楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

「なんだか何も楽しくない……」ときのツボ「少海」 ~喜びに鈍感なのは心臓の疲れ~

f:id:cookyourself111:20180706092543p:plain



「なんだか何も楽しくない……」
「前みたいに、新しいことに興味を持てない」
「やっていることに意味があるのか、考えてしまう」

実は、誰にでもある、自然なことなんです。
ぼくにも、あります。

そんなとき、
「心臓のケア」で、ふわりと心が軽くなることが、
驚くほど多い。

やはり心臓は「致命的な臓器」なだけに、
生きやすさに直結するセルフケアです。
ぜひ保存版として、持っておいて下さい。

 
心臓は、漢方の陰陽五行説でいうと、
「火」の属性。

つまり「燃えるような心」というのは、
心臓が元なわけです。

これが疲れると、喜びに対して鈍感になります。

「命の中心が弱っている」のだから、
「心を鈍感にしてでも、活動量を下げねば!」
という防衛本能が働くのでしょう。

逆に、心臓が暴走状態になっていると、
やたらにテンションの高い「躁状態」になります。

いずれにしても、心臓の不調は、
「一時的な躁うつ症状」につながるわけですね。

全身に血液を送るのが心臓ですから、
心臓が弱ると血流がうまくいかない。
「血迷う」とは、そういうことなのかも知れません。

というわけで、心臓に届く
「喜び系」のスイッチを、セルフケアにしました。

「何のために生きてるんだろう……」
といった問いは、本来、とても大切なものです。
でも、もし、いたずらにくり返してしまうようなら、
「充電が必要です」というサインです。
「問いの答え」や「自分探し」が必要なわけではありません。
(↑これ、けっこう重要)

ぼくらは経済的、社会的な生きものですが、
情報や知識、実績、ステータス、いいねの数なんかで
命は保てません。

生命力のみなもとを、整えましょう。

このセルフケアはきっと、あなたの年代に応じて、
別の価値を持っていくでしょう。
ぜひ末永く、大事にして下さい。