楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

あなたは何の花?  ~素質心理学 入門1~

f:id:cookyourself111:20180429154854j:plain



ぼくは、売れない営業マンでした。
自分の素質を知るまでは。

 
ついつい、
「バリバリ優秀な頼れるエリート系」
を、目指してしまっていたんです。

●プレゼンを鍛えて、
●高めのスーツをバリッと着て、
●言葉遣いにも気をつけて。
●「ご提案があります」なんて言って。
●背のびした20代前半でした。

……売れなかった。
というか、その前に、好かれなかった。
 
今思えば、
「なんだこいつ、生意気でしかも無理してんな」
という印象だったんでしょうね(笑)

そうじゃなかった。

ぼくは、
●ゆっくり話すほうが合っていて、
●やわらかい印象の素質で、
●富山弁がたまにモレるぐらいのほうがかわいげがあり、
●話すよりも聞くほうが得意な、
●弟子型の20代前半

……だったわけです、ほんとうは。

で、素質でそのことを教わってから、
ジワジワとシフトしました。
シフトというよりは、「自然本来に戻した」と
言ったほうがいいかな。
 
同じ営業マンでも、
「どこからか借りてきたピカピカの理想像」なんかじゃなくて、
「自分の素朴な素質に沿う形」にしたわけです。


そしたら……売れた。
成績もTOPになった。
仕事のやりやすさも、全然別のものに。
自然でいられるから、体調もよくなった。

そりゃそうですよね、
不自然さってイコール「うそくささ」だから、
そんな人と仲良くなりづらいのも、
そんな人から買いたくないのも、当然なんだよね……
 
でも、やっちゃってたんですよねぇ。
誰にでもよくある話なんだけど、
「間違った憧れ」って、本当に危ないなぁ。
改めて、そう思うんです。


ひまわりが桜の花に憧れたら、
大変なんですよ。
どう考えたって実現、無理だから。
叶わない。
歪んだ苦しさしかない。

ひまわりなんだから、素敵なひまわりの先輩に
憧れたらいい。
それは自然なことです。
叶いうること。
報われる道です。


あなたは、何の花でしょうか?

ぼくのキャリアや成長を救ってくれた素質心理学には、
まず、一番大きな区分け、3タイプがあります。

色が、3色。

●青:人柄重視タイプ 
●赤:目的重視タイプ
●黄:存在感重視タイプ

どれがいいでも、悪いでもありません。
「別の素質」なんです。
価値観も違えば、言葉の使い方も違います。

3タイプは無料でチェックできて、
ポイント解説も出るので、よかったら、
チェックしてましょう。

http://kyosoiku.jp/

ちなみにぼくは、
●黄:存在感重視タイプ です。


「自分を許す」という大切なテーマの一歩目も、
「自分を知る」ことから始まります。
というか、そこからしか、始められない。

そのナビとして、
素質心理学はとても有用です。
 
「健康な生き方」をつくる上でも、超重要なので、
少しずつ紹介していきたいと思っています。


健康にも仕事にも人生にもあまりに便利なので、
専門家を呼んだ素質心理学のクラスも準備中です。
お楽しみに!


素質心理学の関連記事はこちらへ↓
http://www.rakuyuru.jp/archive/category/%E7%B4%A0%E8%B3%AA%E3%83%BB%E4%BA%BA%E9%96%93%E9%96%A2%E4%BF%82