楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

高い壁をこえたいときの鉄則 ~大事なのは量じゃねえ~

f:id:cookyourself111:20180804174710j:plain



大切なのは、量ではありません。
「セット数」です。

たとえばね、
「私は毎日マッサージを40分もしているのに、
どうして肩こりがなくならないんですか?」
とよく聞かるんです。

答えは簡単。やりすぎていて「消化できてない」から。

なぜやり過ぎは有害にさえなるのでしょうか?
本当はどうしたら、1番効くのでしょうか?

 
たとえば、
40分のマッサージをするよりは、
3分のマッサージを3セットしたほうがよっぽど効きます。

この理由は、食べ物で考えると、わかりやすい。

たくさんの栄養が欲しいからと、
朝ご飯に栄養価の高いものを大量に詰め込んだとして……
意味は無いですよね。

1回で消化吸収できる量には、限度があるからです。
その限度を超えた分は、
プラスにならないだけでなく、
マイナスにさえなります。

お腹を壊したり、便秘になったり、
背中や腰が重だるくなったり。

マッサージやその他の健康法も、
全く同じこと。

1度で体や脳が「消化吸収」できる刺激量には、
やはり限度があります。

食事だって、何度かに分けて食べますよね。
健康法も消化吸収できる量に「小分け」して、
何度かに分けたほうが、ずっと効果的です。

それが、
40分のマッサージよりも、
3分× 3セットのマッサージのほうが有効な理由です。

あなたは、
体がほどよく消化吸収できるやり方が、
できているでしょうか?

せっかくの時間や手間が最大に活かされるように。
ぜひ「小分け法」を改めて考えてみてください。

そのほうが効くだけではなく、
心地よさや体の喜びも、実は数倍になるんです。

40分ずっと褒め続けられるよりも、
3回に分けて3分ずつ褒められた方が、
嬉しいでしょう? (笑)
そのたび、褒められる内容も違いますからね。

健康法も、小分けしてやっていたら、
1セット目の内容は消化されたあとだから、
2セット目は効く場所や深さが変わっていくんです。


じゃあ、小分けって具体的に、
どれぐらいの単位で考えたらいいでしょうか?

すぐに使える目安として、
健康法1セットにふさわしい時間は、
大体3分から20分位です。

それ以上になる場合は、小分けにした方が良いでしょう。

実はこれ、
脳が効率よく集中できる時間の長さでもあります。
仕事でもこの「小分け法」は有効と言うわけです。


大きな壁を無理して一気に上ろうとするのをやめて、
ちゃんと小分けにした「階段」を、着実に登ろうね。


ではでは、くれぐれも、お大事に!
「お手入れ」ってそもそも、そういうことですよね。