楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

へそ、やわらかい?

f:id:cookyourself111:20180423225327j:plain



へそのまわり、硬くなってない?
手のひらで押して、痛くないですか?

とても大事なことなんです。
 

 
改めて考えるとね、
ぼくらは、へそだけで生きてた時期がある。
赤ちゃんの頃だね。

へそのお。

お母さんから栄養をもらう唯一のルート。
へその緒が切れてしまうと、
命をたもてなかった。

へそって、そういう場所なんです。
 
大人になってからも同じで、
へそのエリアは東洋医学で「脾経」。
消化の王様で、血を作る源なんです。


昨日は、最新の内臓トリートメントを
お伝えする整体クラスでした。

みんな驚いていたのは、
腹筋がグンと強くなること。

不思議に思いませんか?

内臓をケアすると、
腹筋が目に見えて強くなるんです。
とくに「くびれ筋」と呼ばれる、
腹斜筋(おなかのわき)の変化が、あまりに大きくて、面白い。

昨日の参加者は11人だったんですが、
それぞれ手を上げてもらうと、
鳩尾が痛い人が1位というのに続いて、
へそあたりが痛い人は、2位。
すごく多いんです。

なぜって、
「安全じゃない食べものが多い」し、
「早食い、大食いの人も増えてる」から。

で、おなかをゆるめていくと、
へそのあたりの痛みも減っていく。

腹筋が強くなって、
体幹がガッシリ安定する。
リラックスして、眠たくもなる。
顔がなんだか、安らかになってくる(笑)
「腹にためてたストレス」が消えていくからね。

おなかから始まる奇跡って、
実際、けっこうあるんです。


もしあなたが、へそを押して痛いなら、
放っておかないで下さいね。

温めるのでもいいし、
「おへそもみ上げ」でもいい。


●30秒:おヘソもみ上げ(消化系、腹 圧、むくみ、婦人科系)【楽ゆる式 セルフケア】




今、脳と腸、どっちのほうが大事なのか?
って議論があるけれど、
たぶんね、場所によるんです。
 
おなかの中でもへそはちょっと、特別です。
 
くり返し書いているけれど、
普段意識しない盲点って、そのまんま、
新しいチャンスだからね。

ぜひ、へそのあたり、押してみてね。