楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

1番はじめに知ってほしい3+1の健康の基礎要素

f:id:cookyourself111:20180522221953j:plain



あなたの疲れは、どのタイプでしょうか?

ぼくらの健康は、
3+1の要素にわけて考えることができます。

大切なのは、
あなた自身が「あくまで個人的に」、
どのタイプの疲れをメイントしているか、なんです。

 
1)頭
2)おなか
3)カラダ
 +
4)巡り

ぼくたちの心身は、
大きくは、この4つの要素でできています。

疲れのメインが頭な人もいれば、
おなかの人も、からだの人も、
巡りが問題だという人もいます。

あなたは、どれがメインでしょう?

1)頭系の症状は、
頭痛、不眠、めまい、熱っぽさ、イライラ、耳鳴りなど。

2)おなか系の症状は、
便秘、下痢、胃もたれ、動悸、むくみ、冷え、婦人科系のお悩みなど。

3)カラダ系の症状は、
肩こり、腰痛、膝痛、首こり、背中痛など。


「一番数が多いグループ」
「一番つきあい(笑)が長いグループ」
「調子が比較的いいときでも、他と比べて
 あまり楽じゃないグループ」

という感じで探すと、
あなたのメインがわかりやすくなります。

まぁ、アスリートとかでないかぎり、
現代は「カラダ系がメインの人」は
あんまりいません。

この分類がなぜ大事かって、
タイプがわかると、そのまんま、
有効な打ち手もわかってくるからです。


頭系の人は、頭の疲れを減らしたらいいし、
おなか系の人は、おなかの疲れを減らしたらいい。

つまり「的が絞れる」し、
絞った的なんだから、
「大当たりが出やすい」ということです。

そもそも健康の要諦は、
「あなたに個人的に合うやり方を見つける」
ということです。
これほんと、忘れないでね。

そしてそのためには、
「自分の傾向を知ること」が、第一歩です。
鍵穴を知ってこそ、その穴に合う鍵が探せるわけですから。
これさえできたら、
「今後、いいものを探せる力や確率」がハネ上がります。
 
……というのがポイントですが、
このあたり、くわしく説明してみたので、
ぜひ、目を通してみて下さい。

世に健康法がたくさんある分、
「いかに健康法を上手に活用するか」
という知恵こそ、末永く頼れる味方になると思います。


●1番はじめに知ってほしい3+1の健康の基礎要素【楽ゆる式】