楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

お尻のあたりの腰痛や座骨神経痛のセルフケア整体(大殿&中殿&梨状筋)『痛みの整体辞典』

f:id:cookyourself111:20180419160201p:plain



「お尻のあたりがだるくなる・・・」
「脚がシビれるときがある」
「あおけで寝ると腰が痛くなる」
「座骨神経痛といわれた」
「せなかのハリがなかなかとれない・・・」

そんなあなたにオススメの、
腰痛ケアの整体辞典、〆の一品です。


お尻って、
男性でも女性でも、けっこう大きいですよね。

座るときのクッション役なので、
ボリュームが必要なのですが……
 
その分、硬くなると、やっかいです。
「骨盤ごと固まってしまう」から、
「血流をとめちゃう」んです。
 
そして↑の中でも意外だと思うのですが、
お尻が背中を下に引っ張るので、
しつこい背中のハリも、お尻が元だったりします。
 
腰痛だけでなく、背中や血流、脚の軽さにもよくて、
もちろん、ヒップの形を崩さない役にも立ちます。
 
ピンと来た人はぜひ、
チェックしてみましょう!


● お尻のあたりの腰痛や座骨神経痛のセルフケア整体
 (大殿&中殿&梨状筋)『痛みの整体辞典』


● お尻のあたりの腰痛や座骨神経痛のセルフケア整体(大殿&中殿&梨状筋)『痛みの整体辞典』【楽ゆる式】