眠、慢性疲労) 【楽ゆる式 セルフケア】




実はこの2つなんです。

体にもすごくいいので、これは毎日やるやつです。
あ、ホットタオルを当てるべき場所は、
目と後頭部(耳と耳の間あたり)です。

ぜひ、ルーティンに加えてあげて下さい。
けっこうすぐ、表情、変わってくるからね。


ではでは、くれぐれも、お大事に。
健康を修行じゃなくて「楽しむもの」に変えちゃえばいいよね。


■追伸:

今度の6月、数年ぶりに、
楽ゆる式の美容整体をお伝えするクラスを
やることになりました。
(たくさんのリクエスト、ありがとうございました)

最新の「顔の体質」がよくなる小顔ケア。
おなか・脚痩せの基本も入ります。
次の開催が何年後になるかは、未定です。

美容系のお仕事の方はもちろん、
整体で特に独立を考えている人、
心の栄養を提供する意味でも、すごく有用です。
(アゴへのアプローチは脳や神経系にも◎)

超おいしいことに、
自分自身にもやれるので、自分のケアを
毎日したい人も、前回来られてたな……

健康のために健康になるんじゃないんだから、
それをぼくらも、わかってたほうがいいし。
お客さんが「うれしい」理由は、いくつあってもいいからね。

マジメなセラピストさんにこそ、
スキルの幅を広げておいてもらえたらと、よく感じます。
健康がまた「面白いもの」に、思えてくるはず。

よかったらぜひ、チェックしてみて下さい。

● 6月3日(日) ※ 単発可 & 誰でも受講可!
「楽ゆる式 美容整体」(小顔美顔 + お腹・脚の引き締め)
 ~ 血流・リンパ・皮膚・骨格を整える美容体質づくり ~
http://www.ht-b.jp/erm/class/biyoseitai.html