楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

簡単なのに「内臓に効く!」食べもの+α

f:id:cookyourself111:20180612093613j:plain


「結局、何を食べたらいいんだろう?」

そんなふうに「もうわからん感じ」に
なったこと、ありませんか?(笑)

健康って、ほんとぉ~~に、色んな説がありますからね。
だからこそ究極的には、
「自分に合うもの」を探していくのがベストです。

じゃあ、自分に合うものって?

……それが「あなたの弱点内臓に良いもの」なんです。
(弱点内臓って、何なのけ?という人は↓へ)


今回は、弱点内臓の5つのタイプごとに、
食べものコツ+α を3つずつ紹介します。

ほぼ苦労ナシで使えるはず。
あなたの生活に、スーッと入りますように。

 

※どれも「ほどよく取り入れる」ぐらい「が」いいです。
 バランスを崩すほど「そればかりにする」のでなくね。


●肝臓系によいものリスト(解毒・血の質)

1)※緑黄色野菜がよい。どれも色が濃い。
  にんじん、ほうれん草、パセリ、小松菜
  ブロッコリー。
  おまけ:あさり、ひじき、レバー、はまぐり

2)※酸味はプラス。
  酢のもの、レモン、梅干、柑橘類

3)※お酒のときは、枝豆、キャベツが◎



●心臓系によいものリスト(血流・気力)

1)※赤い食べ物が良い
  にんじん、小豆、トマト、紫蘇、
  いちご、いちじく、すいか

2)※苦味はプラス。
  魚のはらわた、春菊、緑茶など

3)負荷の軽い運動


●胃腸系によいものリスト(消化・血の量≒体力)

1)※黄色い食べ物が良い
  かぼちゃ、さつまいも、柿、みかん、
  トウモロコシ、大豆、バナナ

2)※適度で質のよい甘味はプラス
  はちみつ、黒糖、オリゴ糖
  ★白砂糖は負担!(市販のお菓子、菓子パンなど)

3)噛むことは胃腸の薬


●呼吸&大腸系によいものリスト(排泄・スタミナ効率)
 
1)※白い食べ物が良い
  大根、ジャガイモ、キャベツ、
  玉ねぎ、りんご、白ごま、なし

2)※辛みがプラス
  唐辛子、ねぎ、にんにく

3)新鮮な空気を胸いっぱい呼吸する
  ぜひ窓をあけて。


●腎臓系によいものリスト(排水・浄化・精力・生殖)

1)※黒い、またはヌメヌメしたものが良い
  黒豆、黒ゴマ、わかめ、ひじき、
  イカ、タコ、山芋、ゴボウ、昆布、ナマコ、牡蠣

2)※質の高い塩がプラス
  ナトリウム系はNG(「アジ○オ」など<(_ _)>)
  海の塩がよい。

3)足腰を使う。汗をかく。



……という感じです。

色や味のパターンを
「かんたんな覚え方」として、
セットにしました。

これさえわかっていれば、外食先などでも
「自分にいいもの」を選びやすいので、
体調をベースアップできます。


あなたの好きな食べもの、入ってましたか?(笑)


たとえば「腎臓タイプ」のぼくは、
「黒かぬめぬめか良い塩のもの」というぐらいは、
すぐ覚えられました。

だから、毎日必ず、
ゴマとか、海藻、納豆あたりは
食べるようにしています。

そして、
「ごま塩納豆ご飯」が、異常に好きです(笑)

ぜひ、そんなふうに、
「味も好きな上に、あたいの体にピッタンコ!」
という、「ソウル・メニュー」を見つけて下さい。


実は、あなたの弱点内臓が弱ると、
とたんにメンタルに来ます。

逆にいうと、
そこを養うものを食べていると、
気分も「いい感じ」をキープしやすくなる。
それは、価値、大きいですよね。

そのエッセンスだけピックアップすると……

●肝臓によいもの → イライラが減る
●心臓によいもの →  ほどよくドキドキ(過不足なし)
●胃腸によいもの →  クヨクヨが減る
●肺&大腸によいもの →  メソメソが減る
●腎臓によいもの →  カチコチ・オドオドが減る

という感じ。

ちなみに、自分のタイプじゃなくても、
そういうサポートをくれる食べもの、
と見てOKです。


というわけで今回は、
あなたの心身の体調の鍵として、
「合う食べものの選び方」をぜひ頭に入れておきましょう。


ではでは、くれぐれも、お大事に!
「自分のツボ」を知るのって、うれしいよね。