楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

あなたに合う「お手本」の見つけ方 ~素質心理学 入門2~

f:id:cookyourself111:20180501174117j:plain



「お前さ、誰かから学ぶのはいいけど、
 他人を目標にするのは、リスクもあるんだぞ」
          (営業の達人)


前回、思ったより好評だった記事で、
「自分に合わない目標を追いかけちゃダメだよ」
ということを書きました。

 ▼参照:


自分と系統の違う魅力やスキルって、
なっかなか身につかないですからね。

やさしい人が無理してオラオラしても、
誰にも響かないわけです。
本人、辛いしね。
まぁ「ニセモノ」ってことだもんね。言い方、きついけど。

じゃあ、どうやったら、
「お手本」を間違うなんて悲劇をふせげるのでしょうか?


「自分と同じカラーの人を目指す」といいわけです。

カラーというのは……

●青:人柄重視タイプ 
●赤:目的重視タイプ
●黄:存在感重視タイプ

はい、こちらですね。

前回、これを無料でチェックできる
ページを紹介しました。

で、ぼくは黄色タイプなのに、
憧れて目指していたのは青色タイプでした。

そしたら見事に、
2つの色が混ざって濁ったような色になってたわけです(笑)


あなた自身は、何色でしたか?
そして、
あなたが憧れる人は、何色ですか?

そうやって、
「目指している人」のカラーも
チェックしてみるといい。
5人いるなら、5人とも。

同じカラーなら、
その人はマネがしやすく、
憧れのロールモデルとして有効でしょう。

もし違うカラーなら、
ないものねだりの、
実は憧れに向かない人……かもしれません。

そう、本当に多いんです。
ぼくもそうだったけど、
「ないものねだりに本気になって、自分の個性が死ぬ」
なんて、誰もが陥る落とし穴(ワイドタイプ)なんです。

ぼくは大好きな河合隼雄先生(心理学者)が
自分と同じカラーで同じ素質だと知ったとき、
すごくうれしかった。

方向性がわかって安心すると、
やっぱりね、学びを吸収するスピードも
ぜんぜん違ってきますからね。

それに、
自分に合わない理想像を演じることで得られたお金や人気って、
予想を超えるほどの「むなしさ」とセットだからね。
人としての大事な根っこが、枯れちゃう。
 
はっきり、お伝えしておきたい。
「理想像」を追うのは、もうやめようね。
「本来像」に戻っていこう。
 
そのほうがずっと簡単で、自然で、無理がなくて、
自分が好きになれて、だからこそ好かれやすくて、
それでこそ、報われるんだからね、心身ともに。
輝きも、ずっと透明でつよいから。

 
というわけで、ぜひ、
「あなたとタイプが合う目標(ロールモデル)」を、
改めて見つけてみて下さい。

ずっと支えになるから。

カラーは、↓のサイトからチェックできます。
目標の人の誕生日を調べて、やってみて下さい。
http://kyosoiku.jp/