楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

やる気の10倍、あなたを動かすもの ~トメばあちゃんと、彼女の犬~

f:id:cookyourself111:20180520233305j:plain



「うちのワンちゃんが、
 腎臓の病気になっちゃってね……」

そういうトメばあちゃん(仮)が、
何年もかかえていた「めまい」は、
看病の日々の中で、完全に消えていました。

 
「私が病気なんかしてる場合じゃない!」
って、本気で思ったんだそうです。

で、ワンちゃんを病院に連れて行ったり、
ほぼつきっきりで看病したりしているうちに、
「めまいなんか忘れていた」と。

……感動しました。

その後、ほんとうに幸いなことに、
ワンちゃんも、すっかり元気になりました。
トメばあちゃんの真心が効いたのでしょう。
めまいも、再発しませんでした。


ぼくは「やる気」より、
「平気」のほうが大切だと思ってきました。

燃えるように熱いけれど冷めてしまう「やる気」より、
淡々としていても歩みを止めない「平気」のほうが、
ずっと遠くまで行けるから。

でも、もっと強いものを教わりました。

「その気」です。

「こうあるのが当たり前」だと思い切ったら、
熱い勢いと冷静なたしかさを両脇にかかえて、
もっともっと遠くまで行ける。

トメばあちゃんはきっと、
「何が何でも守る人」になったんです。

やる気がどうとか、
平気がどうとか、
そんな「状態やら気持ちやら」なんかじゃなく、
「存在」がシフトしたんだと思います。

そしたら、
「トメばちゃんが全身全霊で選んだあるべき存在」に
似つかわしくないものは、勝手に、剥がれ落ちた。

「そういえば、おやつ食べるのも、忘れてましたわ」
と笑う彼女は、ほっそりして、5kgも痩せたらしい。
 

外から注入しなきゃいけない化学燃料と、
自家発電で生まれる相性最高の自然エネルギーは、
やっぱりそりゃあ、違うよね。


「自分をその気にさせたらいい」


手段は今、手探りしている最中だけれど、
ぼくはトメばあちゃんにお会いして、
このことを、考えるようになりました。


1つ、手がかりだと思っているのは、
「誰をどう守り支えるために、自分はどうありたいか」を、
くりかえし、たしかめていくことです。


ぼくにとって「誰を」ははっきりしていて、
その中には、まことに勝手ながら、
こんな文章を読んでくれているあなたも、入っています。

だから、答えの輪郭が見つかったら、
またお知らせします。
 
あなたもぜひ、
トメばあちゃんからヒントをもらったと思って、
「自分をその気にさせる何か」という視点を、
ちょっとだけ、遊んでみてください。


話は戻りますが、
帰り際、すごくいい顔をして、
「うちのワンちゃんが、私のめまいを治してくれた」
って、彼女、言ってました。
 
 
ぼくの出番、なかったなぁ(笑)