楽ゆる式◎セルフケア整体

心と体が楽にゆるむコツまとめ。辛い症状や病気を自分で治したい人のヒント。

『楽ゆる式 内臓トリートメント』のご案内(施術スキル)

f:id:cookyourself111:20180809195416p:plain



「お前だけの場所か、お前だけの深さで、穴を掘れ。
 大事なことなんて、それだけだ」
         (とある達人セラピスト)

 
整体の世界に入って、たった1年6ヶ月での、独立。
ぼくの武器は「内臓トリートメント」だけでした。

でも、そんな若造のところでさえ……

「手術してもダメだった重い腰痛がほとんど消えたよ」
「週1回だったお通じが、2日に1回になりました!」
「偉い人ばっかりの会議で、まったく緊張しなくなったんです!」

そんなうれしい奇跡が、いくつも生まれました。
おかげで、紹介が紹介をよんで、自分でいうものアレですが、
その、ほら、いわゆる……売れっ子に(笑)

それは、他ではほとんどない、内臓ケアをやっていたからです。

「こんなの初めて!」ということをやれば、
「こんな結果、はじめて!」となるのも、自然なこと。
新しい鍵は、新しい扉をひらく。
 
実はぼく自身にも、胃の調子がよくなるまで、
ず~~~~っと首の痛みが消えなかった経験がありました。

肩こりだったら、肝臓、腎臓。
腰痛だったら、腎臓、膀胱、大腸。
「どの内臓の不調が、どこに出るか」って、パターンがある。

内臓って、そういうところです。
筋肉がつくられるのは「内臓が栄養を消化吸収するから」で、
内臓って、筋肉の「上司」なんです。影響力がつよい。
でも盲点だから……「あんまり掘られてない場所」だからこそ、
「お宝がわんさと眠っとる!」わけです。

それで、最初の本も「おなかもみ上げ」でした。

この本で一番喜ばれたのは、便秘の改善です。
ただ、そのかげで、たくさんお便りいただいたのは、
「生理の状態がよくなった」というものです。
なかには「1年半ぶりに生理が来た!」というものも……。

おなかは「再生力」そのものです。
生きる力の根っこといってもいい。
まるでその証拠のように、
死んでしまう病気のほとんどは、内臓にできます。
(残りは脳ぐらい)

だから、
「楽ゆる式 内臓トリートメント」の教材動画を、
他のどれよりも早く、つくりました。

海外とか地方の方から、ずっとリクエスト、もらってたんです。
「東京には行けねえだ!
 遠くからでも学べるようにできんのけ?」って。


ぼくの根っこにある気持ちをいえば、
「重い病気になってしまった人に、できることがありますように」
というものです。
それは、早くにじいちゃんや父を亡くしたからでしょう。
ちょっと私的な理由ですけどね。

「大事な人が困ったときに何もできない」
そんな苦しいこと、無力なこと、なかなかないですよね。

もちろん、予防できることが、理想です。
だから、予防にガツンと使えるものになっています。

もちろん、あなた自身が健康であることこそ、重要です。
だから、動画自体はセラピーの教材ですが、
セルフケアのやり方も収録しました。
 
ハラから安心して、生きていけたら、うれしい。
ハラから声が出せたら、自分を失わずにいられる。
ハラが強ければ、なんだって栄養にしていけます。
ハラに秘するものがなければ、そういう人と、つながれます。
ハラがすわってたら、多くのことが、何とかなります。

そんな助けになれ!という祈りを込めて、お送りしております。
「楽ゆる式 内臓トリートメント」(施術スキル)
わかりやすく説明してますので、興味があったら、
チェックしてみて下さい。

※ セミナーは毎年4月に開催していますが、
  いつでも学べるセミナー動画がリリースされました!

※ 以下は、無料の案内動画です。
 (内臓の意味などの使える知識 + サンプル施術法もあり)
 




心肺機能のケアが、実はとてもレアで、見所です。

「普通のやり方じゃ効かなかった人」にこそ、
役に立ちますように。

教材動画やセミナーに興味がわいた人は、
こちらから詳細をご覧ください。

http://www.ht-b.jp/erm/class/naizo.html


※このクラスは動画もありますが、
 リアルセミナーも毎年1回、開催しています。
 最新のスケジュールは↑のページをご参照ください。


ではでは、くれぐれも、お大事に!
消化系しかない生き物もいるって、面白い事実だよね。